スキルUP

「3S思考」でビジネスセンスは誰でも高められる/けいろー

仕事のセンスは才能ではなく、実は誰でも身につけることのできる、開発可能な能力です。ライターのけいろーさんがセンスの高め方について扱った書籍『仕事で必ず結果が出るハイパフォーマー思考』を紹介します。

世の中には、「ビジネスセンスがある」と周囲から評価される人がいます。

斬新なアイデアや優れた問題解決能力を持ち、業界を問わずさまざまなビジネスシーンで活躍する人たち。彼ら彼女らを目標として、日頃から研鑽に励んでいるという人も多いのではないでしょうか。

ですが、そもそも「センス」とはどういうものなのでしょう?

ハイセンスな人たちに共通する「クセ」

学習や特訓によって獲得できるスキルとは異なり、センスという言葉からは「生まれ持った感性・才能」というニュアンスが感じられます。

もしそれが生まれながらの能力であるのなら、凡人はいくら努力しようと身につけることはできない――。そのように考えることもできてしまうのではないでしょうか。

そんなイメージもある「センス」ですが、実際には「誰でも身につけることのできる、開発可能な能力である」と断言しているのが、今回ご紹介する本の筆者です。

本のタイトルはずばり、『仕事で必ず結果が出るハイパフォーマー思考』(渡邉光太郎著/PHP研究所)。

第一線で活躍する大勢のビジネスパーソンと共に仕事をしてきた筆者によれば、ハイセンスな人たちには「クセ」とも言える共通項があるのだとか。

本書ではその「クセ」を3つのポイントに分類し、数多くの実例を交えながら、ハイセンスな人たちとそうでない人たちの考え方の差異を説明。

読みながら自然とハイパフォーマーたちの視点を身につけることのできる、「ビジネス思考」を紐解いた実用書となっています。

ハイパフォーマーの3つの着眼点「3S思考」

筆者はまず、主にビジネスシーンで秀でた能力を示す「ハイパフォーマー」について、次のような表現で説明しています。

「ふつうの人には“見えないもの”をあぶり出す力、他の人が見ないところまで思考領域を広げる力に長けている人である」
(本文より)

これは、「優れた着眼点(あるいは思考力)を持つ人」と言い換えられるでしょうか。物事の本質を見抜く視点を持ち、問題解決のために対象を俯瞰して思考を巡らすことができる人。

そんなハイパフォーマーたちは、マーケティングや商品開発といった分野でしばしば周囲を驚かせ、目覚ましい成果を挙げています。

では、ハイパフォーマーでないふつうの人が見過ごしてしまう“見えないもの”とは、いったいどのようなものを指すのでしょうか。

それこそが、本書のメイントピックとなる3つの着眼点、「星(真の目的・本質)(Star)」「へり(Side)」「つながり(Sequence)」です。

何よりも「問い」が大切! “Star(星)”をとらえる

最初に取り上げるのは、物事の本質――“Star(星)”を見極めるための考え方。

いきなり「星」と言われてもピンとこないかもしれませんが、本書ではいわゆる「思考のレイヤー」や「モノではなくコトで考える」ことの重要性を説いています。

業務上で発生した問題を解決するにあたって、私たちはどうしても「自分」の目線だけで考えてしまいがちです。それでも当面の問題に対処することはできるかもしれませんが、「長期的に見れば何の解決にもなっていない」というケースも考えられます。場当たり的な対応では、根本的な原因の解消には結びつきません。

そこで大切になってくるのが、「視座レイヤーを上げる」こと。

目の前の問題にすぐ飛びついてしまうのではなく、「それを考えるのは何のため?」「何を実現したいのか?」という「なぜ」を問い重ねる。

本書では自分以外のレイヤーとして、先輩や上司、そして顧客の目線から、より本質的な問い(課題)を設定することの大切さを指摘しています。

周辺視野を活かす! “Side(へり)”に着目する

続いて本書では、本質ではなく「周辺」に着目する考え方を紹介。

誰の目にもわかりやすい問題や平均的なデータにばかり注目していては、その周辺に現れる好機を活かせず、また脅威に対応することも難しいと指摘。

本書では、そのような離れたところにある“Side(へり)”の活用方法を取り上げます。

たとえば、世界的に有名なミシュランガイド。もともとはゴム事業を営んでいたミシュラン兄弟は、なぜレストラン&ホテルのガイドブックを出すに至ったのか。

その理由としては、ゴム事業からゴム製品(タイヤ)への事業転換に加えて、次のような発想があったのではないかといわれています。

タイヤの需要を生み出すには、まず自動車のユーザーを増やし、その利用頻度を高める必要がある。しかしそのためには、自動車で行ける魅力的な場所をユーザーたちが知っていなければならない。ならば、ドライバーの役に立つガイドブックを自分たちが作ってしまおう――と。

