スキルUP

横並び主義の日本の教育には「飛び級」の採用が必要だ/川尻秀道

諸外国では認められている「飛び級」制度が日本で見られないのは、「横並び主義」が影響しています。今後、優秀な人材にあわせた教育制度を提供していく必要性について、「MBA Lounge」を運営する川尻秀道さんが解説します。

日本の教育制度では、年齢に関係なく「飛び級」で進学するケースはほとんどありませんが、他の先進国は一般的に導入されています。

では、日本も諸外国と同じように、飛び級制度を積極的に採用するべきなのでしょうか?

私の意見としては、日本はもっと積極的に飛び級制度を採用していくべきだと思います。

日本の教育の特徴とは

私は高校から大学院までで、日本、アメリカ、オーストラリアの教育を受けてきました。

私の経験からざっくり言ってしまえば、日本の教育ではクラスで一番できない生徒に合わせて授業が進みます。

落ちこぼれを出さずにクラス全員で学年相応の一定水準をクリアしましょう、というスタンスです。

一方で、欧米では一番できる生徒に合わせて授業が進みます。年齢に関係なくできる生徒はどんどん伸ばそう、というスタンスです。

優秀過ぎる生徒も落ちこぼれも出さず、生徒に年齢相応の結果を求めているのが日本の教育現場です。

しかしながら、同じ年齢の生徒は同じレベルの教育を受けなければならない理由はどこにあるのでしょうか?

突出した生徒を押さえつけ他の生徒のレベルに合わせることが、将来の日本にどんなメリットがあるのでしょうか?

日本の悪しき「年齢主義」とは

教育社会学者の舞田敏彦氏は、「飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義」の記事内で、13~15歳の生徒を対象にした興味深い内閣府発表の調査結果を紹介しています。

これは在籍学校の内訳を国別に比較調査したもので、調査結果によると15歳で大学に進学している日本の生徒はほぼ0%であることが分かります。

“(13~15歳の生徒の中で)日本ではほぼ100%が中学か高校だが、韓国では7.8%(13人に1人)、アメリカでは4.1%(24人に1人)が大学か大学院に籍を置いている。優れた才能を持つ者は、年齢に関係なく大学に入れる「飛び級」の制度が普及している。”
(出典:「飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義」/ニューズウィーク日本版)

また、同記事によると日本は「年齢主義」であって落ちこぼれに対する配慮があることが分かります。

一方、諸外国では全く考え方が逆の「課程主義」です。

“日本では、義務教育段階で落第させるのは「可哀想」という思いが強くあり、年齢を重ねたら自動的に進級させる「年齢主義」が採られている。一方で、フランスなどの諸外国では、課程の内容を習得しないまま進級させることこそ「可哀想」とみなされる(課程主義)。”
(出典:「飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義」/ニューズウィーク日本版)

日本の飛び級制度の現状

文部科学省のホームページによれば、日本にも一応飛び級制度があるようです。

しかし、大学への飛び級は高校に2年以上在籍が必要だったりと一定の制限があり、アメリカや韓国のように15歳以下で大学に進学することは制度上不可能です。

“大学への飛び入学であれば、高等学校に2年以上在学した者(またはこれに準ずる者)で、大学が定める分野で特に優れた資質を有する者が、大学院への飛び入学であれば、大学に3年以上在学した者(またはこれに準ずる者)で、大学院が定める単位を優秀な成績で修得した者が飛び入学することができます。”
(出典:飛び入学について/文部科学省)

日本はあくまでも優秀な人も落ちこぼれも出さず、みんな平等にしましょう、という意識がとても強いように思います。

ビジネスの世界も一緒です。

日本の役員報酬は諸外国に比べて大変低く、優秀な人もそうでない人もとにかく一定の水準内に収めようとする風潮があるように感じます。

これにより貧富の格差が諸外国に比べて少なく制御できているのですが、優秀な人がより良い生活や報酬を求めてどんどん海外へ流出してしまいます。

「結果」を平等にする日本

どういうわけか日本という国は「結果」をみんな平等にしようとします。日本では出る釘は打たれるのです。

将来の日本のためには、優秀な人材を数多く輩出していかなければなりません。

そのためには、優秀な人材に魅力的な教育制度を提供し、その一つとして飛び級制度ももっと柔軟にしていくべきです。

突出した才能は、よりその才能を伸ばすための教育改革が必須だと思います。


川尻 秀道

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】川尻 秀道(かわじり・ひでみち)
アメリカの大学教養学部卒業後、ワーキングホリデーで1年間オーストラリアを放浪。帰国後、日系メーカーで資材調達、国際貿易業務に携わる。その後、クイーンズランド工科大学(オーストラリア)へMBA留学。MBA取得後、台湾最大手のシステム家具メーカー「Order歐德傢俱集團」にプロジェクトマネージャーとして招かれ、台湾企業のための日本進出支援、国際マーケティング、国際見本市企画などの業務を経験。2010年からサントリーに入社し、主に北米、南米市場を中心に青いバラ、青いカーネーションの国際マーケティングに従事。
現在は、ラウンジグループ株式会社代表取締役兼CEOとしてMBA・大学院留学支援サイト「MBA Lounge」や留学準備とビジネスの会員制コミュニティ「U29 Lounge」、MBAメソッドを導入した起業スクール「MBA起業アカデミー」などの事業を展開。

※参考リンク
飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義(ニューズウィーク日本版)
飛び入学について(文部科学省)

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • ダライ・ラマ14世は優秀な経営者!?【MBAケーススタディ】/川尻秀道
  • MBAランキングはどのように決められているのか?/川尻秀道
  • 日本の大学の教育力は本当に低下しているのか?/川尻秀道
  • 本当に大丈夫?「小学校からの英語教育義務化」に潜む落とし穴とは/川尻秀道
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 日本の満員電車、海外で約100万件の“いいね”を獲得してしまう

  • 誰が悪いの? ものわかりの「良い」女はわかりやすく損し続ける/喜ぶと思うなよ(5)

  • この世から「苦手な人」がいなくなる、たった3つのルール

  • 忘れると違和感がスゴイ! ずっとマスクの理由とは?/ほむら先生はたぶんモテない(14)

  • 12月16日から仕事運がUPするのはどの星座? 12/16〜12/22の12星座占い

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る