スキルUP

「一言で」「ざっくり」「略して」伝える/プレゼンの語彙力⑨

いつもの言い回しを少し変えるだけで、プレゼンの成果は劇的に変わる! 「YES」を引き出し続けるトップコンサルタント・下地寛也著『プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全』から、最強フレーズをご紹介します(第9回)。

一言で言うと○○です

長くなりますが、人生は様々な困難が待ち受けていて……

一言で言うと人生はトライアスロンのようなもの

◇ ◇ ◇

人のプレゼンを聞いていると「接続詞で文章をつなぎダラダラ話す人」「思いついた話をどんどん加えて脱線する人」「話のポイントが多すぎてわからない人」など、長い話をする人が結構います。


もちろん聞き手はダラダラした話は嫌いです。結局、キーワードや短いフレーズしか頭に残りません。

ゆえにスパッと大切なことを言い切る癖をつけましょう。短く言うことは、それだけで価値なのです。


そのためのコツが「一言で言うとすれば何を言えば良いのだろう」と事前にしっかり考えることです。


たとえば、新入社員に仕事人生の様々な苦労を伝えるとします。「一言で言うと、仕事人生は苦労の数で成長の早さが違ってくるよ」と大切なポイントを1つあげたり、「一言で言うと、仕事人生はトライアスロンのようなものだ」と何かに喩える方法などがあるでしょう。

[使用例]
ズバリ言うと、ダメなら早く諦(あきら)めろということです

理由を一言で言うと、数の違いがありすぎるということです

イラスト:たかだべあ
イラスト:たかだべあ


ざっくり言うと○○という感じでしょうか

詳細まで説明すると、表情と姿勢と服装と……

ざっくり言うと「見た目が9割」ということです

◇ ◇ ◇

ざっくり言うと日本人は集団思考が強く、アメリカ人は個人思考が強いと言えるでしょう。本当は日本人でも個人思考が強い人もいますし、アメリカ人でも集団思考が強い人もいるはずです。ただし、そのようなことをいちいち気にしていると何を伝えたいのかがわからなくなります。


このように枝葉を切って大事な幹を示す話をするためのフレーズが「ざっくり言うと」です。頭の良い人はモノゴトの本質を見極め、ざっくりとした説明ができます。


ざっくり言うコツは、多少の例外があるとしても8~9割は正しいと思える、大切なことは何かを考えることです。

「ざっくり言うと営業は顧客思考が強く、開発は品質思考が強いものです」「ざっくり言うと英語は使えるフレーズを丸暗記すればいいのです」このように言い切る勇気が必要です。


「大雑把に言うと~」「全体を大きく捉えると~」という言い方もありますので相手によって言い回しを変えてみてください。

[使用例]
ざっくり言うと、この3つの手法だけ覚えればOKです

大雑把に言うと、これらは野菜の仲間と言っていいでしょう

イラスト:たかだべあ
イラスト:たかだべあ


略してBIG。馬鹿が一番ガンバルということです

馬鹿になれる人が一番頑張るんですよ

略してBIG。馬鹿が一番ガンバルということです

◇ ◇ ◇

略語は、キーワードを相手に記憶させコミュニケーションを円滑にする手法として便利です。略語をつくると聞き手は何を略した言葉だろうと興味を引きます。

タレントのDAIGOさんが得意ですよね。「DKB→大好物」とか「DSP→大失敗」「JS→人生って素晴らしい」など、思わずニヤッとしてしまう表現です。


英語圏でも「ASAP→as soon as possible/できるだけ早く」「OMG→Oh, my God!/なんてことだ!」などがありますし、SNSの世界を調べてみると「GHQ→Go Home Quickly/帰宅部」「ggrks→ググれカス/自分で調べろ」など面白いものが見つかります。


ビジネス関係では「ABC→あたりまえのことをバカになってちゃんとやる(小宮一慶氏)」や「TTP→徹底的にパクる(吉越浩一郎氏)」などが有名でしょう。

自分が言いたいことを3文字くらいにまとめて略語ができないかなと考えてみてください。

[使用例]
あいづちは3S、「さすが!」「すごい!」「知らなかった!」を使います

プレゼンはKISS、Keep it short and simpleを心がけましょう

イラスト:たかだべあ
イラスト:たかだべあ




下地 寛也

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】下地 寛也(しもじ・かんや)
コクヨ株式会社ワークスタイルコンサルタント。デザイナー志望でコクヨに入社。コクヨがフリーアドレスを導入したことをきっかけに「働き方とオフィスのあり方」を提案する業務に従事し、ワークスタイルを調査、研究する面白さに取りつかれる。以来、顧客向けサービス企画、組織改革の推進などを数多く手がけ、2008年から[コクヨの研修]スキルパークを主宰。未来の働き方を研究するワークスタイル研究所の所長、ファニチャー事業部の企画・販促・提案を統括する提案マーケティング部の部長などを経て、現在は経営管理本部にて、コクヨグループの働き方改革や風土改革に取り組んでいる。著書に『コクヨの1分間プレゼンテーション』(KADOKAWA)、『一発OKが出る資料 簡単につくるコツ』(三笠書房)、『困ったら、「分け方」を変えてみる。』(サンマーク出版)などがある。

【書籍紹介】『プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全』(KADOKAWA)
大人気「けたたましく動くクマ」が全身で解説するプレゼンのコツ100! コクヨ株式会社のトップコンサルタントと、大人気キャラクター「けたクマ」のコラボによる異例のビジネス書が誕生! 本当に使えるプレゼンの言い回しのノウハウ(コンサルタント担当)が、イヤでも覚えらえられる(けたクマ担当)画期的な1冊。

あなたへのオススメ記事

  • 「成功」と「失敗」の効果的な伝え方/プレゼンの語彙力⑤
  • 「疑問」で聞き手をひきつける/プレゼンの語彙力⑥
  • プレゼンのクオリティを高める「用語」「数字」「権威」/プレゼンの語彙力⑦
  • 「絶対」よりも納得できる現実的なキーワード/プレゼンの語彙力⑧
  • 知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

    知っていたら自慢せずにはいられない! マニアックすぎる雑学クイズ

  • 食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「10日以降」「10日以後」では10日を含む? 含まない?/毎日雑学

  • 一白水星の2020年は大転換の年。1月は口論に注意、麺類が吉/展望と開運2020(1)

  • 五黄土星の2020年は久々の高運期! 1月は心身ケアを忘れずに/展望と開運2020(5)

  • うさぎは寂しいと死ぬって本当?なぜそう言われるようになったの?/毎日雑学

  • 知ってる? ミーハーの意味と語源。実は英語じゃなく「みいはあ」だった!/毎日雑学

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る