スキルUP

“ゼニゲバ”や“ペテン師”も……外資に狙われる欧州サッカーの実情

欧州サッカー界で「外資系オーナー」が増えて久しい昨今。チェルシーやマンチェスター・C、パリSGなどは成功を収めていますが、一方でマラガやミランなどいわば“ペテン師”に騙されたクラブも少なくありません。一般のビジネスと同じく、サッカー界でも外資参入は成功と失敗が紙一重なのです。

かつて欧州のサッカークラブは、ほぼすべてが国内資本によって保有されていました。イタリアのクラブはイタリア人が、スペインのクラブはスペイン人が、オーナーや会長を務めるという構図が普通だったわけです。しかし、21世紀に入ると欧州各国にいわゆる「海外資本」が一気に進出してきました。

その最も大きな理由は、衛星テレビ放送やインターネットなどの発展によって欧州のクラブサッカーが世界中で人気となり、市場がグローバル化したことでした。北米、アジア、中東の投資家・企業・大富豪たちは、「こんなに人々が熱狂しているのだから、欧州サッカーはきっと儲かる」と考えたわけです。

有名クラブが次々と“投資対象”に

この「海外資本による欧州サッカークラブ買収ブーム」の先駆けとなったのが、ロシアの石油王であるロマン・アブラモビッチによる2003年のチェルシー買収でした。以降、マンチェスター・U、リバプール、アーセナルがアメリカ資本、マンチェスター・Cがタイ資本を経てアブダビ資本になりました。

外資がイギリスに集まったのは、イングランドのプレミアリーグが世界的に人気なうえ、英国は外資参入に寛容、そして世界共通言語である英語が使われていることなど、好条件がそろっていたからでした。

このイングランドでの成功をキッカケとして、欧州各国にアメリカ、中東、アジアなどの投資家・企業・大富豪が続々と参入。ソシオ(会員)による共同運営という特異な運営形態を持つスペインのバルセロナとレアル・マドリー、特定の企業や個人が親会社になれないルールがあるバイエルンなどドイツ勢を除けば、いまや欧州のトップクラブはほぼすべてが海外資本になっています。

欧州規模で見れば強豪とは言えませんが、ベルギーのシント=トロイデンも2017年11月に日本のDMMグループが買収。日本代表でもレギュラーとなった冨安健洋や遠藤航をはじめ、現在は6人もの日本人選手が所属しています。


【主な海外資本の欧州クラブ】

アメリカ資本  :マンチェスター・U、リバプール、アーセナル、ミラン、ローマ、マルセイユ
ロシア資本   :チェルシー、モナコ
中国資本    :インテル、サウサンプトン、エスパニョール、アトレティコ・マドリー(一部参画)
アブダビ資本  :マンチェスター・C
カタール資本  :パリSG
タイ資本    :レスター
オーストリア資本:RBライプツィヒ
シンガポール資本:バレンシア
日本資本    :シント=トロイデン
(※2019年2月時点)

チェルシー、マンチェスター・C、パリSGなど外資参入で一気に金満化し、世界トップレベルの競争力を持つクラブへと成長していきました。

ミランにやって来た“ペテン師”

一方、外資参入でクラブ内が混乱したケースも少なくありません。例えばマンチェスター・Uは、2003年にやって来たアメリカ人オーナーたちが「金にしか興味がない“ゼニゲバ”」と長く批判を浴びています。また、2010年にカタール資本となり大型補強を敢行したスペインのマラガも、ずさんなクラブ運営がたたって2年後には経営難が表面化し、現在は2部リーグで低迷しています。

直近では、ミランでドタバタ劇がありました。ミランは1986年からイタリア人実業家のシルビオ・ベルルスコーニがオーナーでしたが、2017年4月に中国人投資家のヨンホン・リーがクラブを買収。この人物が、とんでもない“ペテン師”だったのです。

そもそも、910億円を超えるクラブ買収資金の大半を借入金に頼っていたヨンホン・リーは、その後に資金繰りが悪化。そして買収からわずか1年後の18年7月、借金の返済期限を守れず債務不履行となり、貸主である米ヘッジファンド・エリオットに、保有するミランの全株式を没収されてしまったのです。

今シーズンからエリオット傘下となったミランは、ようやく経営の安定を取り戻しましたが、サッカー界も一般のビジネスと同じく、外資参入は成功と失敗が紙一重なのです。


増田湊斗(サッカーライター)

カテゴリ:スキルUP

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • メンタルの強くない僕がサッカー日本代表として戦える理由/酒井宏樹のリセットする力
  • サッカーの世界で「生き残る」ため僕が心がけてきたこと/酒井宏樹のリセットする力
  • 世界最高峰のクラブチームで戦う僕の最強ストレス解消法/酒井宏樹のリセットする力
  • 控え選手で「5億円超え」も!? 欧州クラブとJリーグの年棒は“雲泥の差”
  • NEW
    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • もはや戦闘不能! モテ男の雑な扱いに揺れる情緒/ほむら先生はたぶんモテない(6)

  • 関東私鉄で一番儲かっている「東急」のまちづくりが有能と話題に

  • 名刺にニックネームを入れる【営業マル秘テク】/えりた

  • 目からウロコ! 「紙の手帳」のカスタマイズが意外と面白い

  • 真面目にやってる? 仕事に緊張感の足りない部下につけるべきクスリとは/コミュ力向上塾(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る