スキルUP

フィギュアスケートの選手は、なぜ目が回らないの?/おもしろ雑学クイズ㉑

この世には知っているようで知らないことがたくさんあります。本郷陽二氏の『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260:知的好奇心がワクワクしながら満たされる本!』で、知的好奇心を満たしましょう。

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

【問い】フィギュアスケートの選手は、なぜ目が回らないの?

〇目線を進行方向に向けているから
〇回転がとても速いから
〇慣れているから

答えはこの下
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
【答え】慣れているから

【ポイント】
フィギュアスケートで回転することを「スピン」といいます。トップランクの選手は、一回のスピンで60回転以上はできるそうです。試合のときには時間や全体の流れの関係で20~30回程度の回転にしておくようですが、それでも聞いただけで“めまいがする”ような回数です。目が回らなくなる方法はたったひとつ。慣れるだけです。どんなハイレベルな選手でも、初めてスピンをしたときには目が回って倒れてしまうそうですが、繰り返すうちに体が慣れ、目が回らなくなるのだとか。でも、練習を数日休むと、また、めまいがするそうです。華麗なスピンの裏では、たゆまぬ鍛錬が必要のようです。

本郷 陽二

カテゴリ:スキルUP
「おもしろ雑学 知的好奇心がワクワクしながら満たされる雑学クイズ!」一覧はこちら

【書籍紹介】『おもしろ雑学 世の中のふしぎがわかる話260:知的好奇心がワクワクしながら満たされる本!』(三笠書房)

【著者紹介】本郷 陽二(ほんごう・ようじ)
幸運社代表。
1946年東京都生まれ。早稲田大学文学部卒業。光文社カッパブックス編集部でベストセラーとなった『冠婚葬祭入門』(塩月弥栄子著)のシリーズなどを担当。その後、編集企画プロダクション幸運社を設立。ビジネスや歴史、言語関係など幅広い分野の著作で活躍中。著書に42万部を売り上げ、敬語本ブームをつくった『頭がいい人の敬語の使い方』(日文新書)がある。また、シリーズ10万部の『できる人の語彙力が身につく本』(知的生きかた文庫)の企画・制作も手がける。

あなたへのオススメ記事

  • 試合で使用済みの野球のボールはどうなる?/おもしろ雑学クイズ⑳
  • そっぽを向くって、どっちを向くこと?/おもしろ雑学クイズ⑲
  • 海苔には裏表があるってホント?/おもしろ雑学クイズ⑱
  • ビールビンの王冠のギザギザはいくつある?/おもしろ雑学クイズ⑰
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「死ねよ」よりキツい「信頼してたのに」…どう応える?/新人営業女子・えりた(5)

  • 北海道の「道」って? “北海県”ではないが昔は道内に県があった!/毎日雑学

  • 人間の身体で一番大きい「臓器」は何?/人体の雑学クイズ(3)

  • 【SE女子の日常】22時を過ぎても人が多い/ぞえ

  • 朝6時からスタバで仕事!それって本当に意識高い系?/突然辞める若者(3)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る