スキルUP

最高を望み最悪に備えよ! 口約束を信じて滅した義朝の教訓/世渡りの日本史(8)

彼らは誰を謀ったのか、何に謀られたのか……? 東大教授にして史料編纂のプロ・本郷和人氏の著書「世渡りの日本史 苛烈なビジネスシーンでこそ役立つ「生き残り」戦略」より、日本史の闇に隠れた“権謀の歴史”からビジネスのヒントを読み解きます(第8回)。

【前回のあらすじ】
地位も名誉も将来も安泰となった北条時政。「欲」が出た時政は、娘の政子よりも若い、牧の方という娘を嫁にします。牧の方に入れ込んでいる時政は、牧の方が生んだ男の子、政範を自分に後継者にしようと考えはじめますが、政範は病気で亡くなってしまいます。そこで、時政は娘婿にあたる平賀朝雅(ひらがともまさ)に目をつけたのでした。

武蔵国欲しさに後継者を決める

平賀朝雅は、平賀義信と、時政が抹殺した比企家の比企尼(頼朝の乳母)の三女との間にできた子です。平賀という家は、信濃源氏の一族で、もともと源氏。ここで、時政がなぜ平賀朝雅に目をつけたのか、その背景を説明しておきましょう。

時を戻して、「平治の乱」(1159年)。平治の乱で負けた頼朝の父親・義朝は、頼朝たちをつれて関東で再起をはかるべく、京都から逃げ出しました。

その過程で、義朝一行は義朝と義朝の乳兄弟である鎌田政清、金王丸(東京・渋谷にある金王八幡宮の金王丸)、そして朝雅の父親である平賀義信となります。この4人で逃げているとき、鎌田政清が「ぼくの舅が尾張にいるので、そこで一休みしましょう」と提案します。尾張のうち、知多半島のあたり。ここに、鎌田の舅である長田忠致がいました。

「どうぞどうぞ、お風呂でも」と勧められて、義朝は長田の家でお風呂に入ります。逃亡の真っ最中ですし、第一の家来の親戚という気安さもあったのでしょう。無防備にお風呂に入った義朝は、褒美欲しさに裏切った長田の手によって殺されてしまいます。

「最高を夢見て最悪に備える」という言葉がありますが、ビジネスにおいては常に「最悪」に備えることが重要。どんなに信頼できる人でも、口約束をそのままにしておくのはNGです。「次も御社に頼むよ」と言われたからといって、正式受注だと思う人はいないでしょう。書面などの証拠を持っておかないと、いざとなったときに困るのは自分です。

最悪に備えることができなかった義朝。義朝と政清の惨殺騒ぎに気づいた金王丸と平賀義信は、必死になって逃げます。義信は自分の領地である軽井沢あたりに逃げるのですが、そこで20年を過ごし、頼朝が鎌倉で活躍し始めると、鎌倉に馳せ参じます。

頼朝からすれば、義信は、父親と最後まで一緒にいてくれた人で、共に戦ってくれた人ということになる。しかも、平賀はもともと源氏です。だから、源氏の一番高い地位に平賀をつけたのです。

じつは、地位で言えば、後に幕府を開いた足利よりも平賀のほうが上です。もし、平賀家が後々まで残っていたら、「平賀幕府」ができたかも、というくらいの名門なんです。

そして平賀義信は武蔵国、今の東京、埼玉、神奈川の一部くらいの土地に影響力を行使していました。広大な土地であり、かつ鎌倉幕府にとってはお膝元の土地。鎌倉は相模国なのですが、相模と接する武蔵を誰が押さえるかというのは重要な課題です。

その「武蔵守」の地位に、最初についたのが平賀義信なのです。だから、武蔵国が欲しい時政は、義信亡き後、武蔵国を継ぐであろう息子の朝雅を押さえておきたかったのです。

話を戻すと、平賀朝雅は、北条時政にとって、にっくき比企と縁続きです。名門であり武蔵国を持っている平賀を比企から北条に取りこむための切り札として、自分が一番可愛がっている娘を朝雅に嫁にやると。手っ取り早いのは、婚姻だ! ということです。

時政が、自分の後継者に、実の息子である義時よりも娘婿である平賀朝雅をと考えたのは、権力欲の賜物だったのです。

武蔵国を手に入れたい時政が、次に邪魔になったのが、武蔵国のトップ武士で娘婿の・畠山重忠。彼は、言わば鎌倉武士の中の鎌倉武士、とても評判のいい人でした。

さて、この畠山重忠をどうするか。そんなとき、ちょうどタイミングよく、畠山重忠の息子と平賀朝雅がケンカをしました。そして朝雅の奥さんのお母さん、つまり時政の後妻である牧の方が、時政に「重忠はあなたに対して謀反を企んでいますよ」と言いだします。

時政は息子の義時に「重忠を殺して来い」と命令し、「えっ、重忠の嫁はオレの妹ですよ。そんなはずありません……」と一度は固辞した義時ですが、説得されて畠山重忠を討ちに行きます。

◇ ◇ ◇

口約束など曖昧なもので安心してはいけない



本郷 和人

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】本郷 和人(ほんごう・かずと)
東京大学史料編纂所教授、博士(文学)。1960年、東京都生まれ。東京大学・同大学院で日本中世史を学ぶ。専攻は中世政治史と古文書学。著書に『戦国武将の明暗』(新潮社)、『日本史のツボ』(文藝春秋)、『東大教授がおしえるやばい日本史』(ダイヤモンド社)など多数。

【書籍紹介】『世渡りの日本史 苛烈なビジネスシーンでこそ役立つ「生き残り」戦略』(KADOKAWA)

あなたへのオススメ記事

  • 虎の威を借る“トップの右腕”梶原景時の失態/世渡りの日本史(4)
  • 徹底的なライバル排除で「いざ!」のタイミングをモノにした北条氏/世渡りの日本史(5)
  • 嘘もマコトの力技でミスを挽回した北条時政/世渡りの日本史(6)
  • 地位も名誉も危機に晒す「後継者争い」は愚の骨頂/世渡りの日本史(7)
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • あと5分…出社ギリまで眠ることこそ社畜の生きる理由!/会社員でぶどり(10)

  • 上を立て、下を見る。キャバ嬢に学ぶ理想の中間管理職/億稼ぐ技術(14)

  • うさぎは寂しいと死ぬって本当?なぜそう言われるようになったの?/毎日雑学

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • Apple Watch使いこなしのキモ! 文字盤カスタマイズのおすすめ例を紹介

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る