スキルUP

キャッシュレスは日本社会に受け入れられるのか? その理想と現実/藤沢篤

複数の企業が覇権を競う「キャッシュレス」サービスの業界。これだけ多くのサービスが乱立する割に、諸外国と比べて日本に根付かない原因はどこにあるのでしょうか。キャッシュレスに詳しいブロガーの藤沢篤さんが解説します。

数えきれないほどのキャッシュレス・電子決済サービスが乱立している2019年。

そこに名を連ねるのは有名企業ばかりですが、実際、大企業たちが必死になるほど「キャッシュレス」は大事なことなんでしょうか?

キャッシュレスの理想と現実について考えてみたいと思います。

キャッシュレスサービスは次の「フロンティア」

みなさんの多くが、スマホに「LINE」のアプリが入っていると思います。

では、LINEと似たようなメッセンジャーアプリをご存知でしょうか?

「フェイスブックメッセンジャー」「スカイプ」「カカオトーク」「バイバー」などがあります。それらのメッセンジャーアプリは、LINEほどの市民権を得ることはできませんでした。

いまや、個人間でのやりとりはその多くがLINEで行われます。

そしてLINEが提供しているのは、メッセンジャーアプリだけでしょうか?

LINEアプリをくまなく探すと、「LINEマンガ」「LINEショッピング」「LINEバイト」「LINEチケット」などなど、数えきれないほどのサービスをLINEユーザーに提供しています。

LINE利用者を、自社の他サービスにも誘導する強力な導線を、LINEは持っているのです。アカウント登録の手間を大幅に減らせるなどのメリットがあるため、ユーザも積極的に利用します。

さて、話をキャッシュレスに戻します。

いまは複数の企業が混戦状態のキャッシュレスアプリですが、数年後に「日本人のほとんどが使用しているキャッシュレスアプリ」が生まれたとしましょう。

そのアプリ内には「クーポン」「チケット」「ポイント」「借り入れ」など、お金にまつわるあらゆるサービスが組み込まれるでしょう。

「日本を代表するキャッシュレスアプリ」となったアプリは、まさに次の時代のLINEとなり、多くのアクティブなユーザを取り込めます。

だからこそ、キャッシュレスアプリはこれほど過熱しているのです。

キャッシュレスが実現させたい未来とは

ここまでは理想論でしたが、現実はどうでしょう。

キャッシュレスアプリは、言うまでもなく「現金より便利」でなければいけません。

しかし現在は「Aの店ではPayPayが使える。Bの店ではLINE Payのクーポン、Cの店ではメルペイで割引……」という、カオスな状態です。

ひとつひとつのアプリに、銀行経由で入金する必要もあります。

店ごとに使用するアプリを変えたり、アプリごとのクーポンやキャンペーンや、その期日まで確認しながらお買い物をする。

これは、キャッシュレスが実現させたい未来ではありません。

キャッシュレスが実現させたい未来は、「スマホ一台あればサイフを持たなくてもよい」未来です。

そうなってくると、皮肉なことに最強のキャッシュレスアプリは「Suica」ですが、のんびり構えているJRを、LINEやメルカリなどイケイケな他社が、放っておくとは到底思えません。

これから数年はこのようなキャッシュレスアプリ戦国時代が続き、一社に落ち着くか、数社になるか、カオスのままなのか、楽しみなところです。

「現金主義」で普及が遅れる日本

このように、キャッシュレスアプリを巡る戦いが日夜行われていますが、肝心のユーザはというと「キャッシュレスなんて、物好きのすること」と言わんばかりに浸透速度は遅いようです。

代表的な例では、2019年5月にLINE Payが実施した「300億円バラマキキャンペーン」。

LINEの送金機能を使って、誰にでも1000円をプレゼントできる(送る側の残高は減らない)というキャンペーンでした。

キャッシュレスアプリ市場をとりたいLINEとしては、大きな賭けのキャンペーンでした。

しかしこのキャンペーンについて、SNSなどで見られた反応は違いました。

送金を受け取ったユーザーは「怪しい」「詐欺なんじゃないか」などのように疑う声から「私はあなたにお金をめぐんでもらうほど落ちぶれていません」のように、キャンペーン趣旨を理解できていないものまで様々。

キャッシュレスアプリがスムーズに社会に浸透するには、まだまだ時間がかかりそうです。

実際に複数のキャッシュレスアプリを使ってみると、ジャラジャラと小銭を持ち運ぶ必要がないこと、レジで小銭を数えたり受け取ったりする必要がないこと、残金が一目でわかることなど、いいことづくしです。

キャッシュレスが浸透することで、紙幣、硬貨そのものの製造コストを抑えることができますし、他にも現金の輸送コスト、ATMの設置維持コストなど、様々なコストがカットできます。

メリットの多いキャッシュレスですが、多くの人々はそのようなメリットには目を向けず「めんどくさい」「現金主義」と目を背けています。

この国は「現金主義」と共に他の先進国から取り残され、沈んでいる最中なのかもしれません。

藤沢 篤

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】藤沢 篤(ふじさわ・あつし)
プロブロガー・アフィリエイター・作家。ブログからの収益で生活する「プロブロガー」になって5年目。IT分野、英語関連、旅、働き方、恋愛、ダイエットなど様々な分野の記事を執筆する。ブログと並行して複数のアフィリエイトサイトを運営し、マルチな収入源を持つ。
2016年には電子書籍分野にも参入し、その著作は15冊を超えている。フリーランスとして独立したい人をサポートする講座「田舎フリーランス養成講座」の講師を勤める。また、半年の海外バックパッカー旅を複数回行い、マニラとセブ、それぞれの語学学校への留学経験がある。
■Blog:ふじさわブログ

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • クラウドソーシングだけで生計を立てられるの?/藤沢篤
  • “ペイ”がありすぎて選べない! 規格乱立のQRコード決済に未来はあるか/黒坂岳央
  • 「仮想通貨」と「電子マネー」の違い、説明できる? ポイントは「暗号化」/みらいのお金①
  • iPhoneでSuica決済&チャージ! スマホをかざして颯爽と改札を通過する方法
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 遠回しすぎて伝わらない「嫌味」選手権がネットで盛り上がる

  • CDの「音楽用」と「データ用」、実はどっちでも使えるって本当?/毎日雑学

  • 9月23日から仕事運がUPするのはどの星座? 9/23〜9/29の12星座占い

  • 「クッキー」と「ビスケット」って何が違うの?/違いがわかる雑学クイズ(14)

  • 日本の祭りが存続の危機!? 観客の「マナー違反」が壊すもの

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る