スキルUP

失敗しない、適切な糖質制限とは? ポイントや注意点のまとめ

ビジネスパーソンの間でダイエットのために糖質制限に取り組む人が増えています。しかし、糖質制限を正しく理解していないと、ダイエットが失敗に終わるだけでなく、健康を損ねてしまうことも。ここでは糖質制限に必要な知識を解説します。糖質制限のメリットやデメリット、ポイントや注意点にも触れていますので、健康的なダイエットにつなげてください。

糖質とは何か?栄養素としての役割

糖質は、タンパク質や脂質と並ぶ、3大栄養素の一つである炭水化物に分類されます。炭水化物は、食物繊維と糖質で構成される栄養素です。食物繊維は体内で消化されないものですが、糖質は体内で消化でき、すべて吸収されます。

糖質は、私たちの体に必要なエネルギー源となります。体を動かすためのエネルギーだけでなく、脳や神経を正常に機能させることにも深く関わっている栄養素です。

糖質というと「甘い物」を思い浮かべる人もいるかもしれません。しかし、糖質の含まれる食べ物は、お菓子やスイーツだけではありません。また、糖質は、太りたくない人には敬遠されがちですが、実は、健康を保つために欠かせない栄養素でもあるのです。

そもそも糖質制限とは食事療法のひとつだった

糖質制限という言葉をよく聞くようになりました。男女を問わず、ダイエットのために糖質制限に取り組む人も増えているようです。糖質制限は、元来、メタボリックシンドロームなどを改善するために考案された、糖質を多く含む食べ物を制限する食事療法です。糖尿病の治療にも取り入れられています。

糖質は摂取したとき、すべて血液中に吸収され、エネルギーに変わります。そのため、糖質を摂ったときの血糖値の上昇幅には気をつける必要があるのです。血糖値が上がりすぎるとインスリンが分泌されます。インスリンはエネルギーとして使われなかった糖質を脂肪に換える働きを持つ物質です。

糖質を制限すれば、インスリンの分泌を抑えることができ、新たな内臓脂肪の蓄積を防ぐことができます。また、エネルギー源としての糖質が足りないとき、エネルギー源として使われる(燃焼する)のは内臓脂肪なのです。

糖質制限のメリット・デメリット

糖質制限のメリットは、ダイエットをする場合でも、カロリー制限をしなくてもいいということです。カロリー制限では、すべての食べ物が対象となるため、食べられる量が減ることがストレスになるだけでなく、必要な栄養素まで不足する可能性が出てきます。

糖質制限の場合は、カロリーではなく、糖質にフォーカスするため、制限から外れる食べ物の範囲が広がるのです。内臓脂肪がエネルギー源として使われるため、効率的に痩せられる期待が持てます。適切な糖質制限をすることで、適正体重に近づきやすいと言われています。

糖質制限のデメリットとしては、糖質が含まれる食材の知識が必要になることが挙げられます。前述したとおり、砂糖の入った甘い物という単純なものではありません。糖質は、ご飯やパンといった主食や果物など、あらゆる身近な食材に含まれているのです。

また、極端な糖質制限をしてしまうと、エネルギー不足になる可能性もあります。脳にエネルギーを行き渡らせることができずに、無気力になったり、眠気を感じたりすることもあるので注意が必要です。

糖質制限が向いている人は?

健康診断の血液検査でインスリンの値が高い人、あるいは空腹時の血糖値が高い人などは、糖質制限に取り組むことで数値が改善する期待が持てます。普段の食生活の中で、白米や麺類、アルコールなどを摂取する頻度や量が多い人は、インスリン値や血糖値が高い数値になりやすい傾向があるようです。

したがって、これらをセーブすれば、インスリン値や血糖値を適正な値に近づけやすくなります。結果的にダイエットにつながっていくかもしれません。

ただし、個人の体質にもよるという認識が必要です。結果的に、ダイエットにも一定の効果が認められているとは言え、元来、血糖値の正常化とダイエット効果は別物です。糖質制限がすべての人に適しているわけではないことを認識しておく必要があります。また、インスリン値や血糖値以外に健康上の問題があるような場合には、糖質制限が適さないこともあります。

糖質制限のポイントは?自分でコントロールできる範囲で

糖質制限をするときには、ご飯や麺の主食をできるだけ減らします。変わりに、こんにゃくや豆腐などの低糖質の食材を取り入れたメニューにしていくことがポイントとなります。現在は、糖質を抑えたこんにゃくベースのお米や麺、豆腐やおからをベースにした麺なども出回っているので、それらを代用するのも一つの方法です。

