スキルUP

Apple Watch、そもそも何ができて、何が便利なの? 5つの基本知識

最近、Apple Watchをしている人を見かけることが増えたと思いませんか? 気になってはいるけれど、実際どうなんだろう……という方のために、改めて基本的な情報をまとめました。

そもそもApple Watchって?

Apple Watchは、スマートウォッチのカテゴリに含まれるApple製のプロダクト。スマートフォンと同じくOSとアプリで動作し、様々な情報を扱うことができる……ということくらいはご存じかもしれません。でも、何となくiPhoneがあればコトが足りそうとか、運動する人向けのものというイメージをお持ちではないでしょうか。

しかしApple Watchは、運動はもちろん日々の生活や仕事でも、iPhoneとは少し違った使いどころがたくさんあります。一番のポイントは、その場で見て・確認して「わかる」こと。

では、Apple Watchで何が「わかる」のか、代表的なものを5つ挙げてみましょう。

1. 時刻がわかる

文字盤を見れば時刻がわかります。当たり前? でも、スマートウォッチである前に、まずは“時計”であることがApple Watchの身上です。

いつもスマホで時刻を確認している人にとっては、腕を見るだけで時刻がわかるのは意外に新鮮な体験です。いま腕時計をお使いでないみなさん、時間厳守の社会人にとって、時計は必須です。時刻確認のためだけにiPhoneを出し入れしたり、ついでにLINEやTwitterを開いてしまうというムダの削減にも役立ちますよ。

また、文字盤やバンドを替えることで、スポーツだけではなくビジネスやカジュアルなシーンにも幅広く対応できます。

文字盤やバンドを自由に組み合わせ、目的やコーディネートによって使い分けられるのも、Apple Watchの特徴です
文字盤やバンドを自由に組み合わせ、目的やコーディネートによって使い分けられるのも、Apple Watchの特徴です


2. 活動量がわかる

Apple Watchは、装着しているだけで毎日の活動量を計測してくれます。計測するのは、基礎代謝以外の消費カロリー「ムーブ」、早歩き以上の運動をした時間「エクササイズ」、1時間に1回1分以上立った回数「スタンド」の3種類。

なんとなく運動不足かな、座り仕事が続いているかな……と感じていても、自分で改善のきっかけを作るのはなかなか難しいもの。これがApple Watchの計測&視覚化によって、何がどれだけ足りないのかがわかり、改善ポイントが明確になります。

また、それぞれの達成度がリングの形で表示されるので、毎日の生活の中でリング完成がモチベーションにもなります。1日の目標は小さくても、1年後・2年後の違いは大きいかも……?

毎日の活動状況をリアルタイムに計測。状況に応じてアドバイスも。過去の記録はiPhoneで一覧できます
毎日の活動状況をリアルタイムに計測。状況に応じてアドバイスも。過去の記録はiPhoneで一覧できます


3. 通知がわかる

Apple Watchには、iPhoneに届いた通知が反映されます。振動で知らせてくれるから、大事な通知を見逃しません。また、通知を反映するかどうかはアプリごとに設定できるため、それほど大事でない通知はオフにすることが可能。多すぎる通知に悩まされずに済みます。

iPhoneに通知が届く度に気になって仕事中や勉強中も集中が乱れがちになってしまう方は、ぜひ試してみてください。

iPhoneの通知がApple Watchに反映。本当に大事な通知だけがApple Watchに反映されるよう設定するのが効率的です
iPhoneの通知がApple Watchに反映。本当に大事な通知だけがApple Watchに反映されるよう設定するのが効率的です


4. 着信がわかる

通知と同じく、電話の着信もApple Watchに反映されます。iPhoneがちょっと離れた場所にあっても、カバンの中にしまってあっても、手元の振動で教えてくれるから大事な着信を見逃しません。

また、Apple Watchで着信を受け、そのまま通話することもできるので、iPhoneを探してアタフタする間に着信が切れてしまう事態も避けられます。

着信履歴を見て慌てることが多い人は、これでかなり救われるでしょう。また、鳴ってほしくないタイミングで着信が来たときには、Apple Watchを手で覆えば着信音を速攻で無音化できます。

ちなみに、単独でモバイル通信ができる「セルラーモデル」には、iPhoneと同じ電話番号を設定可能。Apple Watchだけ持って出かけても、いつもの番号で着信・発信が可能です(通信契約が必要です)。

Apple Watchセルラーモデルなら、iPhoneと同じ電話番号を使用可能。単独で着信・発信が可能です
Apple Watchセルラーモデルなら、iPhoneと同じ電話番号を使用可能。単独で着信・発信が可能です


5.情報がわかる

通知や着信以外にも、iPhoneと連携していろいろな情報をApple Watchで確認することができます。

例えば、天気や気温、カレンダーの予定、株価、世界時計、Apple Watchのバッテリー残量など。また、Apple Watch単独で動作するタイマーや心拍数などもあります。

Apple Watchの文字盤では、こうした情報モジュール(=コンプリケーションと呼ばれます)を自由に組みわせて配置することができます。文字盤はスライドですぐに切り替えられるので、ビジネス用、休日用、トレーニング用など、シーン別のセットを用意して使い分けることも可能です。

文字盤はiPhoneの文字盤ギャラリーから選択。カラーやコンプリケーションを自分好みにカスタマイズできます
文字盤はiPhoneの文字盤ギャラリーから選択。カラーやコンプリケーションを自分好みにカスタマイズできます


その他の「わかる」こと

他にも、睡眠時間の計測(専用アプリを使用)、心電図(現在は米国のみで提供)、転倒検知など、いろいろなことがわかるApple Watch。iPhoneではできない種類の情報を計測したり、手元ですぐに欲しい情報を確認できるのは、Apple Watchならではの利点です。

スクリーンが小さいApple Watchは、入力操作には向いていませんが、チラ見で「わかる」環境は、情報との付き合い方を変える新たなプラットフォームと言えるかもしれません。この春、新しい生活の“パートナー”として、使い始めてみてはいかがでしょうか?

笠井 美史乃

カテゴリ:スキルUP
★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • これは便利! Apple Watchでできる「Siri」の活用法【11選】
  • ホーム画面の「上」が近道! iPhone上の“探し物”を超効率化する検索テク
  • 営業マンが「スマートウォッチ」をつけるのはやめた方がよい?
  • iPhoneで複数のメールアカウントを使い分ける際に注意したいポイント
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「死ねよ」よりキツい「信頼してたのに」…どう応える?/新人営業女子・えりた(5)

  • 北海道の「道」って? “北海県”ではないが昔は道内に県があった!/毎日雑学

  • 人間の身体で一番大きい「臓器」は何?/人体の雑学クイズ(3)

  • 【SE女子の日常】22時を過ぎても人が多い/ぞえ

  • 朝6時からスタバで仕事!それって本当に意識高い系?/突然辞める若者(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る