スキルUP

万一ミスをしても不良が流れない!「ポカヨケ」の仕組みとは?/トヨタの失敗学④

「トヨタの現場では、たくさんの問題やトラブルが起きる。でも、『失敗』という言葉はほとんど聞かなかった」。トヨタ在籍40年以上のベテラン技術者がトレーナーを務める(株)OJTソリューションズの著書『トヨタの失敗学 「ミス」を「成果」に変える仕事術』より、仕事の「質」と「速さ」を変えるメソッドをご紹介します(第4回)。

誰がやっても失敗しない「しくみ」をつくる

トヨタでは、失敗の責任を個人に押しつけず、失敗しないしくみをつくることによって問題を解決します。

すなわち、新人でもベテランでも、誰がやっても失敗しないようなしくみを考えるのです。

たとえば、トヨタには、「ポカヨケ」という言葉があります。

これは、製造ラインに設置される作業ミスを防止するしくみや装置のことです。人はロボットと違って完璧ではないので、作業ミスをすることがあります。どんなに優秀な人でも10万回はミスなく作業をしても、10万1回目にミスをする可能性は否定できません。

そこで、万一、人がミスをしても不良が流れないように「ポカヨケ」をつくって、失敗を防止しているのです。

間違った手順で仕事をしたら、ラインが自動的に止まるといったしくみになっているので、作業者が失敗をしても不良品は生産されません。

たとえば、部品をピッキングする作業でも、作業者がカードを機械にかざすと、とるべき部品の場所が光り、その部品をピッキングすると、次にとるべき部品の場所が光るようになっています。最近では、前の部品をとるまで、部品入れのシャッターが開かないというしくみまであります。これなら初心者でも、間違った部品をピッキングしてしまうことはありません。


人の不注意によるミスを防ぐために、部品そのものをミスが出ない構造に変えてしまうこともあります。

たとえば、自動車の金型(かながた)(モノを成形するための型)には左右で1対になっている型があります。見た目は同じに見えるのですが、微妙な差があって、左右が入れ替わると品質問題になるケースも少なくありません。これを左右反対に取りつけてしまったら、作業をやり直すことになって大変です。そこで、反対に取りつけるミスが起きないように、ボルトの位置を変えるなど左右で異なる金型をつくるのです。

誰が作業をしても失敗させない「ポカヨケ」

トレーナーの土屋仁志は、「『ポカヨケ』は、誰が作業をしても失敗させないためのしくみだ」と説明します。

かつて土屋の部署では、部品を組みつけるときに、違うボルトをつけてしまい、数百台分をばらして、組みつけ直すことになりました。

この失敗の原因は、部品箱にボルトを補充するときに、違うボルトを部品箱に入れてしまったことです。

ボルトを手にとって組みつける部分にはポカヨケを設けて間違えないしくみにしていたのですが、「ボルトを部品箱に補充する」という部分には、ポカヨケはなく、人の注意力に負うところが大きかったのです。

そこで土屋の部署では、ボルトの部品箱にふたをつけて、種類の違うボルトが混入しないようにしたり、カードリーダーで読み取ってからボルトをとるようにしくみを変えました。つまり、ボルトを部品箱に補充するプロセスにもポカヨケを拡大したのです。

さらには、ボルトの納入段階までさかのぼってポカヨケを導入。ボルトの納入業者が間違って納入しないように、ボルトの長さを測ってから納入するようにさせたり、実物大のボルトをくくりつけておき、本物と突き合わせができるといったしくみをつくったりしました。

このようにトヨタでは、「人はミスをするもの」という前提で、失敗したくても失敗できないしくみをつくっているのです。

「これは必要か」と考えずに済むしくみをつくる

オフィスワークでもポカヨケのようなしくみをつくることで、ミスを防ぐことができます。

たとえば、職場では情報の伝達がきちんと行なわれなかった結果、ミスが発生することがよくあります。

そうした情報伝達の漏れを防ぐために、書類にチェックマークを入れる欄を設けることも、一種のポカヨケになります。個人名とともにチェックマークが入っていれば、「確認した」ことをあらわす証拠となるので、あとで「聞いていなかった」という事態は防げます。

また、To Doリストを共有しておくこともポカヨケになります。作業済みの仕事にチェックを入れるルールにしておけば、本人はもちろん、上司や同僚も仕事の進捗(しんちょく)がわかるので、作業の漏れや遅れを防ぐことができます。

ポカヨケをつくる際は、「これは必要か」などといちいち考えなくても済むようなしくみにするのがコツです。

◇ ◇ ◇

人は失敗して当たり前。だから、トヨタでは失敗したくても失敗できないような「しくみ」をつくる。



(株)OJTソリューションズ

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】(株)OJTソリューションズ
トヨタとリクルートが設立したコンサルティング会社。在籍40年以上のベテラン技術者がトレーナーとなり、豊富な現場経験を活かした人材育成、変化に強い現場づくり、儲かる会社づくりを支援。製造・食品・医薬品・金融など、さまざまな顧客企業にサービスを提供。著書は、20万部突破の『トヨタの片づけ』ほか、『トヨタの段取り』『トヨタ仕事の基本大全』『トヨタの問題解決』『トヨタの育て方』『[図解]トヨタの片づけ』『トヨタの上司』、文庫『トヨタの口ぐせ』『トヨタの片づけ』(すべてKADOKAWA)など累計80万部を超える。

【書籍紹介】『トヨタの失敗学 「ミス」を「成果」に変える仕事術』(KADOKAWA)

あなたへのオススメ記事

  • 「特定の人しかできない仕事」はチームの機動力を下げる/トヨタの習慣③
  • 問題を発生させる「真の原因」を潰さなければ、同じ失敗を繰り返す/トヨタの失敗学①
  • 真の原因を解明する前に、まず「なにが起こったか?」を確認する/トヨタの失敗学②
  • 失敗を成果に変える合言葉「人を責めるな、しくみを責めろ」/トヨタの失敗学③
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • バスケの背番号が「4」から始まるのはなぜ?/スポーツがますます面白くなるクイズ(9)

  • 元・手取り13万のOLが教える年収3000万円の男性と付き合う方法/ゆっきー

  • 実はクロールより速い泳法もあるのに「自由形」の主流がクロールな訳/毎日雑学

  • もはや戦闘不能! モテ男の雑な扱いに揺れる情緒/ほむら先生はたぶんモテない(6)

  • 大量の自尊心にまみれた「若い」女の目印は、小さくて可愛い財布/喜ぶと思うなよ(2)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る