スキルUP

社内副業の導入でイノベーション思考は生まれるか?/俵谷龍佑

副業解禁、社内副業の導入をすすめる企業が増えるなか、重要なポイントはどこにあるのでしょうか。フリーライターの俵谷龍佑さんが、副業解禁をめぐるトピックをまとめてご紹介します。

2018年4月に丸紅が「社内副業の義務化」を発表し、話題となりました。

いまや多くの企業が副業解禁の流れに与しており、副業解禁、社内副業の導入をすすめる大手企業も多くなりました。

そこで今回は、「社内副業を導入することで、イノベーション思考は生まれるか?」をテーマに私の考えをご紹介していきます。

丸紅が「社内副業」の義務化を発表、賛否が集まる

2018年4月から、勤務時間の15%を新規事業の創出に充てる「社内副業」の義務化を発表しました。国内で勤務する社員を対象に行なった施策です。

これは各部門間を横断して、それぞれの交流を活発にさせるのが目的だったそうですが、副業を義務化するという部分に関して「逆効果なのでは」「大胆な取り組み」など賛否の声が集まりました。

丸紅の「社内副業」の真意は?

果たして、この丸紅の社内副業の真意はどこにあるのでしょうか?

丸紅の人事部長を務める鹿島浩二氏とデジタル・イノベーション部の上杉理夫氏によれば、15%を本事業以外に充てるという柔軟な取り組みであり、あくまで社内副業の義務化はしてはいないとのこと。正式名称は「15%ルール」と言われています。
(参考:「賛否両論の丸紅「社内副業」義務化 人事部長に真意を聞いてみた」#SHIFT)

また、勤務時間の15%の使い道は強制していないため、サボる社員に対しての罰則も特にありません。申請や上司の承認も不要、自由に新規事業など他のことに取り組む時間に充てることができます。

他社で社内副業が実施された事例

丸紅以外でも、社内副業を実施している企業がいくつかあります。大手企業の事例を3つご紹介します。

【Google】

社内複業の取り組みで最も有名な事例です。2009年頃には「20%ルール」と呼ばれる本業務以外に時間を使える社内ルールが制定され、日本でもこれにならって多くの企業がこぞって導入しました。「20%ルール」によって提案されたアイデアはデータベース管理され、その数は1万以上と言われています。


【DeNA】

DeNAのヒューマンリソース本部では、社員が情熱をもって仕事に取り組むことを応援する「フルスイング」という人事プロジェクトがあります。その中には、「クロスジョブ制度」「副業制度」があります。このうち、クロスジョブ制度は業務時間の最大30%まで自部署以外の仕事を兼務でき、社内副業に近い制度になっています。


【パナソニック】
パナソニックでは働き方改革の一環として、「社外留職」と「社内複業」という2つの取り組みを実施しています。「社外留職」は会社が定めた期間に、海外や他の会社で働くことが許可される制度です。「社内複業」は、自分の所属部門にいながら、新しい別部署の業務を経験し、能力やスキルの幅を拡げ、自己成長の機会を増やす取り組みです。

「管理」しない経営がイノベーションを生む?

今では、多くの企業が社内(社外)副業解禁の流れに進んでいます。

しかし、社員に安易に副業をさせたり、ルールで厳格に縛ることは、かえって逆効果となります。制度設計にはどのようなポイントが大切になるのか、以下にまとめてみました。

【申請フローの単純化】

社内複業や社外での複業を認める場合、申請フローはできるだけシンプルに。複雑すぎると、未申請で隠れて複業する社員続出し、制度の形骸化につながります。複業の目的は社員のスキルアップやイノベーション思考を養うためなので、実践してもらうにはハードルを下げることが重要です。


【ガイドラインの作成】

ざっくりでも良いのでガイドラインを作成しましょう。どのような複業は許可するのか、また社内複業の場合は、労働時間の何%まで充てて良いのかなど、基準を明確に。厚生労働省から公布されている「複業・兼業の促進に関するガイドライン」といった資料も参考になります。


【行動を管理しすぎない】

複業の導入において大切なポイントが「風通しをよくする」ということです。上司や部下といった垣根を超えてフラットに意見を出し合える関係を、制度や仕組みによっていかに作り出せるかがカギです。そのためには、行動に制約をかけず、あえて「管理」しないことも大切です。

会社がチャレンジングな風土を醸成するために

多くの企業では、時代の変化に対応できるイノベーティブな社員の育成や採用という課題に直面していることが多いです。その解決策として、複業制度の導入は非常に有効な方法の一つといえます。

ルールで抑制し管理するのではなく、あえて自由なチャレンジングな風土を醸成することが、今後大切になるでしょう。


俵谷 龍佑

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】俵谷 龍佑(たわらや・りゅうすけ)
Webライター、ブロガー、音楽イベンター、ボーカリストなど様々な顔を持つ。「遊びが仕事に。仕事を遊びに。」を信念に、1箇所に囚われず、地方都市や様々な場所で仕事をする神出鬼没なノマドワーカー。働き方、自身のADD(注意欠陥障害)改善の記録、仕事効率化、ITをテーマとしたブログ「おれじなる」を運営。

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 「量をこなす」だけじゃダメ! 文章力を上げる最善の方法/俵谷龍佑
  • 早寝早起きすると、「お酒代」が節約できるってホント?/俵谷龍佑
  • 旅先で働く「ワーケーション」とは? メリットとデメリット/俵谷龍佑
  • ワーケーションってどうなの? 経験者が語るリアルな実態/俵谷龍佑
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 病院は常に感染症との戦い! 帰宅後ナースが廊下で眠る理由とは?/かげ看(5)

  • ルパン三世驚きの公式設定。次元や五ェ門にも素顔を見せない、実は子持ち!/毎日雑学

  • イヤでも上手くなる採血、新人ナースの練習台は○○の腕!/かげ看(4)

  • 鎮静剤に撃沈! 患者目線を目指す看護師の「効きすぎた」ハナシ/かげ看(1)

  • 将来の目的が定まらない。今何をすべき?/今日の名言(2)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る