間食は、甘い物をできるだけ避けて、ナッツやチーズなどに切り替えていくのがおすすめです。糖質制限をしながら、栄養価の高いタンパク質やビタミン・ミネラルを補給することができます。

過度な糖質カットにならないように気をつけ、必要な糖質量は確保する必要があります。
できる範囲で自分なりにコントロールすることを続けていくことが大切です。糖質摂取量も、精神的にも、無理をしないということが、糖質制限を継続するコツであることを念頭に入れて取り組んでいきましょう。

糖質制限の注意点!栄養バランスも考えよう

糖質制限にはダイエット効果があるという情報を鵜呑みにしないように気をつけてください。糖質制限にもデメリットがあり、間違ったやり方で続けてしまうとリスクも伴います。そのリスクまで理解した上で、適切な糖質制限を継続していくことが大切です。ここで、糖質制限を行っていく上で注意しておきたい点を確認しておきましょう。

まず、糖質だけを制限すれば、ダイエットできるという考え方でいると、極端な糖質制限につながりやすくなります。また、糖質制限だから、糖質を含まない(少ない)食材をたくさん摂って食欲を満たすことも、適切なやり方とは言えません。

過度な糖質制限や摂取する栄養価の偏りは、栄養バランスの崩れを招きます。糖質を含まない食材でも過剰に摂取すれば、他の健康リスクにつながる可能性が出てきてしまうのです。たとえば、動物性脂肪の多いお肉に偏った食生活になってしまえば、動脈硬化やコレステロール値の異常にもつながりやすくなります。

無理のない糖質制限の方法を紹介!

では、糖質制限を無理なく続けていくためには、どのような方法が有効なのでしょうか。具体的な方法をご紹介します。

基本的には、白米、麺、パンなどの主食の量は抑えていきます。一方で、タンパク質や脂質、食物繊維については、適量を摂取していくことを心がけましょう。白米、麺、パンの割合が多いときほど、良質なタンパク質や食物繊維が不足しがちになるため、置き換えることで栄養バランスも整いやすくなります。

完全に主食を抜いて、すべてを置き換えようとすると難しくなることも考えられるため、一食あたりのタンパク質や食物繊維が占める割合を高くする意識を持つことをおすすめします。

また、栄養素ごとに食べる順番を意識してみるのも有効です。タンパク質、脂質、食物繊維を先に食べ、糖質を含む食材をあとに食べるようにしてみてください。そうすることで、糖質を真っ先に摂るときと比較して、血糖値の上昇が緩やかになります。血糖値の上昇が緩やかであるほど、インスリンの分泌を抑えることができるのです。

糖質制限をするなら栄養バランスに配慮を!

糖質制限は、単に糖質を制限すればよいというものではありません。

極端な糖質制限は、返って健康を損ねる可能性が高まってしまいます。取り入れる食材の工夫をしながら、無理なく続けていけることがキーポイントになります。

栄養バランスにも配慮しながら、正しい糖質制限に取り組んでいくことで、より一層の健康体を手に入れていきましょう。

カテゴリ:スキルUP

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 会社員向け「糖質制限」のすすめ〜糖質制限で集中力が格段にアップする!/藤沢篤
  • 糖質制限中の平日ランチに迷った時のオススメ「チェーン店」メニュー/藤沢篤
  • 急激な空腹でも「ドカ食い」しない! 糖質制限の基本テクニック/藤沢篤
  • ダイエットで守るべき“たった一つの法則”とは?/最強の食べ方①
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

  • おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

    おいしい英語のトリビア満載! 英語の雑学クイズ

  • 言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

    言われてみると…どっちがどっち?? 違いがわかる雑学クイズ

スキルUPの人気記事ランキング

  • 予定外の仕事に動じない! その日のタスクを完遂する方法/岡野純

  • キャバ嬢は進むか休むの二択! つらい時に前を向く2つの方法/億稼ぐ技術(10)

  • ランチタイムの行列に並ぶ時にありがちなこと【毎日でぶどり】/橋本ナオキ

  • 天皇に苗字や姓が無い理由は? 皇族の名前の仕組みを解説/毎日雑学

  • あなたの中の「オタク気質」が仕事のヒントを与えてくれる/けいろー

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 他の法律系資格との違いは? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る