スキルUP

人間の成長と魅力を広げる「恥」のかきかた/ストロング本能⑥

「人間関係で疲れてしまう」「不安やストレスに負けないメンタルがほしい」。一発勝負の世界で結果を出し続けてきた格闘家・青木真也氏による、本能を呼び覚まし「行動と成果を最大化させる」超実践的メソッドを『ストロング本能 人生を後悔しない「自分だけのものさし」』(青木真也著)からご紹介します(第6回)。

周囲はあなたが思うほどあなたのことを見ていない

人前に出るとアガってしまう。そんな緊張グセがある人は「恥ずかしい思いをする練習」が有効です。

アガってしまうのは、「失敗したくない」という気持ちの表れです。その気持ちを克服するためには、恥をかくことが大切なのです。

僕も昔は「緊張しい」でした。でも、失敗を繰り返すことで慣れました。たくさん失敗して、そのぶん人前で多くの恥をかいて、それこそ恥ずかしくて夜も眠れないなんて日をいくつも乗り越えてきたわけです。

その失敗による貴重な経験を糧に、ごまかし方とうまくやる方法をちゃんと分析すれば、緊張は極度のプレッシャーとなるのではなく、心地よい、背筋をシャンと正してくれる武器になります。

年齢を重ねて大人になればなるほど、恥ずかしい思いなんてしたくないと感じるため、挑戦する姿勢が自然と薄れてしまうもの。

でも、周囲はあなたが思うほどあなたのことを見てはいない。

だからこそ、僕は「恥をかくことは大切です」と断言したいのです。恥をかいた先に、人間としての、それこそ本能的な本当の魅力が見えてくると僕は信じています。


「人の目が気になってしまい自分の思っていることを伝えられない」なんて悩みをツイッターで見かけたりします。それは人間として生まれてきた以上あらがえない本能的なもので、ある種、仕方のないこと。

しかし、僕はこうも思うわけです。

「人の目を気にすることができるからこそ、人の気持ちがわかるからこそ、いい企画やコンテンツ、作品などを生み出すことができる」と。

人に媚びたらクソ安いものになってしまう。かといって尖りすぎても誰からの支持も得られない。そこの「最大公約数」をいかに見つけられるか、それがこれからの時代に重要な能力になります。

自分の環境がどれだけ恵まれているか客観視する

「青木は予定と違うことをいきなり実行するし、自分勝手に行動するから収拾するのが大変だ」みたいなことをよく言われます。

でも実際のところ、僕は考えすぎなくらい誰よりも考えてから行動に移しています。

よく考えるために、頭のなかにある事柄をすべて書き出して、整理することを習慣づけているのです。書くことで思考が紙の上に固定されるので、同じことを頭のなかで変にずっとループすることはなくなります。

思考は頭のなかにあると目には見えないですが、文字にすると見えるようになる。見えるようになったら、整理することは格段に簡単になります。


「思考がグルグルして、つらい」「選択肢がありすぎて大変です」といった話を聞くことがありますが、そもそも、そんなのは「痛風」みたいなもので贅沢病です。

考えられる環境がある、つまり選択肢があること自体とても贅沢であるという事実に、そろそろ気づくべきではないでしょうか。

昔の日本人はそもそも質素な生活をしていたこともあり、また食事の選択肢もなかったわけだから、痛風にかかる人なんていなかったわけです。

それが環境が裕福になり、めったに餓死する人なんていないし、食事も安価でいろいろなものが食べられる時代。ならば、そういった恵まれた環境にあることを「実は幸せだ」と1回素直に受け止めるほうが、精神的には健全だと僕は思うわけです。

「500円で牛丼が食べられる時代に生まれて幸せだな」と感謝してみる。


ビジネスだって、大きくなればなるほど、選択肢も増えていきます。仕事だって、地位や役職が上になれば選択肢が増えていくもの。

それらは結局、贅沢な悩みと言えるのです。

これを機に、自分がどれだけ甘えているか、裕福な社会に慣れすぎていかに堕落しているか、客観的に見つめ直してみてはどうでしょうか。



青木 真也

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】青木 真也(あおき・しんや)
1983年5月9日生まれ。静岡県出身。小学生の頃から柔道を始め、2002年に全日本ジュニア強化選手に選抜される。早稲田大学在学中に、柔道から総合格闘技に転身。「修斗」ミドル級世界王座を獲得。大学卒業後、静岡県警に就職するも、2カ月で退職して再び総合格闘家の道へ。そして「DREAM」「ONE FC」で世界ライト級チャンピオンに輝く。著書に『空気を読んではいけない』(幻冬舎)がある。
■twitter:青木真也公式twitter
■note:青木真也note

【書籍紹介】『ストロング本能 人生を後悔しない「自分だけのものさし」』(KADOKAWA)
「不安に強くなるメンタル」と「疲れない身体」が同時に手に入る! 人間関係、健康、仕事、お金、自己実現、目標達成など、すべてが思い通りに! 日本を代表する孤高の格闘家・青木真也が、本能を呼び覚まし「行動」と「成果」を最大化させる超実践的メソッドを初公開!

あなたへのオススメ記事

  • 「欲しいもの」と「失うもの」、トレードオフを理解する/ストロング本能②
  • 冷静な挑戦のカギは「恐怖の分析」/ストロング本能③
  • 感情を整理して欲や嫉妬をコントロールする/ストロング本能④
  • ストレスを分析して最高の行動をとる/ストロング本能⑤
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • NEW
    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 自分史上最大の事件勃発! ついにひと皮むけた!?/コミュ障は治らなくても大丈夫(6)

  • まず一喜一憂をやめてみる。折れない心の作りかた/自己肯定感の教科書(4)

  • 空気読みすぎて……自分の感情が出せなくなった/コミュ障は治らなくても大丈夫(5)

  • 失敗が人見知り女子を日本一のキャバ嬢に! 後天的コミュ力の磨き方/億稼ぐ技術(9)

  • 電車の騒音にイラついたら【毎日でぶどり】/橋本ナオキ

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る