スキルUP

虎の威を借る“トップの右腕”梶原景時の失態/世渡りの日本史(4)

彼らは誰を謀ったのか、何に謀られたのか……? 東大教授にして史料編纂のプロ・本郷和人氏の著書『世渡りの日本史 苛烈なビジネスシーンでこそ役立つ「生き残り」戦略』より、日本史の闇に隠れた“権謀の歴史”からビジネスのヒントを読み解きます(第4回)。

【前回のあらすじ】
頼朝の死後、頼朝の跡取りである頼家が二代将軍となりました。頼家は育ての親が乳母である比企家の娘二人のため、どう考えても比企家の影響下にある人間です。北条時政(ほうじょうときまさ)・義時(よしとき)父子は頼家の発言力を削ぐため、鎌倉幕府の有力メンバー13人に実質的な力を与え「十三人の合議制」を取り入れます。頼家を排除するため、次に時政が策略した陰謀とは……。

「トップの右腕」潰しの絵を描いた時政

そこで、「いざ、陰謀!」です。

大目的は、なんといっても頼家の排除。まず邪魔なのは、梶原景時です。

比叡山ナンバー1の僧侶・慈円という人が『愚管抄(ぐかんしょう)』という歴史書を書いているのですが、その中で梶原景時は頼家の第一の郎党であると書いています。京都から見ても、第一の腹心の部下であるとみなされていたのです。

頼朝の死後、景時は頼家に仕えるのですが、頼朝がいなくなった今となっては、立場が不安定なところもある。そこを時政・義時親子は突くのです。

頼朝に可愛がられた若手の武将に結城朝光という人がいました。この人は、頼朝と男色関係にあったんじゃないかとか、頼朝の隠し子だったんじゃないかという噂があるくらい、とにかく可愛がられた人。この朝光が、あるときグチを言いました。

「あーあ、頼朝様が亡くなって、夢も希望もないや。『忠臣は二君に仕えず』という言葉があるけど、オレも頼朝様が亡くなったときに、坊主にでもなっておけばよかったな」

数日後、阿波局という身分の高い女性が、朝光に耳打ちをしました。

「あなた、危ないわよ。『忠臣は二君に仕えず』とかいうグチを、梶原さんが頼家将軍に告げ口したのよ。そしたら将軍様が『何!? 俺は主人として仕えるに値しないというのか! 朝光の野郎、ぶっ殺してやる!』って怒ってるから、あなた殺されるかもしれないわよ」

な、な、何!? ただちょっとグチっただけなのに、殺されるのかよ! と驚いたのが朝光。すると、矛先は景時に。

「そうだ、景時が悪いんだ。そもそもアイツは讒言(ざんげん)ってのが通り相場になっていて、源義経様も梶原の讒言で失脚したっていう噂があるくらいだからな。景時に恨みを持つヤツはたくさんいるはず。よし! 景時の弾劾状を作ろう!」

と思い立ちます。そんなこんなで朝光が弾劾状を作ったら、オレもオレもと景時に恨みのある人間たちがわらわらと集まってきて66人もの有力武士による「景時を排斥せよ」という弾劾状ができてしまったのです。そして、それを頼家につきつけたのです。

今の時代の会社でもそうですが、「社長の右腕」「番頭さん」といった形で権力を振るっていた人は、代替わりがあると、急に立場が弱くなるものです。

この時の景時がまさにそうです。トップの威光を使ってわが世の春を謳歌するのもいいですが、「盛者必衰の理」を忘れてはいけないのです。

ここまでになれば、さすがの景時も気づきます。

「なんだよ、みんなでよってたかって。オレってこんな目で見られてたのかよ。さすがにどうにもならないな……」

景時一行は逃げるように鎌倉を出て京都に向かいます。その途中、駿河国についたあたりで、武士たちが景時を待ち構えていました。その筆頭が吉川という武士です。

「お前、どこに行くんだ?」と吉川。

「え、ああ、京都だよ」

「なんだよ、京都に行かなくちゃいけないような後ろ暗いところがあるのかよ」

と吉川が言ったか言わないかは定かではありませんが、結局武力衝突になり、景時一行は皆殺し。吉川も戦死しました。

景時が死んだことで、景時が持っていた財産をみんなで分配します。「あいつ、けっこう貯め込んでやがったな」と。

その中でもっとも重要な財産が、播磨国の守護のポジション。守護というのは、幕府から任命される役職で、その国の武士のリーダーであるということですね。

当時の国というのは、大、上、中、下と4ランクにわかれていました。このランクも時代によって変わっていくわけですが、播磨国は最上ランクの大国。播磨は朝廷のある京都に近くて海もある、土地も広いので、全66カ国の中でいちばんいいと言われていました。

