「最高の結果を出す人」は、どうやって本を読んでいるのか? 各ジャンルで圧倒的な実績を上げる秘密は「読書術」にあった。『偏差値95、京大首席合格者が教える「京大読書術」 仕事にも勉強にも必須な「理解力」と「連想力」が劇的に身につく』(粂原圭太郎著)から、「本の使い倒し方」をご紹介します(第6回)。

ちょっとした合間に「ちょっと読む」

時間に追われるように働くビジネスパーソンにとって、読書の時間を確保することは容易ではないでしょう。

朝早く起きて、本の1冊でも読めたらいいのですが、そう簡単にはいきません。

しかし、そのように無理をして日々の中での読書時間をつくらなくてもいいのです。

実は3分や5分、もっと言うと10秒程度でも、本から知識は得られます。

本当にちょっとした時間で本を読むことができる。その方法を紹介しましょう。


それはマインド、メンタルブロックを外すだけでいいのです。

メンタルブロックとは、人が何かアクションを起こす時に「これはできない」「もうだめ、無理だ」と自分で思い込みの壁をつくってしまうことをいいます。

誰でも持っていますが、特に固定観念の強い人はこのブロックの壁が高く、なかなかチャレンジできなかったりします。


たとえば周りから見れば、成績優秀で、もう少し頑張れば、第一志望校に合格できるという生徒でも、メンタルブロックの強い人は、「志望校を下げます」となることがあります。

優秀なビジネスパーソンは、誰もが不可能だということを成し遂げます。それはメンタルブロックを突き破ることができるからです。

ソフトバンクグループ代表取締役会長の孫正義氏は、若手の頃、ミカン箱の上に立って、「売り上げを豆腐のように1兆、2兆と数える会社にする」と言ったそうです。

まだ名もなき一経営者がこのようなセリフを言っても、誰が信じるというのでしょうか。

誰もが笑ったことでしょう。しかし、当の本人にとっては、ただの目標だったのかもしれません。

事業に邁進(まいしん)し、気づいたら本当にそうなっています。

まさにメンタルブロックがないチャレンジャーです。


不可能に思えることにチャレンジするか、しないかという点でメンタルブロックの強い人、そうでない人がわかります。


はっきり聞きましょう。


あなたは、10秒で本が読めますか?


かなりハードルの高い質問ですが、どうでしょうか。

多くの人が「10秒じゃ無理だよ!」と言うでしょう。


僕は10秒でも、30秒でも時間があれば、本から情報を入手することができます。

なにも、「10秒で本を全部読んで、全部を理解しましょう」と言っているわけではありません。

10秒あれば、要点を抜き出したハイライトや太字1本くらいは頭に入れることができるということです。これを読書というかどうかは別として、短時間で情報を入手することはできるのです。


多くの人は「今から10秒、出かける前に30秒の時間、本を読もう」と思わないでしょう。

僕はよく、出かける2、3分でも10〜30秒でも時間があれば、ちょっとした本を開きます。この情報が、次に会う人との話のきっかけになることも実はよくあります。

そこで、本を手に取って読むかどうかで話の展開が大きく変わってくるのです。

その繰り返しで、情報収集力の精度も高まっていきますし、本の読み方もだんだんわかってくるでしょう。

30秒という短い時間の使い方も、だんだんと洗練されてくるはずです。


10秒や30秒という極端に短い時間でも、それなりに情報をゲットできるということを知る方が大事なのです。

もう一つ重要なのは、短い時間で、読書だけではなくいろいろなことができることを知ることです。

読書をすることを目的とし、メンタルブロックを外すことができれば、読書以外にも役立つことはたくさんあるのです。

どんなに短い時間でも無駄にせず、自分のために役立てること。読書を通じて、それを学ぶことができるのです。

粂原 圭太郎

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】粂原 圭太郎(くめはら・けいたろう)
1991年群馬県生まれ。2010年、京都大学経済学部経済経営学科入学。京都大学大学院法学研究科卒業。中学時代より「勉強法」「記憶術」などに興味を持ち、1,000冊以上の関連書籍を読む。高校時代に最高偏差値95を出す。その後、京大に現役でトップ合格。大学在学中に「勉強革命.com」を運営し、やる気が出る勉強法を受験生に伝え好評を得る。現在はオンライン学習指導塾「粂原学園」で、小学生から高校生まで全国各地の受験生を指導している。2014年、2015年連続で日本テレビ系『頭脳王』に出演しファイナリストに。また小学生の頃より「競技かるた」を始め、現在、準名人。著書に『京大首席合格者が教える「やる気」と「集中力」が出る勉強法』(二見書房)、『頭の中を無限ループする“あの曲”を一瞬で消し去るすごい集中法 』(飛鳥新社)など多数。

【書籍紹介】『偏差値95、京大首席合格者が教える「京大読書術」 仕事にも勉強にも必須な「理解力」と「連想力」が劇的に身につく』(KADOKAWA)
天才が日々実践する読書の常識を超えた「超・読書術」をついに体系化! 偏差値95、京大首席合格、クイズチャンピオン、起業家……各ジャンルで圧倒的な実績を上げる著者の秘密は「読書術」にこそあった。毎年1,000冊を越える読書家が教える「本の使い倒し方」を一挙紹介!

あなたへのオススメ記事

  • 読み込むときは今ある問題点を考える/京大読書術⑩
  • どんなジャンルの本もすべて同じ土俵にある/京大読書術⑨
  • 発想力を養うため、幅広いジャンルの本を読む/京大読書術⑧
  • 買った本はすぐに1、2行でも読んでみる/京大読書術⑦
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「死ねよ」よりキツい「信頼してたのに」…どう応える?/新人営業女子・えりた(5)

  • 北海道の「道」って? “北海県”ではないが昔は道内に県があった!/毎日雑学

  • 人間の身体で一番大きい「臓器」は何?/人体の雑学クイズ(3)

  • 【SE女子の日常】22時を過ぎても人が多い/ぞえ

  • 朝6時からスタバで仕事!それって本当に意識高い系?/突然辞める若者(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る