スキルUP

表紙を熟読する者、読書を制す!? 『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』【前編】

みなさん、読書してますか? 社会人であっても、いや社会人であるからこそ、読書は大切にしたいもの。しかし、読んだ本の内容がいまいち理解できない、身につかないといったことが続くと、読書へのモチベーションが下がってしまうこともありますよね。

『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』(東洋経済新報社)は、東大生が実践しているという「本の読み方」を解説した本。そこから、本のエッセンスを余さず搾り取る読書法を学んでみましょう。

読書のやり方を変えて、偏差値35から東大生へ!

著者の西岡壱誠(にしおか・いっせい)氏は、東京大学学内書評誌の編集長や、漫画『ドラゴン桜2』のブレーンとなる東大生チーム「東龍門」のプロジェクトリーダを務め、ほかに暗記術、テスト術などの著書を持つ現役の東大生。

さぞや、生まれついての“出木杉くん”なのかと思いきや、出身高校は東大生輩出数0人の無名校で、その上成績も学年ビリ。高3のときの偏差値は35、という状況だったとのこと。

そんな著者が東大合格を果たす力となった読書術が、本書の内容となっています。

では、そんな見事な「成り上がり」を果たした西岡氏が教える読書術とは、どんなものなのか。

西岡氏は、東大生が文章を素早くかつ正しく理解できるのは、「読む力」が優れているのではなく、「文章の外からヒントを得る力」があるからだとしています。

長い文章が理解できない。読むのに時間がかかりすぎる。こうした問題は、読解力が足りないということではないため、事前の準備によって“ヒント”を得ておけば解決されるのだとか。

まずは装丁から、本を読み進める“ヒント”を得る

では、“ヒント”が書かれた「文章の外」とはいったい本のどこを指すのでしょう?

それは、表紙カバーや帯(カバーさらに重ねてかけてある帯状の紙)などの「装丁」であり、“ヒント”とは、そこに書かれたタイトルなどを指します。

「表紙カバーに書かれたわずかな文字から、一体どんな情報が得られるというのか?」

そうした疑問を持つ方も多いでしょう。しかし、装丁は本の「顔」とも言える存在であり、ポイントを押さえることで、本を理解するための重要な“ヒント”を得ることができるようになっているのです。

本を読みこなす“ヒント”を得るための3つの手順

例として、実際に本書の表紙カバー正面にある文字を抜き出してみましょう。

・「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく(サブタイトル)
・東大読書(タイトル)
・現役東大生 西岡壱誠(著者名)
・東洋経済新報社

合わせて40文字ほど。この少ない文字情報を役立つ“ヒント”にするやり方を、著者は3つの手順で説明しています。


【①「分ける」】

まずは、タイトルを単語で分ける。例えばこの本のタイトル『東大読書』は、「東大」と「読書」に分けることができます。

言わずもがなの例えとなってしまいますが、とにかく東大関係者による読書術かブックレビュー、あるいは東大合格を目指すためのテキストの類だろう……とあたりをつけることができるでしょう。


【②「つなげる」】

次に、①で「分ける」を行いバラバラにしたタイトルを、サブタイトルなど装丁にあるほかの言葉とつなげて、新しい情報を引き出します。

この本の場合は、現役東大生が実践している読書法を解説するもので、それは単に読む力をつけるだけでなく地頭力までもが同時に身につく(と、出版社が謳っている)ものだということがわかります。
(※厳密には、<「読む力」~ 東大読書>までのひと続きのタイトルのようですが、表紙デザインの印象もあり、ここではサブタイトルとして扱いました)

実際には、もっと内容に踏み込んだ出版社のPR文や、著名人からの推薦文などが入った帯がついていることも多いもの。表紙カバー同様に活用すれば、本を読み進める上で大きな“ヒント”となるでしょう。


【③「深読みする」】

最後に行うのは、装丁にある著者の名前や気になる言葉を、Webで検索するなどして深掘りする作業です。

これはカバーや帯に文字情報が少ない場合に、特に有効で欠かせない手順と言えるでしょう。

この本の著者「西岡壱誠」で調べてみると、著作には『東大作文』という続編にあたる本や、『現役東大生が教える「ゲーム式」暗記術』『読むだけで点数が上がる! 東大生が教えるずるいテスト術』などがあることがわかります。

「ゲーム式」「ずるい」といったタイトルの雰囲気から、気軽に読める、わかりやすさを打ち出した本が得意なのでしょう。

また「現役東大生」というのも、「東大教授」ほど権威がありすぎず、それでいて信用もできるという程よい立ち位置に感じられます。

こうして、装丁を深く読み込んでおくことが本を理解する上での助けとなり、途中でひっかかったりした場合にもスムーズに乗り越えられる――というのが本書冒頭の主旨。

当然、装丁と同様かそれ以上に情報のつまった目次も、あらかじめしっかり見ておくことで有意義な読書ができるのは言うまでもないでしょう。

こうした手順を踏むのはちょっと面倒な気もしますが、読解力が上がって内容も忘れにくくなるということですから、ここは素直に試してみるしかありませんね。

ということで、次回も引き続き本を読みこなすための準備について学んでみたいと思います。

のび@びた

カテゴリ:スキルUP
【書籍紹介】『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』(西岡壱誠・著/東洋経済新報社)
速く読める。論理の流れを追える。一言で説明できる。多面的に解釈できる。ずっと忘れない――東大生だけが知っている、究極の読書術を大公開!

あなたへのオススメ記事

  • 東大生が実践している本の選び方とは⁉︎ 『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』【後編】
  • 読書には“あのアイテム”が必要だ! 『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』【中編】
  • 「集中状態」をつくる3つの方法/東大思考法⑧
  • 東大理Ⅲ出身の家庭教師の僕が「苦手な記憶」を克服した方法/東大流記憶法
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 水からゆでる野菜と、お湯からゆでる野菜の違いは?/おもしろ雑学クイズ⑯

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 営業部に女性ひとりで孤立しています.../えりたの悩み相談⑧

  • 高学歴ニートを黙らせた古舘伊知郎の「仕事とのつき合い方」

  • ‟コミュ障”フリーターだった女性を伝説のトップセールスレディにした「3の法則」とは?

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る