景時は、この播磨国を持っていた。これはみんなが欲しがった役職です。景時はずいぶん有力な武士だったということがわかりますね。

景時亡きあと、この役職を手に入れたのが、小山朝政という武士。この朝政の弟が、じつは結城朝光。朝光は、景時の弾劾状の口火を切った人物。無事に景時を排斥できたことで、「朝光クンの働きのおかげだよ、いい弟さんを持ったね」ってことで、朝政は守護の任をもらえた。まあ、この人は言ってみれば助演男優賞クラス。

じゃあ、主演男優賞は誰か。これが北条時政です。

なぜかというと、朝光に、景時が頼家に讒言したと耳打ちした阿波局は、時政の娘なのです。その上、阿波局は頼家の弟・実朝の乳母でもある。頼朝の長男である頼家は比企家にとられたけれど、弟の実朝はなんとしてでも北条家でと、乳母につけたのが阿波局。だから、主演男優賞は文句なしに時政です。阿波局は助演女優賞くらいでしょうか。

もう一つ大事なことがあります。景時が京都に逃げる途中、駿河国で吉川を筆頭にした武士たちと衝突したと説明しました。たまたま武士がそこに集まっていたってことになっていますが、そんな都合よく集まるはずはありません。じゃあ、誰が指示したのか。

じつは、駿河国の守護は時政なのです。そう考えると、すべての絵を描いたのは時政ということになるわけです。時政は、陰謀を企む時点で、全体像をイメージしているように思います。陰謀を動かすのは人間です。時政は、それぞれの人の特性と、その人たちの関係性をよく知っていたのではないかと思います。

人を動かすリーダーは、関係性と全体像を把握する力が必要なのです。

このころから時政はリーダーとしての資質が顕著になってきます。

といっても、時政のようなリーダーは反面教師としたいものですが。

◇ ◇ ◇

いかなるときも相手につけ入る隙は与えない。無礼講でも愚痴は禁物!

本郷 和人

カテゴリ:スキルUP
【著者紹介】本郷 和人(ほんごう・かずと)
東京大学史料編纂所教授、博士(文学)。1960年、東京都生まれ。東京大学・同大学院で日本中世史を学ぶ。専攻は中世政治史と古文書学。著書に『戦国武将の明暗』(新潮社)、『日本史のツボ』(文藝春秋)、『東大教授がおしえるやばい日本史』(ダイヤモンド社)など多数。

【書籍紹介】『世渡りの日本史 苛烈なビジネスシーンでこそ役立つ「生き残り」戦略』(KADOKAWA)

あなたへのオススメ記事

  • 徹底的なライバル排除で「いざ!」のタイミングをモノにした北条氏/世渡りの日本史(5)
  • トップ交代こそ好機! 権力奪取は古株を味方に/世渡りの日本史(3)
  • 先読み力でリターンGET! 頼朝の乳母の先行投資術/世渡りの日本史(2)
  • 後ろ盾選びで未来が決まる!頼朝に学ぶ陰謀術/世渡りの日本史(1)
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「死ねよ」よりキツい「信頼してたのに」…どう応える?/新人営業女子・えりた(5)

  • 社内メールの「お疲れ様です」は不要! 1行目から用件を書く/時短術大全

  • ハサミの切れ味を復活させる5つの方法! そもそも切れなくなる原因は?/毎日雑学

  • 台風もキラキラネームの時代に突入!? 実は面白い「台風の名前」

  • コワモテのお客様に「死ねよ」と言われ、無言で逃げた日/新人営業女子・えりた(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る