スキルUP

人見知りでも大勢と意思疎通ができるコミュニケーション術/パブリックスピーキング

一気に6000人を集客し、1時間で2.5億円売り上げる「究極の伝え方」とは?『パブリック・スピーキング 最強の教科書』(小山竜央著)で、最先端のビジネススキルを学びましょう。今回は第8回目です。

大勢の聴衆とつながるには「コネクト」の状態を意識する

パブリック・スピーカーにとって、上手な話し方や緊張しないコツ、わかりやすい構成の作り方などは学ぶ必要はありません。パブリック・スピーカーとは、お客様とコミュニケーションが取れるスピーカーのことです。ここからは、コミュニケーションを取るためにぜひやってもらいたい方法、考え方、テクニックの奥義(おうぎ)を紹介していきましょう。

コミュニケーションといっても、本来は難しいことではありません。皆さんも友人や家族、職場の人たちと日々、コミュニケーションを取って暮らしているはずです。もしコミュニケーションが取れないとなると、買い物も仕事もできず、家族がいれば家でくつろぐことすらできないでしょう。

しかしセミナー会場では、このように知っている相手と一対一でコミュニケーションするのとは違い、大勢の聴衆と同時につながりを作る必要があります。このつながった感覚の状態は「コネクト」とも呼ばれ、うまく「コネクト」ができるスピーカーほどお客様は魅力を感じます。

世界トップクラスのスピーカーになると、ありのままの自分を見せても好かれるので、海外では本当に会場で裸になるような人さえいます。そこまでではなくても、壇上に立った瞬間に用意していたセリフが飛んでしまう、といったよくある事態にも、コネクトさえできていれば自然と心からのセリフが出てくるので、心配はいりません。

では、どうやってコネクトする、つまり大勢の人とコミュニケーションを取るということができるのでしょうか。その方法は、初心者でもワールドクラスのスピーカーでも同じです。連載3回目でも紹介した、たった3つのステップをやるだけです。

弱さをさらけ出せる人だけが相手の目を見ることができる

まずは、相手の目を見る「アイコンタクト」です。セットアップ・テンプレートで「スキャン」をするときに、周りをゆっくりと見渡して、会場にいる聴衆と目を合わせてください。

ここでのポイントは、「眺める」のではなく、「目を見る」「目を合わせる」ことです。たいていの人は恐れの感情があるので、壇上に立った瞬間、目を見ないで全体を「眺めて」しまいがちです。

大勢の前に立ったときに緊張しない方法として、「聴衆をジャガイモだと思いなさい」という教えを聞いたことがあるかもしれません。しかし、このテクニックはパブリック・スピーキングではありえない考え方です。ジャガイモは人ではなく、笑いかける必要もありません。ジャガイモなどではなく、「人」を相手にコミュニケーションを取るためには、相手の目を見なければならないのです。

それでも、多くの人はお客様の目を見ることが難しいと言います。その理由は、実は相手ではなく、自分自身への恐れです。

講師として壇上に立った自分が、格好良く見られたい、おしゃれで素敵な人に見られたい、何より「先生」として尊敬の眼差しで見られたい、という当然の思いがあるはずです。その思いがあればあるほど、人は相手の目を見られなくなるのです。

本当に格好良くなりたいのであれば、むしろあなたは自分のダメな部分、弱さを出すべきです。これは本当にぜひやってみてください。

これができない人が、残念なことにプロでも多く見られます。私がコラボした相手でも、アドバイスを求められて、「カリスマになりたいなら、少し自分の弱いところを出すといいですよ。たとえば、苦しかった経験やつらかったこと、自分の心の弱さといった部分ですね」と話した途端、「自分はそういうキャラじゃないんだよね」と返されることは少なくありません。

しかし、人間というのは、100%完璧なものには興味を持たないのです。ほんのわずかな隙の部分があることで、はじめて共感を得ることができます。「実は私には、こういうダメな部分がある」とアピールする人こそ、相手に好かれるのです。

なぜ100%完璧なパーフェクトの状態は良くないのでしょうか。それは、減点方式で見られてしまうからです。もし完璧な王子様、お姫様状態な人間がいたとして、周囲はその人が何か気になることをした瞬間、減点していきます。褒めることよりもアラ探しばかりされるでしょう。

だから、あえてこちらから「自分は本当に漢字が覚えられなくて」「実はこれが苦手で、いつも人に助けてもらっていて」ということをアピールするのです。そうすることで、自然と人はあなたに共感し、あなたは好かれる存在になるでしょう。そう考えた瞬間に、あなたは人の目を見ることができるようになると思います。

