スキルUP

コンタクトレンズを最初に考えた人は?/おもしろ雑学クイズ⑨

この世には知っているようで知らないことがたくさんあります。本郷陽二氏の『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260:知的好奇心がワクワクしながら満たされる本!』で、知的好奇心を満たしましょう。

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

【問い】コンタクトレンズを最初に考えた人は?

〇レオナルド・ダ・ヴィンチ
〇マリ・キュリー
〇野口英世

答えはこの下
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
【答え】レオナルド・ダ・ヴィンチ

【ポイント】
コンタクトレンズは、1958年にアメリカで製品化されたのが始まりとされています。でも、その450年以上も前にコンタクトレンズを考え出し、実験していた人がいます。それはイタリアのルネサンス期に活躍した、芸術家であり科学者でもあるレオナルド・ダ・ヴィンチです。世界の名画「モナ・リザ」や「最後の晩餐」を残したことで知られるダ・ヴィンチは、動物の解剖をおこない、鳥を観察して、ヘリコプターやグライダーを発明し、パラシュートを考案し、橋を設計し、計算機を作り、天体観測もおこなったと伝えられる万能の天才です。そのダ・ヴィンチがコンタクトレンズを研究していて、目から入った光が網膜で像を結ぶ眼球のメカニズムを解き明かしたと伝えられているのです。

本郷 陽二

カテゴリ:スキルUP
「おもしろ雑学 知的好奇心がワクワクしながら満たされる雑学クイズ!」一覧はこちら

【書籍紹介】『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260:知的好奇心がワクワクしながら満たされる本!』(三笠書房)

【著者紹介】本郷 陽二(ほんごう・ようじ)
幸運社代表。
1946年東京都生まれ。早稲田大学文学部卒業。光文社カッパブックス編集部でベストセラーとなった『冠婚葬祭入門』(塩月弥栄子著)のシリーズなどを担当。その後、編集企画プロダクション幸運社を設立。ビジネスや歴史、言語関係など幅広い分野の著作で活躍中。著書に42万部を売り上げ、敬語本ブームをつくった『頭がいい人の敬語の使い方』(日文新書)がある。また、シリーズ10万部の『できる人の語彙力が身につく本』(知的生きかた文庫)の企画・制作も手がける。

あなたへのオススメ記事

  • 北極と南極、より寒いのはどっち?/おもしろ雑学クイズ⑬
  • ハトが首を前後に振って歩く理由は?/おもしろ雑学クイズ⑫
  • イヌはなぜ、あごを床や地面につけて寝る?/おもしろ雑学クイズ⑪
  • コウモリはなぜ、天井にぶらさがっている?/おもしろ雑学クイズ⑩
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • ラーメン・チャーハン・餃子セットの「悲惨な現実」/最強の食べ方⑥

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 「立ったまま仕事」すれば、仕事も打ち合わせも早く終わる/時短術大全

  • キリンの1日の睡眠時間はどれくらい?/地球の雑学クイズ

  • 「安全第一」には続きがある! 第二と第三はどのような言葉が続く?/毎日雑学

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る