スキルUP

企業ブログの成果が出ない理由はコレだった!? 引き合い・売上が確実に増すWebライティング術

企業ブログがなかなか成果につながらない……。解決の糸口は「お客様目線」にあった! 中小企業へのWeb活用コンサルで引き合い230%増、売上6倍などの成果を出す永友一朗さんの行うWebライティング術とは?

企業のブログやオウンドメディアなどを運用するWeb担当者は、自身でライティングを行うこともあるだろう。しかし、実際のところ、記事を書いても、なかなか目に見える成果が出ないと悩んでいないだろうか?

そのような中、ホームページコンサルタントの永友一朗さんは、「お客様目線」をはじめとした至極シンプルなWebライティング術を含む中小企業のサポートで、検索上位表示、引き合いや新規顧客獲得、売上増加事例を多数出しているというのだ。

一体、どんなコツがあるのか? その永友式Webライティング術の一部を教えてもらおう。

意外とできてないかも! 企業発Webライティングの基本5つ

まずは企業がブログやオウンドメディアなどで情報発信するときのWebライティングの基本を5つ、永友さんに挙げてもらった。

【1. SEOは常に意識する】

「やはり検索エンジン最適化、SEO(Search Engine Optimization)は常に意識することが大切です。SEOとは検索エンジンの検索結果において自社のWebサイトやページが上位に表示されるよう調整することです。

企業ブログやオウンドメディアなどの運営目的は多岐にわたりますが、SEOのために執筆することも多いはずです。記事をただ漫然と書くのではなく、『ターゲットキーワードをしっかり含める』などのSEOは常に念頭に置いて執筆する必要があります」


【2. 自社のお客様向けに書く】

「企業ブログの場合は、自社商品・サービスを購入していただくのが最終目的であるはずです。漠然とした一般人に向けて書くのではなく、自社のお客様、特に重要な既存顧客を思い描いて、そのお客様向けに書くことが“響く”記事作成のコツです」


【3. 文末でアクションを明確に提示する】

「読ませることよりも、購入に至らせるなどのアクションに向かわせるのが目的ですので、文末で関連するページに誘導する、もしくは問い合わせなど、明確なアクションを提示するのが基本です。文末の誘(いざな)いを常に意識しましょう」


【4. 主語を「あなた(読み手)」にする】

「主語を『あなた』にすることをおすすめしています。一般的に企業発信のメッセージは『弊社は』『この商品は』など自社目線であることが多いですが、むしろ『あなたは●●できます』というニュアンスのメッセージのほうが、読み手は読んでいて腑に落ちやすいのではないでしょうか」


【5. 段落タイトルや小見出しは「問いかけ」にする】

「段落タイトルや小見出しを活用しましょう。『はじめに』など漫然とした表現ではなく『ホームページを自己流で頑張る人の“落とし穴”とは?』など『問いかけ』にするとよいでしょう。答えが知りたくて本文を読みたくなると思います」

あなたはやってない? Webライティングのよくある勘違い

Webライティングを行う際に、企業の担当者がよく勘違いしていることや間違いやすいことについて、永友さんは次の5つを挙げる。

【1. 一記事に多種類のキーワードを盛り込んでしまう】

「その記事はどんなキーワードで検索上位を目指していくのかをはっきりさせ、そのキーワードをうまく記事に盛り込むことはSEOの基本ですが、一つの記事には、キーワードの種類を多く盛り込むよりも、ある特定のキーワードに偏りがあったほうがSEOに強くなるといわれています」


【2. 誰も使っていないようなキーワードでSEOを頑張ってしまう】

「その意図したキーワード、つまり『ターゲットキーワード』は、今も検索需要が多いのかを確認したいですね。いまは誰も使っていないようなキーワードでSEOを頑張っても徒労に終わる可能性もあります。確認には『Googleトレンド』という無料ツールがおすすめです」


【3. 法令を甘くみる・守らない】

「法令順守を心がけましょう。他社製品等の写真を無断で使用することや、薬機法に触れるような記述は非常に多くの関係者に迷惑をかけてしまいます。肖像権、著作権、景品表示法なども注意です」


【4. 企業発信だから、書き手の思いは含めないほうが良いと思っている】

「Webはデジタル媒体ではありますが、だからこそ、書き手の『思い』が入った文章は共感を呼びやすいものです。『私も嬉しかった』『私も安心した』『私も同じ気持ちになった』など簡単で良いので、書き手の『思い』も入れるようにすると、読み手に伝わるものがあると思います」


【5. 何文字くらいが適当なのか気にしすぎる】

「企業ブログ担当者の方々などにご参加いただく私のセミナーでも、『ブログは何文字が適当なのか』という質問を多くいただきますが、『長くても短くても良い』とお答えしています。長くてもしっかり読みたい人はきちんと読んでくれますし、短くてもポイントを押さえれば検索上位に来ることも十分にあり得ます。文字数については心配しなくて良いでしょう」

◇ ◇ ◇

これからWebライティングを始めようとする人はもちろんのこと、すでに運用している人も、基本を押さえ、基本に立ち戻るために、ヒントとなる内容だ。ぜひ取り入れてみよう。

一ノ瀬 聡子

カテゴリ:スキルUP
【プロフィール】永友 一朗(ながとも・いちろう)
ホームページコンサルタント永友事務所代表。『ゼロからはじめる 売上アップのためのネット活用 「覚えること」「やること」一問一答』(翔泳社:共著)著者(全体統括)。中小企業向けのWeb・SNS活用コンサルティング、セミナー講師を務める。無理をするのではなく「効率よい」「無駄のない」ネット活用「頑張らないWeb活用」を提唱。

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 「Instagramは使えない」とあきらめる前に! やっておきたいインスタ運用の基本
  • 「量をこなす」だけじゃダメ! 文章力を上げる最善の方法/俵谷龍佑
  • まずは「読む」。社会人に必要な「文章力」を鍛えるトレーニング/けいろー
  • 仕事の8割は情報収集で決まる! 現役ライターの情報収集術とは/俵谷龍佑
  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • 社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

    社会人なら知っておきたい! 「経済学の名著」クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(前編)

  • 解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

    解けば解くほど頭がよくなるクイズ 推理力、論理力、想像力を磨こう!

  • 通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

    通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 水からゆでる野菜と、お湯からゆでる野菜の違いは?/おもしろ雑学クイズ⑯

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • 営業部に女性ひとりで孤立しています.../えりたの悩み相談⑧

  • 高学歴ニートを黙らせた古舘伊知郎の「仕事とのつき合い方」

  • ‟コミュ障”フリーターだった女性を伝説のトップセールスレディにした「3の法則」とは?

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る