ちなみに、「相手の目を見る」といっても、動物園の動物を見るようにじいっと覗き込むのはやめましょう。適切な距離感というのが当然あります。ごく自然に相手の目を見て、次の笑顔のステップにつなげるようにしてください。

壇上では「笑顔が素敵な歌のお兄さん・お姉さん」に

アイコンタクトをしたら、相手の目を見て自然に微笑みます。これが2つ目の「笑顔」のステップです。

ここは、相手と目を合わせたら笑顔になる、という顔の表情が重要です。笑顔が苦手という人もいますが、最初はぎこちなくても笑ってみてください。私の会社でもまったく笑顔が出せない新人がいて、どうしても相手の目を睨みつけるようになってしまいます。そうすると、いくら目を見ていても反対に怖い感じの空気が生じるわけです。

そういう人は、とにかく引きつった状態でも何でもいいので、まず笑顔を作るようにしましょう。私がよく言っているのは、難しいことを考えず、「歌のお兄さん・お姉さんになってください」ということです。

「歌のお兄さん・お姉さん」、つまりステージに立って子供たちにいつもニコニコ笑顔で接し、歌ったり踊ったりして夢を与える存在をイメージしてください。重要なのは、「相手を大人だと思わない」ことです。歌のお兄さん・お姉さんが出てくる番組は、3〜4歳児が相手です。つまり、相手をそのくらいの子供たちだと思いましょう。

目の前にいる人たちが、もし3〜4歳児だったら、あなたはどんな顔をするでしょうか。小さな子供を前にしたら、人は必然的に笑顔になりますよね。口角が上がった状態になって、ニコニコしながら話しかけるわけです。

たとえそこに座っているのがスーツをビシッと着たビジネスパーソンたちで、自分より年上の気難しそうな投資家がいても、何なら上場企業の社長や偉い政治家がいたとしても、すべて関係なく、全員3〜4歳児だと思えばいいのです。

つまり、「聴衆をジャガイモだと思う」のではなく、「聴衆を3〜4歳児だと思う」ようにしましょう。ジャガイモだと思うと笑いかけませんが、3〜4歳児なら自然な笑顔がこぼれるはずです。

連載3回目でも書いたように、コミュニケーションの基本は笑顔であり、笑顔は人を癒やし、感動を与えるもっとも重要なボディランゲージです。どんなテクニック、理論よりも、笑顔が出るかどうかがコミュニケーションのポイントになります。

そして、最後のステップが「自然体」であることです。自宅で家族とくつろいでいるときと同じようにリラックスした状態でステージに立ち、家族や友人たちに向けるような自然な目線で目を合わせ、微笑みかける――。ここまでの一連の流れができていれば、あなたはお客様全体とつながった状態、コネクトできた状態と言えます。

言葉では簡単に聞こえますが、実際にやってみると案外、これらのステップは難しいものです。特に、自然体になるのは慣れが必要かもしれません。最初は、アイコンタクト、笑顔だけでもできるよう練習してみてください。

アイコンタクトなら30秒間相手の目を見る、笑顔なら表情筋のトレーニングとして割り箸をくわえて口角を上げる、などの練習方法があります。苦手な人は、スピーキングの前に徹底してこれらをマスターしましょう。

小山 竜央

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】小山 竜央(こやま・たつお)
日本有数のセミナープロデューサーとして、アンソニー・ロビンズの来日セミナーの公式スポンサーを務めたり、ロバート・キヨサキ、スティーブ・ウォズニアック、ランディ・ザッカーバーグなど世界の成功者の来日セミナーを多数プロデュースしている。加えて、後進の指導も行っており、指導した延べ人数は5万人を超え、何千人ものパブリック・スピーカーを日本全国に送り出している。また自身も幕張メッセ、東京ビッグサイトなど、大規模な講演会にて聴衆から絶大な支持を誇る超一流のパブリック・スピーカーとして活躍する。

【書籍紹介】『パブリック・スピーキング 最強の教科書』(KADOKAWA)

あなたへのオススメ記事

  • 相手に感動を与えるには3つの段階を突破する/パブリックスピーキング
  • 誰でも最高のコミュニケーションができる3つのポイント/パブリックスピーキング
  • 「心をつかむ話し方」と「心に響かない話し方」の違い/パブリックスピーキング
  • 多くの人に影響を与えるカリスマには法則があった/パブリックスピーキング
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • ラーメン・チャーハン・餃子セットの「悲惨な現実」/最強の食べ方⑥

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 「立ったまま仕事」すれば、仕事も打ち合わせも早く終わる/時短術大全

  • キリンの1日の睡眠時間はどれくらい?/地球の雑学クイズ

  • 「安全第一」には続きがある! 第二と第三はどのような言葉が続く?/毎日雑学

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る
StudyWalkerライター・エディター募集