スキルUP

「好きなこと」を仕事にするための「お金」との付き合い方/俵谷龍佑

「好きなことを仕事にする」ことは理想ですが、仕事にするには必ず「お金」という問題がつきまといます。フリーライターとして趣味を生かした活動も行なう俵谷龍佑 さんが、「好き」と「お金」のリアルな関係を語ります。

フリーランスでWebライターをしている俵谷龍佑です。

僕が独立したころは、「好きなことで生きていく」という言葉が流行になりました。一時期、YouTubeのキャッチコピーにもなったあの言葉です。

僕自身は比較的、好きなことを仕事にできている方ですが、やはりこの言葉は軽くとらえられ、誤解されて広まっているように思います。仕事にするには必ずお金という問題がつきまといます。

たとえ好きなことであっても、このお金とうまく付き合っていくことが重要になります。

「好きなこと」を仕事にすれば楽しいのか?

スポーツ選手、ミュージシャンが口にする「好きなことは趣味でいい、仕事にしたら嫌になった」。こんな言葉を一度はどこかで耳にしたことがあるかもしれません。

好きなことでも、大変な瞬間はたくさんあります。

例えば、海外旅行なら旅行に行くまでの準備や下調べ、ボクシングであれば、試合当日までに減量する、トレーニングするといった苦労もあります。

この苦労まで含めて好きなのか、それとも旅行している瞬間、ボクシングの試合をしている瞬間が好きなのかによって、「好きなこと」に対するとらえ方が全く変わってきます。

「好きなことをする」と「好きなことで食べる」は全く別

好きなことを仕事にするとなると、これが顕著に出ます。

もちろん、仕事であるので相手ありきでお金をもらう代わりとして、それ相応の価値を提供しないといけません。

それには、自分が納得できないことをすることもあるだろうし、また自分の感性とは違うことを要求されることもあります。

多くのスポーツ選手やミュージシャンが夢半ばで挫折してしまう原因は、まさにここにあると思っています。

好きなことを仕事にしようとすると、必ず「お客さん目線」が必要になるので、また違うプロセスが発生します。このプロセスも好きになれるか。

これは趣味の苦労もすべてひっくるめて好きになれるかということと、少し通じる部分があるのかなと思います。仕事にする苦しみも好きになれるかどうかが、好きなことをお金にできるカギなのではないでしょうか。

「収入を作る」プロセスも好きになれると強い

好きなことで食べている人の多くは、「収入を作る」プロセスを楽しんでやっています。収入を作るプロセスとは、つまり「マーケティング活動、営業活動、経理など、ビジネス活動全般」のことですね。

ここに拒否反応を示さずに、真摯に向き合って楽しめるかどうか。「自分のスキルは大したことないから」と、安売りしていては、いつまでたっても好きなことでは食べていけません。

お金をもらうことに怖がらず、逃げずに、そのプロセスを楽しむことが重要です。

好奇心を磨き、「好きなこと」を拡張させる

そもそも、好きなことはいくつあってもいいわけです。好きなことが1つだと、「それがなければ人生終わり」みたいな状況になって追い込まれるので、精神衛生上よくありません。

それよりは、好きなことが10個あった方が、1つ失敗しても「自分には向いてなかったんだな」であきらめがつきますし、また複数の「好きなこと」をつなげて、好きなことの範囲をどんどん拡張させることもできます。

例えば、料理が好きで、さらに書くことも好きだったら、料理本やレシピ本を書くことにもチャレンジできますし、将棋が好きで、さらに教えることが好きなら、将棋を教える仕事を始めることもできるといった具合に、どんどん新しい可能性を拡げていくことができます。

「お金」を深く知り、「お金」を好きになる

お金を好きになるというと、いやらしく聞こえますが、お金が嫌いな人にお金は寄り付いてきません。

どうすればお金になるのか、さまざまな「ビジネスモデル」を知り、お金を好きになる努力も、好きなことを仕事にする上では非常に重要です。

好きなことに没頭することは楽しいですが、それだとなかなか食べていくのに時間と労力がかかります。お金になりそうなヒントを見つけ、それに好きなことを結びつけていく方が得策です。

◇ ◇ ◇

「好きなことを仕事にする」というと、ポジティブで楽しいイメージですが、実際はなんら普通に仕事をするのと変わらないプロセスを辿ります。

あまり 期待しすぎずに、「好きなことでも辛いことくらいある」と冷めた感じで構えているくらいがちょうどよいかな、と個人的には思います。

俵谷 龍佑

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】俵谷 龍佑(たわらや・りゅうすけ)
Webライター、ブロガー、音楽イベンター、ボーカリストなど様々な顔を持つ。「遊びが仕事に。仕事を遊びに。」を信念に、1箇所に囚われず、地方都市や様々な場所で仕事をする神出鬼没なノマドワーカー。働き方、自身のADD(注意欠陥障害)改善の記録、仕事効率化、ITをテーマとしたブログ「おれじなる」を運営。

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 有名人の成功談に潜む「生存者バイアス」という罠/俵谷龍佑
  • “フリーランス”という働き方をおすすめしない5つの理由/俵谷龍佑
  • ブーム到来!? 家を持たない生き方「アドレスホッパー」とは/俵谷龍佑
  • AIは人の仕事を奪わない。労働という概念を変えるだけだ/俵谷龍佑
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「死ねよ」よりキツい「信頼してたのに」…どう応える?/新人営業女子・えりた(5)

  • 社内メールの「お疲れ様です」は不要! 1行目から用件を書く/時短術大全

  • ハサミの切れ味を復活させる5つの方法! そもそも切れなくなる原因は?/毎日雑学

  • 台風もキラキラネームの時代に突入!? 実は面白い「台風の名前」

  • コワモテのお客様に「死ねよ」と言われ、無言で逃げた日/新人営業女子・えりた(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る