自社の得意分野だけではなくその周辺サービスにも目を向けることが、主要サービスの市場シェアの拡大につながることもある。

このようなミシュランの逸話をはじめ、中心だけでなく周辺を、平均ではなく例外を知ることの重要性を学ぶことができます。

すべての物事は結びついている? “Sequence(つながり)”を読み解く

最後に取り上げるのは、“Sequence(つながり)”の視点。ざっくり言えば、矢印で表すことのできる「プロセス」や「因果関係」について紐解いた内容となります。

情報社会と呼ばれて久しい昨今、変化の激しいビジネス環境において、私たちは「現在進行形で取り組んでいる問題」や「目の前で起こっていること」ばかりに目を向けてしまいがちです。

本来は大きなプロセスや関係性の中の一部分に過ぎないはずの問題を、ゆっくりと吟味する時間がないために「全部」であると考えてしまうことがあります。

そこで必要になるのが、物事をばらばらの“点”ではなく“Sequence(つながり)”としてとらえる見方。

「自分が見ているものは、全体の一部に過ぎないかもしれない」「個々の事象は独立したものではなく、相互に関係しているのかもしれない」(本文より)といった形で問いを設定し、全体の構造を把握するための考え方を紹介しています。

本書で書かれているのは、「すべての物事を、他人事ではなく自分事としてとらえてみる」ことの大切さです。

あらゆる物事は結びついており、システムの中で循環していると考えてみる――。全部が全部そのとおりだとは限りませんが、そのような視点こそが、問題の解決やアイデアの創出につながるのです。

「問い続ける」ことが大切

企業やチームが抱える問題の実例を示しながら「自分だったらどうするか?」を考えていく、セミナー形式の構成となっている本書。

ひとつひとつの課題に対して複数の回答を示し、それぞれについて解説を交えながら最適解を紐解いていくため、読み終える頃には“ハイパフォーマー思考”を自然と把握できているはずです。

実際に読んで、数多くある「デキるビジネスパーソンの考え方を学ぶ」タイプのビジネス書の中でも、本書はかなり実践的な部類に入ると感じました。さまざまな課題について「問い」を提示しつつ、読者に自然と「考えさせる」ような構成になっているので。

しかもそのうえでハイパフォーマーが導き出した解答を示してくれるため、「こうすればよかったのか!」という納得感が大きくあります。

ミシュランガイドの例など、本書に登場する多くの「課題」は現実にあった実例であり、強い説得力があります。参考資料も掲載されているので、気になる事例はより詳しく知ることもできます。

読みながら、実践的なビジネス思考を学ぶことのできる一冊。仕事で結果を出したいと考えている人は、ぜひ手に取って読んでみてください。

けいろー

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】けいろー
フリーライター。ネットカルチャーを愛するゆとり世代。新卒入社したメーカーを退職後、趣味で始めたブログ「ぐるりみち。」経由で仕事をもらえるようになり、ノリと勢いで独立。本、グルメ、街歩き、旅行、ネット、アニメなどに関心あり。執筆実績として『HATSUNE MIKU EXPO 2016 Japan Tour』公式パンフレットなど。バーチャルな存在になりたい。

【書籍紹介】『仕事で必ず結果が出るハイパフォーマー思考』(PHP研究所)

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 「凡人が天才を殺す」悲劇を起こさない組織の在り方とは/けいろー
  • 人生はRPGのように攻略可能!? 幸福を形成する3つの資本/けいろー
  • まずは「読む」。社会人に必要な「文章力」を鍛えるトレーニング/けいろー
  • “お腹をへこませて立つ”とよい? 自律神経を整える習慣/けいろー
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • ラーメン・チャーハン・餃子セットの「悲惨な現実」/最強の食べ方⑥

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 「立ったまま仕事」すれば、仕事も打ち合わせも早く終わる/時短術大全

  • キリンの1日の睡眠時間はどれくらい?/地球の雑学クイズ

  • 「安全第一」には続きがある! 第二と第三はどのような言葉が続く?/毎日雑学

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る