スキルUP

最高250万円だった月商が、わずか10万円に。どうする、僕?/タロログ

これまでうまくいっていたことが、ある日突然うまくいかなくなる。そんなときに私たちがどうするべきかを教えてくれるのが、ベストセラー『チーズはどこへ消えた?』。ブロガーのタロログさんが紹介します。

今回ご紹介するのは、スペンサー・ジョンソン著『チーズはどこへ消えた?』(門田美鈴訳/扶桑社)。

日本では2000年に発売された本なのですが、発売から19年経った今でも愛されるロングセラー本です。

これほど長く愛される本というのは、デール・カーネギーの『人を動かす』やナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』などの有名作しか思い浮かばないので、読むのがとても楽しみでした。

「チーズ」がなくなった時に我々はどうすべきなのか?

本書は2匹のネズミ「スニッフ」と「スカリー」、ネズミと同じぐらいの大きさの小人の「ヘム」と「ホー」が迷路の中でチーズを探す話です。

単に、フィクションや小説のようなお話というわけではなく、チーズも迷路も、我々の人生にとって重要なものを例えています。

”このチーズは、私たちが人生で求めるもの、つまり、仕事、家族や恋人、お金、大きな家、自由、健康、人に認められること、心の平安、さらにはジョギングやゴルフでもいいのだが、そういうものを象徴している。”(P.6)

要は、成功であったり、人生の目標であったり、自分が求めているもののことを、チーズに例えているわけです。

そして、

”本書の迷路とは、チーズを追い求める場所を表しており、会社や地域格差社会かもしれないし、家庭かもしれない。”(P.6)

と書かれています。つまり本書では、我々が様々生活(迷路)の中で手にしたいもの(チーズ)を模索している状態を例えているんですね。

そして、2匹のネズミと2人の小人は毎日迷路でチーズを探して生活しているのですが、ある日大量のチーズを発見することから、この物語がはじまります。

はじめのうちは、見つけたチーズを食べるだけの幸せな日々を送っていた2人ですが、当然のごとくこのチーズというのは有限で徐々に減っていき、ある日なくなってしまいます。

そしてチーズがなくなってから、2匹のネズミと2人の小人は新しいチーズをどうやって手に入れるべきかを考えます。

ネズミである「スニッフ」と「スカリー」はもともとあまり知能がないため、チーズがなくなるとすぐに新しいチーズを探しに出かけます。

”ネズミたちは事態を詳しく分析したりはしなかった。
彼らにとっては、問題も答えもはっきりしていた。チーズ・ステーションCの状況が変わったのだ。だから自分たちも変わることにした。”(p.26)

そして新しいチーズを見つける旅に出ます。

”しばらくは何もみつけられなかったが、やがてこれまでいったことのなかったエリアに、入っていった。チーズ・ステーションNである。
二匹は歓声をあげた。探していたものをみつけたのだ。大量の新しいチーズを。”(P.33)

一方の小人の「ヘム」と「ホー」は、なくなったチーズを目にし、慌てふためきます。

”二人には青天の霹靂だった。
「なんてことだ!チーズがないじゃないか」ヘムは叫んだ。「チーズがないじゃないか。チーズがないぞ」そう言えばチーズが戻ってくるとでも思っているのか、大声でわめいた。「チーズはどこに消えた?」彼は声をあげた。”(P.27)

しかし、新しいチーズを探すことはしません。

“二人は毎日、相変わらず同じことをしつづけた。チーズステーションCに行き、チーズをみつけられないまま、不安と失望を抱えて家に帰った。”(P.35)

皆さんも経験があるかもしれませんが、人生というものは自分を取り巻く環境が大きく変化することがあります。

それも一度や二度ではなく、何度も。

例えば、理不尽にプロジェクトの責任を取らされたり、取引先に仕事を切られたり、転勤を命じられたり。学生でも、心地よかった部活やクラスメイトとの別れなどがあるかもしれません。

そうなった時に、私たちは「スニッフ」と「スカリー」のように新しい道を探すことができるでしょうか?

おそらくですが、できないと思います。

僕はできませんでした。僕は23の時に会社を逃げるようにやめて、貯金10万円の状態からスタートしました。

そしてブログやアフィリエイトが成功し、3年で年商2000万を超えたのですが、直近1年間はネットビジネス(主にSEO)を取り巻く状況が大きく変わり、最高250万円あった月の売り上げが、10万円程度まで下がってしまいました。

何故そこまで大きく売り上げが下がったかというと、何もしなかったから。

いや、厳密に言うと、してはいました、いままでとまったく同じことを。

しなかったのは「自分自身が変わる」という「変化」です。

「昔はこの方法でうまくいったから」「俺にはコレしかない」という、うすーい過去の栄光を忘れられず、変化をせずにずっと同じことをやっていました。

まさに「チーズはどこに消えた!?」と慌てるのに何もしない、二人の小人「ヘム」と「ホー」と同じです。


ジリジリと下がっていく売り上げと減っていく残高を前に、何もできなかったわけです。

挑戦を恐れず生きていこう

結局僕は新しいチーズを探すことを決め、挑戦を続けていますが、それで新しいチーズが見つかるかどうかはわかりません。

もしかしたら、一生新しいチーズは見つからないかもしれないし、挑戦はしないほうがよかったかもしれません。

しかし、間違いなく言えるのは、よりジリ貧になって体力も気力も経済力もなくなった10年後に新しいことを始めるより、今挑戦をするほうが絶対に成功率が高いでしょう。

ですがどちらにしろ、いま答えがわからないのであれば、常に挑戦をする自分でありたいと思っています。

本書は難しい話は一切なく(洋書を翻訳した本ならではの、癖がある表現は多いですが)、ボリュームも少なくてとても読みやすい本です。

これから理不尽なこと、新しい変化が起こりやすいであろう若い世代に、ぜひ読んでほしい一冊です。

タロログ

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】タロウ
実は零細会社の社長。最近は底辺YouTuberとして積極的に底辺コンテンツを生み出している。漫画は年間100冊ぐらい読むが、ビジネス書は年間10冊ぐらいしか読まないので、ビジネス書をちゃんとレビューできるか不安。暖かい目で見守ってください。
■Blog:タロログ
■YouTube:タロチャンネル

【書籍紹介】『チーズはどこへ消えた?』(扶桑社)

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 奇跡の復活! 与沢翼「たった一つの結果のために、魂を売る」/タロログ
  • 格闘家が伝授! 行動と成果を最大化する超実践的メソッド/タロログ
  • 話題のビジネスモデル、あなたはどれぐらい知ってる?/タロログ
  • 米名門大学がガチ調査! 人はマインド次第で成功できるか?/タロログ
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「死ねよ」よりキツい「信頼してたのに」…どう応える?/新人営業女子・えりた(5)

  • 社内メールの「お疲れ様です」は不要! 1行目から用件を書く/時短術大全

  • ハサミの切れ味を復活させる5つの方法! そもそも切れなくなる原因は?/毎日雑学

  • 台風もキラキラネームの時代に突入!? 実は面白い「台風の名前」

  • コワモテのお客様に「死ねよ」と言われ、無言で逃げた日/新人営業女子・えりた(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る