スキルUP

即効性は疑え!あとからジワジワと効く本を選ぶべし/本の使い方(1)

本を読むときは、1行たりとも読み飛ばしてはいけない。稀代の読書家である出口治明氏の著書『本の「使い方」1万冊を血肉にした方法』より、本を選び、読み、活かすにはどうすればいいかを深く、やさしく解説します(第1回)。

即効性を謳(うた)う本は、疑わしい

僕が新入社員のときに、「この先輩、何をわけのわからないことを言っているんだろう」と思っていたことが、社会経験を積むにしたがい「ああ、あのとき先輩が言っていたのは、このことだったのか。ようやくわかった」と腹に落ちたことがたびたびあります。

本も同じで、必ずしも読書によって即効性が得られるわけではありません。しばらく経ってから、ジワジワと理解できることのほうがむしろ多いのではないでしょうか。

おもしろい本、興味がある本を一所懸命読んで、何年か経ったあとに「ああ、こういうことだったのか」とわかれば、それだけでも儲けものです。

「すぐに英語がうまくなる」などといった即効性を謳う本もありますが、怪しいと思いませんか。そんなにラクな方法があるのなら、全員、英語が話せるようになっているはずです。でも、実際にはなっていないのですから、「そんなに都合のいい話は、どこにもない」ということです。


「人脈は簡単につくれる」とか「仕事の人脈を上手に増やす」といった内容の本にも、僕は懐疑的です。

僕はよく「どうすれば出口さんのように多彩な人脈がつくれるのですか?」と聞かれるのですが、そもそも、「人脈をつくる」という考え方自体が間違っていると思います。

僕に仮に人脈があるとしたら、それは「初めから人脈をつくろうとは思っていない」からではないでしょうか。

僕の場合、打算的に人とつき合うことはまずありません。「将来、この人はこの会社で偉くなりそうだから、近づいておいたほうがトクかもしれない」と思ったことも一度もありません。なぜなら、一所懸命その人に近づいても、その人が転職したら、それでおしまいではありませんか。本と同じで、「おもしろい」と思ったらつき合う、それがマイルールです。


たとえば、第75代アメリカ合衆国財務長官のティモシー・フランツ・ガイトナーさん。どうして僕がガイトナーさんと知り合うことができたのかというと、偶然という他ありません。

1990年頃だったと思います。ガイトナーさんは、米国財務省から日本に派遣され、赤坂の米国大使館に勤務していました。

当時、日本の生保は盛んに米国債を買っていたので、ガイトナーさんは、生保の外債投資に興味を持ったのでしょう。大蔵省(現・財務省)の知人に、「生命保険会社の経営者か、投資担当の役員を紹介してほしい」と頼んだらしいのですが、誰も尻込みして会おうとしない。そこで、たまたま僕にお鉢が回って来たわけです。

「誘われたら、断らない」のがマイルールです。すぐにガイトナーさんに会いに行きました。

彼は優秀な人物でしたが、といっても、まだ一等書記官ぐらい。まさか財務長官になるとは、思いもしませんでした。僕は「この人は出世するだろう」と見越してつき合ったわけではなくて、「この人はおもしろい」と思ったからつき合っただけです。ガイトナーさんにカラオケを教えたのは僕です。

来る者は拒まず、去る者は追わず、という自然体で、僕は誰とでも会ってきました。たくさんの人と会ってきたから、結果的に人脈ができただけです。

僕は30歳で東京に来てから、声が掛かったお座敷はほとんど全部受けてきました。ですが「人脈をつくろう」と思って飲んだことは、一度もありません。


本は、おもしろそうに思える本を素直に読んでいけばいい。将来的に、役に立つかもしれないし、役に立たないかもしれない。それはどちらでもいい、と思います。

自分の興味がある本を、ひたすら読む。あるいは、人から薦められた本を食わず嫌いをしないで読んでみるのもいい。

功利的に本を読んでも、だいたいはうまくいかない気がします。世の中にそんなにすぐに役に立つおいしい話はありません。好きな本を読んで、じっくりと体の中に毒が回ってくるのを待てばいいと思います。



出口 治明

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】出口 治明(でぐち・はるあき)
APU(立命館アジア太平洋大学)学長。京都大学法学部を卒業後、日本生命保険相互会社入社。退職後にネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。ライフネット生命を開業し、東証マザーズ上場。『座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」』(KADOKAWA)など著書多数。

【書籍紹介】『本の「使い方」1万冊を血肉にした方法』(KADOKAWA)

あなたへのオススメ記事

  • 要旨を摑むため、ブログやSNSに読書の感想を書く/京大読書術①
  • 表紙を熟読する者、読書を制す!? 『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』【前編】
  • “猿マネ”日本企業は、このままでは負け続ける『競争戦略論Ⅰ』/MBA必読書50冊①
  • 何を読んだらいいの? 悩めるあなたにビジネス書多読のプロが教える、いま読むべき本3選
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • ルパン三世驚きの公式設定。次元や五ェ門にも素顔を見せない、実は子持ち!/毎日雑学

  • ユーキュー? ボーナス? 社畜には理解できないホワイト語がある/会社員でぶどり(9)

  • イヤでも上手くなる採血、新人ナースの練習台は○○の腕!/かげ看(4)

  • 天皇に苗字や姓が無い理由は? 皇族の名前の仕組みを解説/毎日雑学

  • 営業3年目、もう一度仕事と向き合う/えりたの新人営業マン成長記(5)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る