スキルUP

格闘家が伝授! 行動と成果を最大化する超実践的メソッド/タロログ

自分の思う通りに生きることは、理想的であってもなかなかつらいもの。そんなときにヒントをくれる書籍『ストロング本能』(青木真也・著)について、ブロガーのタロログさんが解説します。

『ストロング本能 人生を後悔しない「自分だけのものさし」』(青木真也・著、KADOKAWA)との出会いは、書店で何気なく手にとったことでした。

「なんとなく青木真也選手という名前は聞いたことがあるな」と、本当になんとなく選んだところ、ぱらっと開いたページに書かれていたある一言に目をひかれました。

“自由に生きる権利は誰にも奪えない”(P.36)

熱すぎるメッセージに、思わず笑ってしまいました。「今どきこんな熱いメッセージを書く人って一体どんな人なんだろう?」と思いながら読み進めると、青木真也さんは格闘家であることを知りました。

スポーツアスリートの本は読んだことがありますが、格闘家の本を読むのは初めてです。

そもそも青木真也って何者?

まずは、著者である格闘家の青木真也さんについて紹介します。本書にはこのように紹介されています。

“僕はフリーランスの格闘家です。駆け出しの頃は「PRIDE(プライド)」という当時いちばん大きい団体に属していました。年収は給料プラスファイトマネーでねんかん700~800万円ほどでした。格闘家とはいえ雇用形態は会社員。”(P28)

そもそも格闘家って、会社員とかフリーランスとかそういう感じの働き方なのか、とびっくりしてしまいました。

さらに気になったので、本を読み進める前に青木真也さんの経歴を確認すると

・第8代修斗世界ウェルター級王者
・第2代ONE世界ライト級王者
・第2代DREAMライト級王者

とのこと。3団体で優勝王者となっている選手は一体どんな哲学を持っているのか。
非常に楽しみです。

自分ルールで生きよう

青木さんは、冒頭から『本能』という言葉を数え切れないほど使っています。

“「本能」で考えれば世の中はシンプルです。”(P.30)

と書かれているので、「うーん、勢いだけで書かれている本なのかな?」と心配になります。しかし、その不安はすぐになくなりました。

“「あいつ、すっげえむかつくな」と思っても、「この人、お金くれるしな」と思い直して言うことを聞く。みんな「人間は平等だ」と主張しますが、やはり基本は金を払っている方が偉いのがリアルです。”(P.33)

お金の話など、現代社会をすごくリアルに捉えられているようで安心しました。

とは言え、結果を出されている格闘家の青木さん。

“僕はすべてのことを「自分ルール」に則って生きています。練習体系もそうです。「必ずここで練習する」「ここでできなかったら、あそこでやる」という自分ルールを決めているのです。”(P.46)

すべてに強いこだわりをもっているのは、尊敬に値します。

格闘家の恐怖克服の方法とは

格闘技の王者になるくらいですから、怖いものなし! なんでもかかってこい!という気持ちなのかと思いきや、青木さんにも怖いものがあります。

“恥ずかしい話ですが、僕はいまだに試合をすることが怖いのです。”(P.53)と書かれています。

格闘家、ましてやチャンピオンともなれば、一般人とはメンタルが違うのかと思っていましたが、同じ「人」なんだなと安心しました。

では、不安になったとき、どのように対処すればよいのでしょうか。青木選手は、この対応方法について次のように書いています。

“多くの場数を踏んでいるという事実が自信にもなります。”(P.53)

“先ずは「質より量」を意識することも大事です。”(P.53)

数をこなして質が上がっていくことを「質量転化の法則」と言いますが、こういった泥臭いことをしっかり書いてくれるのはうれしいですね。

一般の会社員の方がふだん感じるような恐怖はせいぜい「上司に怒られるかも」とか「仕事が間に合わないかも」などのレベルですが、「格闘家でもこうやって恐怖を克服しているんだ」と知れるだけで気持ちが楽になりそうです。

読み終わると気分がスッキリする一冊

全編通して気持ち良いぐらいに正論です。

本能に従って生きてるからこその青木選手だし、この結果(3団体王者)なのでしょう。

全部は無理でも、この本で書かれていることを1%でも実行できれば、明日からの生活がきっと楽になるでしょう。

格闘家ではない人でも、ここで書かれたことを生かせる内容です。会社で理不尽なことをされてストレスが溜まっているような方にも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

タロログ

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】タロウ
実は零細会社の社長。最近は底辺YouTuberとして積極的に底辺コンテンツを生み出している。漫画は年間100冊ぐらい読むが、ビジネス書は年間10冊ぐらいしか読まないので、ビジネス書をちゃんとレビューできるか不安。暖かい目で見守ってください。
■Blog:タロログ
■YouTube:タロチャンネル

【書籍紹介】『ストロング本能 人生を後悔しない「自分だけのものさし」 』(KADOKAWA)

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 英語学習の継続も「習慣」が10割/タロログ
  • 超簡単! 家の中で物を失くさない方法&お役立ちアイテム/タロログ
  • やっぱり便利! スケジュールはGoogleカレンダーで一元管理/タロログ
  • ユニクロに買ってはいけない服が8割もある理由/タロログ
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「死ねよ」よりキツい「信頼してたのに」…どう応える?/新人営業女子・えりた(5)

  • 社内メールの「お疲れ様です」は不要! 1行目から用件を書く/時短術大全

  • ハサミの切れ味を復活させる5つの方法! そもそも切れなくなる原因は?/毎日雑学

  • 台風もキラキラネームの時代に突入!? 実は面白い「台風の名前」

  • コワモテのお客様に「死ねよ」と言われ、無言で逃げた日/新人営業女子・えりた(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る