スキルUP

実はトレンドの発信地!? 「ニュー新橋ビル」が人気であり続ける理由

“サラリーマンの聖地”として、テレビ中継などでも登場する機会の多い新橋。中でも「ニュー新橋ビル」は開業から48年経ってなお、いまだにサラリーマンの心を掴んで離さないようです。

「ニュー新橋ビル」が人気であり続ける理由

新橋駅前の好立地にあり、通常“おやじビル”とも呼ばれる「ニュー新橋ビル」。2月27日に放送された「探検バクモン」(NHK)でスポットライトが当たり、サラリーマンに愛される秘密が明かされました。

最近話題を集める“ジュースバー”も、実は「ニュー新橋ビル」に入る店からトレンド入り。「企業戦士」や「モーレツ社員」の増加に合わせて“健康ブーム”が到来し、結果として売り上げが徐々に伸びていきました。

また金券ショップも「ニュー新橋ビル」が“日本初”と言われており、東北新幹線の開業と重なる1980年代には1ヶ月の売り上げが10億円に達したそう。

ほかにもビル内にある「安い&早い理髪店」は、現在の“1000円カット”の先駆け的存在。散髪中は「会話よりもお客様を休ませる」ことがモットーで、こうした気遣いがサラリーマンの心を鷲掴みにしています。

ネット上でも反響は相次ぎ、「新橋に“あり続ける”って、長年愛されてる証拠だよね」「色んなテナントが入っているから、このビル普通に楽しめそう!」「日本の成長を支えたビルといっても過言ではない」とのコメントが続出。

これからも“サラリーマンの聖地”は、日本を代表するスポットであり続けそうですね。

若者でごった返す花金の「コリドー街」

「新橋エリア=サラリーマンの街」というイメージですが、決しておじさんたちだけに人気があるわけではありません。以前放送された「マツコ会議」(日本テレビ系)では、新橋駅と有楽町駅の間に位置する「コリドー街」を特集。コリドー街はいわゆる“定番ナンパスポット”で、花金の夜には若い男女がごった返します。

実際に足を運んだ男女にインタビューを実施してみると、若者がコリドー街に求めるものが浮き彫りに。女性陣は「有名企業に勤めるサラリーマン」や「エリート起業家」との出会いを求めており、中には「イケメンで5大商社マンがいい」と具体的なリクエストを上げる女子大生も登場しました。

激戦の“ナンパ合戦”を勝ちきるには、人数構成も大切なよう。2人~3人がちょうどよく、4人以上だと相手と人数が合わないことが多くなります。マツコさんは男性3人と女性2人のグループを発見。余ってしまった1人の男性と、「(僕は)帰った方がいいっすよね」「うん、ちょっと邪魔」と言葉を交わしていました。

番組を見た視聴者からは、「女子大生、かなり露骨だね(笑)」「新橋って駅前を離れて少し歩くだけで、こんなに若者が集まるエリアだったのか!」といった声が相次ぐことに。

新橋エリアの楽しみ方は、時代と共に推移していくのかもしれませんね。

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら
カテゴリ:スキルUP

関連記事

  • 付き合わされるの辛い...新種のハラスメント「ポケハラ」とは?
  • “働き方改革”の成果はいかに! 正規・非正規の格差はどうなった?
  • 研修生だけの店舗がある!? 「串カツ田中」に学ぶ“攻めの新人研修”
  • 時にはサラリーマンから「逃げた」方が活躍できることもある/俵谷龍佑
  • NEW
    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

スキルUPの人気記事ランキング

  • メガネ戦国時代に、メガネスーパーは負けるべくして負けた/0秒経営②

  • コツは2つだけ! 仕事を溜めがちな人におすすめなタスク管理術/小鳥遊

  • トイレットペーパーはシングルのほうがおトク?/知らなきゃよかった まさか!の雑学クイズ

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 赤字からのV字回復に必要だった、たった1つのこと/0秒経営①

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る