いつもの言い回しを少し変えるだけで、プレゼンの成果は劇的に変わる! 「YES」を引き出し続けるトップコンサルタント・下地寛也著『プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全』から、最強フレーズをご紹介します(第2回)。

私の説明が20分、その後質疑に10分のお時間をいただきます

それでは少し長くなりますが説明させていただきます

私の説明が20分、その後質疑時間が10分あります

◇ ◇ ◇

時間配分を伝えることは聞き手に安心感を与えます。誰でも「ダラダラしたプレゼンを聞いた経験」があるからです。


時間を伝えずに「それではプレゼンを始めます。まずはじめに……」と言われた瞬間、聞き手はゴールの見えない旅に付き合わされることを悟ります。

プレゼンの内容よりも、「寝ないようにしなければ」というプレッシャーで頭の中が一杯になるでしょう。


説明が長い場合、内容を3つ程度に分けて、その時間配分を伝えましょう。

「問題提起に5分、解決策の説明に5分、そして具体的なプロジェクトの説明に10分ほどお時間をいただきます」と言えば、プレゼンの旅の良い道標(みちしるべ)となるでしょう。


加えて「質疑時間も10分取っています」と伝えれば、「どんな質問にも答えられるほど企画はしっかりと練られているんだろうな」という印象を与えられます。

[使用例]
問題提起に10分、解決策提示に10分の合計20分です

ちょっと時間が押しているので、5分でお伝えしますね

イラスト:たかだべあ
イラスト:たかだべあ


一番後ろの方、これくらいの声量で聞こえますか~

あ、あ、マイク入ってますね。でははじめます

あ、あ、一番後ろの方、この声量で聞こえますか~

◇ ◇ ◇

聞き手が一体となってプレゼンを聞いている。この状態をつくる最低限の条件は声がしっかりと聞こえることです。


ところが、後ろの席に座っているとプレゼンターの声が小さくて何を言っているのか聞き取れないことがよくあります。


そんなときに「後ろの方、この声量で聞こえますか」と聞いてくれると、しっかり聞こうと思ってくれるでしょう。

声を出すことで自分の抑揚のチェックもできます。


そして会場の左右にゆったりと視線を配ります。そうすると会場の一体感が高まります。その立ち居振舞いが自信を持っているようにも見えるでしょう。


聞き手が多い場合、マイクを使いましょう。

私は声が大きいのでマイクはいりませんという方がいますが、マイクなしで地声を張り上げた説明だと抑揚がつけづらくなり、聞き手にとっても聞きづらいものです。

[使用例]
あ、あ、山本さん(スタッフ)、マイクのボリューム大丈夫かな?

少し早口なので、聞き取りにくかったら手をあげてくださいね

イラスト:たかだべあ
イラスト:たかだべあ


このページは、それほど重要ではないので飛ばします

ええっと、時間がないので駆け足で説明します(汗)

時間が足りないので重要でないココは飛ばします

◇ ◇ ◇

プレゼンがうまい人は臨機応変に対応する力があります。

資料の中の重要ではないページを、聞き手の目の前で説明せずに飛ばすこともお手の物。

「この人は、時間が足りなくなって焦るということがないんだろうか!」と聞き手はびっくりするでしょう。


実は「ここは重要です」と言うより、「ここはそれほど重要ではないんです」と言う方が難しいわけです。

自分が作ったプレゼン資料ですから、普通は「あれも言いたい、これも言いたい」とすべてを早口で話してしまうのです。


プレゼン前半に予定より時間が掛かることはよくあります。

そんなときに時間が足りなく尻切れトンボのように終わってしまうと、プレゼン全体の印象が悪くなります。


話の中盤で時間が足りないなと思ったら、すぐに後半の飛ばせる部分を取捨選択して、どんどん飛ばしていきましょう。


[使用例]
ポイントだけ伝えるので、7ページ以降は省略しますね

このページは皆さんには当たり前のことが多いので飛ばします

イラスト:たかだべあ
イラスト:たかだべあ




下地 寛也

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】下地 寛也(しもじ・かんや)
コクヨ株式会社ワークスタイルコンサルタント。デザイナー志望でコクヨに入社。コクヨがフリーアドレスを導入したことをきっかけに「働き方とオフィスのあり方」を提案する業務に従事し、ワークスタイルを調査、研究する面白さに取りつかれる。以来、顧客向けサービス企画、組織改革の推進などを数多く手がけ、2008年から[コクヨの研修]スキルパークを主宰。未来の働き方を研究するワークスタイル研究所の所長、ファニチャー事業部の企画・販促・提案を統括する提案マーケティング部の部長などを経て、現在は経営管理本部にて、コクヨグループの働き方改革や風土改革に取り組んでいる。著書に『コクヨの1分間プレゼンテーション』(KADOKAWA)、『一発OKが出る資料 簡単につくるコツ』(三笠書房)、『困ったら、「分け方」を変えてみる。』(サンマーク出版)などがある。

【書籍紹介】『プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全』(KADOKAWA)
大人気「けたたましく動くクマ」が全身で解説するプレゼンのコツ100! コクヨ株式会社のトップコンサルタントと、大人気キャラクター「けたクマ」のコラボによる異例のビジネス書が誕生! 本当に使えるプレゼンの言い回しのノウハウ(コンサルタント担当)が、イヤでも覚えらえられる(けたクマ担当)画期的な1冊。

あなたへのオススメ記事

  • 端的に伝えるには「革命」「王様」「マイ法則」/プレゼンの語彙力①
  • 「結論」から始めて「まとめ」で終える/プレゼンの語彙力③
  • 聞き手の興味を引く「伝え方」と「ライブ感」/プレゼンの語彙力④
  • 「成功」と「失敗」の効果的な伝え方/プレゼンの語彙力⑤
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「10日以降」「10日以後」では10日を含む? 含まない?/毎日雑学

  • 一白水星の2020年は大転換の年。1月は口論に注意、麺類が吉/展望と開運2020(1)

  • 五黄土星の2020年は久々の高運期! 1月は心身ケアを忘れずに/展望と開運2020(5)

  • うさぎは寂しいと死ぬって本当?なぜそう言われるようになったの?/毎日雑学

  • 知ってる? ミーハーの意味と語源。実は英語じゃなく「みいはあ」だった!/毎日雑学

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る