スキルUP

米名門大学がガチ調査! 人はマインド次第で成功できるか?/タロログ

ビジネスに成功するための考え方として、“マインドセット”が有効と言われています。そこで今回は、スタンフォード大学発の世界的ベストセラー『マインドセット「やればできる」の研究』について、ブロガーのタロログさんが解説します。

「何をやっても、裏目に出てしまう……」

そんな時が人生には2~3回いや10〜20回、とにかく数え切れないくらい辛い時期がありますよね。

僕も『志高く 孫正義正伝』(井上篤夫/実業之日本社)を読んでビジネスを始めたのに、マインドは超低空飛行。新しいことを始めたいのに「俺にできるかなぁ〜」「本当に大丈夫かな〜」と思ってしまう。

そんな中、目についたのがこの『マインドセット「やればできる」の研究』
(キャロル・S・ドゥエック/草思社)。

「マインドセット」というと「ああ、意識高い系ね」と思う方もいるかもしれませんが、僕自身はマインドセットというのはとても大事だと思っています。

というわけで、低空飛行している僕自身のマインドセットを改めるためにも、こちらの本を紹介していきます。

「しなやかマインドセット」と「硬直マインドセット」

この本では、何度も繰り返し“しなやかマインドセット”と”硬直マインドセット”という言葉が出てきます。

「硬直マインドセット」とは、

“自分の能力は石板に刻まれたように固定的で変わらないと信じている人”(P.13)

「しなやかマインドセット」とは、

“人間の基本的資質は努力次第で伸ばすことができるという信念”(P.13)

とあります。

本書では、かなり序盤にこのマインドセットの話が出てくるのですが、この本は一冊通して、これらのマインドについて書かれているといっても過言ではありません。

当たり前のことですが、人は過去の成功体験にとらわれがちです。

ですが、人が成長するためにはたくさんの挑戦が重要です。そしてたくさん挑戦すれば、失敗もしますよね?

失敗を恐れる硬直マインドセットを持つ人は、挑戦を恐れてしまい成長の機会を失ってしまいます。

しかし、しなやかマインドセットを持つ人は、失敗を恐れず失敗から学ぶ姿勢を持っています。

“しなやかマインドセットを教えられた人は、気分がふさぎこんだ時の身の処し方がガラリと変わってくる”(P.56)

“人間の基本的資質は伸ばせるものだと信じていても、失敗すれば辛いのは同じこと。”(P.56)

“努力することによって初めて才能に火がつき、そこから素晴らしい業績が生まれるのだから。”(P.58)

人それぞれの可能性がどの程度あるのかというのは、とても難しい問題です。

しかしながら、結局成長する意識がなければその可能性もゼロになるわけですから、マインドセットによって今後の可能性が大きく変わるというのは、間違いありません。

天才は生まれついての天才なのか?

多くの人は、活躍している人を見た時に「あの人は才能があるんだなあ」と思うでしょう。しかし、実際にはそんなことはありません。

例えば、偉大なバスケ選手を聞かれれば、多くの方が「マイケル・ジョーダン」を挙げるでしょう。

才能の人と思われているマイケル・ジョーダンですが、高校時代はバスケットボールチームの代表に入れなかったという過去があります。

史上最高のバスケ選手でも、高校の時点では少し上手なバスケ選手だったわけです。そのマイケル・ジョーダンがなぜ史上最高のバスケ選手になれたのか?

それは、母親に言われた一言がきっかけでした。

“母親は「練習して鍛え直しなさいと言い聞かせたんです」と当時を振り返る。
彼はその言葉に従い、毎朝6時に家を出て、始業前の早朝トレーニングに励んだ。”(P.113)

その努力の結果、彼はバスケ選手の頂点となりましたが、実はこういった努力型の成功者は少なくなく、トマス・エジソンやベーブ・ルースなどの具体例についても本書で書かれています。

ここまで読んでいて思ったのは「このしなやかマインドが最も必要なのは、大人ではなく子供」だということです。

もちろん本の中では、「教育―マインドセットを培う」という内容も書かれており、

“普通の親ならば「わが子がシアワセになるためなら、なんでもしてやりたい、なんでも与えてやりたい」と思っている。ところが、良かれと思ってしたことが往々にして裏目に出てしまう。”(P.252)

など、ビジネスマンではなく子育てに悩んでいる女性なども一読すると、様々な学びがあるはずです。

人は変われるという考えを持って、しなやかマインドセットを持とう

この本を読んで、「なんだってやればできるんだ!」と思えたかと言うと、そこまで思うことはできませんでした。

正直なところ、やはり人には向き不向きがあるし、素質や才能は間違いなくあるとは思うんですよね。

例えば、身長が150cm台の男性は存在しますが、150cm台のプロ野球選手は過去に存在していません。僕自身、身長でスポーツに悩んだことがあるので、全てが全て受け入れられるものではありませんでした。

しかし、読み始めた時よりマインドが高くなったのも事実。確かに、このしなやかマインドセットを持てば(必ず成功できるとは思わないが)成功に近づくと思います。

成功者と同じこと、同じ努力をこなすのはなかなかできることではありませんが、マインドセットは良くも悪くも誰にでもできることです。

「まずはマインドを変えて、努力を恐れず、挑戦を続けたい」

タイトルの「やればできる」とは少し違うのですが、「失敗しても気にしない」そんな考え方を持たせてくれる本です。

最後に、本のラスト2ページに書かれているこの言葉はとても胸に刺さりました。

“偉大な野球選手、アレックス・ロドリゲスが言うように、「上り坂か、下り坂か、道はふたつにひとつ」。どちらの道を行くかはあなた次第なのだ。” (P.348)

しなやかマインドを持って、努力を続けましょう。


タロログ

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】タロウ
実は零細会社の社長。最近は底辺YouTuberとして積極的に底辺コンテンツを生み出している。漫画は年間100冊ぐらい読むが、ビジネス書は年間10冊ぐらいしか読まないので、ビジネス書をちゃんとレビューできるか不安。暖かい目で見守ってください。
■Blog:タロログ
■YouTube:タロチャンネル

【書籍紹介】『マインドセット「やればできる! 」の研究』(草思社)

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • スマホ世代が陥りがち! 待ち合わせで「会えない」ミスを防ぐ方法/タロログ
  • やっぱり便利! スケジュールはGoogleカレンダーで一元管理/タロログ
  • 「ケーキ」を「○○」に言い換えると余裕で我慢できる/タロログ
  • 英語学習の継続も「習慣」が10割/タロログ
  • NEW
    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • バスケの背番号が「4」から始まるのはなぜ?/スポーツがますます面白くなるクイズ(9)

  • 元・手取り13万のOLが教える年収3000万円の男性と付き合う方法/ゆっきー

  • 実はクロールより速い泳法もあるのに「自由形」の主流がクロールな訳/毎日雑学

  • もはや戦闘不能! モテ男の雑な扱いに揺れる情緒/ほむら先生はたぶんモテない(6)

  • 大量の自尊心にまみれた「若い」女の目印は、小さくて可愛い財布/喜ぶと思うなよ(2)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る