スキルUP

未来キター!! VRによって生まれる“もう一つの地球”。その時、日本経済は…

「バーチャルマーケット」をご存じだろうか? VR上で開催されるイベントで、2019年3月に開催された第2回では12万5000人の来場者数を記録した。バーチャルマーケットから見える仮想現実の未来とは?

VR上のイベント「バーチャルマーケット」は、VR世界の中に設けられたブースにてVR上で使うアバターや、アイテムを購入できるというイベント。

「仮想現実のコミケ」とも呼ばれ、作り込まれた世界は探索するだけでも楽しめるものとなっている。

上の写真は、バーチャル空間上で行われた第2回の開会式・協賛企業紹介の場面。開会式の様子は、YouTubeで見ることができる。

3月に開催された第2回では、セブン&アイ・ホールディングスをはじめとした大企業も協賛企業に名を連ね、また「NHK WORLD JAPAN」や「日経MJ」でも取り上げられるなど、もはやビジネスマンであれば一般知識として知っておくべき存在とも言える。

そんなバーチャルマーケットの第3回が、今秋に開催されることが決定。その発表に合わせて開催されたパネルディスカッションでは、今後の現実世界の経済、通貨、そして国家というものがひっくり返るような未来が語られた。

“仮想”の世界が“現実”の世界の経済にどのような影響をもたらすのか。その時、日本はどのようなポジションにつくことができるのか。ディスカッションの中から探ってみたい。

パネルディスカッション参加者は、(下の写真、左から)「バーチャルマーケット」を主宰するVR法人 HIKKY代表取締役・舟越靖氏、SHOWROOM(株)代表・前田裕二氏、KDDI(株)ビジネスインキュベーション推進部長・中馬和彦氏、AT PARTNERS(株)代表取締役・土佐林淳氏。


SNSの裏アカも、実はあなたのアバター?

VR上において「アバター」は重要な存在であるが、ともするとVR上のアニメ的なキャラクターに限ったものだと思われがち。自分には縁遠いものと考える人も多いだろう。

しかし、アバターを別の人格・キャラクターと捉えれば、SNSの裏アカウント、複アカウントの存在もまたアバターと言える。

仮装ライブ空間の運営を行う企業、SHOWROOMの代表・前田氏は、元々アメリカで日本の投資を推進する仕事をしていた。そこで少子化が進む日本に投資をする意義を問われた際、複アカウント保有者の多い日本市場の可能性を説明したという。

アカウントにはそれぞれ(本来の自分と異なる)価値、仕事を持たせることができる。複数アカウントの存在が、今後のGDP増加をもたらす可能性があるのだ。

5Gがもたらすものは「速度」だけではない

一方、VRと次世代通信技術5Gの関連性について語ったのは、KDDIの中馬氏である。

5Gでイノベーションできるのは速度ではなく、現実世界のあらゆるものが通信で繋がった新しい世の中の構築であり、その世界のVRは、もはやリアルを追求するものから「バーチャルでしか出来ないこと、成し得ないこと」を追求するものになる、ということだ。

また、今後GPSのさらに上をいく技術により、街中の巨大ディスプレイに見ている人それぞれの属性に対応した広告を出すことも、現実味を帯びて来ているという。

そんな“世界のデジタル化”を語る中馬氏は、ネットとリアルが融合したプラットフォームを誰がコントロールしていくかという問題では、実は覇者はまだ決まっておらず、日本にもチャンスがあると語った。

VRがもたらす「もう一つの地球」。その時、日本は……

シリコンバレーの投資状況に詳しい、AT PARTNERS代表・土佐林氏
シリコンバレーの投資状況に詳しい、AT PARTNERS代表・土佐林氏

投資家の目線でVRについて語ったのは、AT PARTNERS代表・土佐林氏。視覚的要素ばかりが取りざたされがちなVRだが、実は生産から消費まで一貫した経済活動が行われることに、大きな意味があるという。

それは国境のない一つの世界、もう一つの地球ができるということ。物の価値がかわり、コミュニケーションのための移動手段が無用になるその世界はまた、同じ努力をすれば、同じ対価を得られる平等な世界でもある。

そうした世界を構築するには、テクノロジーの開発とそれを支える投資が欠かせない。シリコンバレーでは、テクノロジーがビジネスに紐づかなくとも、売却ができるマーケットが存在し、投資も長期的視点で行われることが多い。

結果、ユニークなテクノロジーが開発されやすい土壌がある。対して“日本式”の投資は、短期的ですぐに結果を出せるもの、財務諸表的に“イイ顔”できるものが優先されているようで、そこはちょっと心もとないと感じた。

とはいえ、日本にはアイデアにあふれた優秀なクリエイターが数多くいるということ。そして、海外では努力して後から得るクリエイティブスキルとされている「細やかさ」を初めから持っている国民性からも、今後のVR世界でアドバンテージを持っているというのが、土佐林氏含めたパネラー共通の見解である。

ネットビジネスでは遅れをとった感もある日本の巻き返しを願いたいところだ。

イベント最後に次回「バーチャルマーケット」開催の日程(2019年9月21〜25日)が発表された
イベント最後に次回「バーチャルマーケット」開催の日程(2019年9月21〜25日)が発表された

なお、次回「バーチャルマーケット3」は過去2回を上回る来場者数が見込まれるほか、主宰の株式会社HIKKYは「東京都VR化計画」と銘打ち、東京都を舞台にした様々な実験・イベントを行う模様。

新たな年号を迎えた今年、あなたも新たな世界へ出かけてみてはいかが?


宇都宮 雅史

カテゴリ:スキルUP

バーチャルマーケット公式HP

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 国内MBAをめざす!モチベーションの生み出し方/小林敬明
  • 時代をリードするイノベーターが語る、デジタルテクノロジーの“最前線”
  • もうエンタメだけじゃない! ビジネスやライフスタイルを変えるイマドキのVR
  • “国策”で中国のアニメ産業が急成長! 市場規模が2兆5000億円を突破
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 病院は常に感染症との戦い! 帰宅後ナースが廊下で眠る理由とは?/かげ看(5)

  • 鎮静剤に撃沈! 患者目線を目指す看護師の「効きすぎた」ハナシ/かげ看(1)

  • 天皇に苗字や姓が無い理由は? 皇族の名前の仕組みを解説/毎日雑学

  • 不整脈発生!? 高性能心電図モニターはお騒がせノイズに要注意/かげ看(2)

  • イヤでも上手くなる採血、新人ナースの練習台は○○の腕!/かげ看(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る