スキルUP

10分でOK! 「散歩」が創造的なアイデアを生み出すきっかけに/時短術大全

自分の時間を有効に使えていますか? 仕事時間を1日10分短縮できれば、10年では400時間も短縮できるのです! 時短術の集大成『時短術大全』から、ビジネスに役立つテクニックをお伝えします。

◎「すぐできる」「すぐ通る」企画書作成術

【1.アイデアのストックは定期的に「整理」する】

せっかくメモに書きとめたアイデアも、毎日の忙しさにまぎれて放置したままでは意味がない。定期的にチェックして、見直してみよう。

たとえば毎週土曜日の午後、あるいはアイデアが30個たまったらなど、自分で決めたサイクルで読む習慣をつけるのだ。あまり数が少ないと読んでもつまらないので、ある程度たまってからがいいだろう。どうしてこんなことが頭に浮かんだのか、何がアンテナに引っかかったか、自分でも首を傾かしげることになるかもしれない。

また、1つひとつのアイデアは急を要するものではないし、今すぐ仕事に役立つものでもないだろう。

それでも自分の興味のあり方がわかり、どんな方向にそれを伸ばしたらいいかが見えてくるはずだ。


【2.散歩が創造的なアイデアを生むきっかけに】

仕事に詰まったときには、あえてデスクから離れて散歩に出かけるといい。なぜなら、散歩にはさまざまな効能があるからだ。

まず、歩くことで心身がリフレッシュされ、脳への血流量や酸素の供給も増える。その結果、脳は活性化されて集中力が高まり、アイデアを生むきっかけにもなる。また、新鮮な空気を吸って五感が刺激されることで、脳が覚醒する効果も期待できる。

散歩をする際には、疲れない程度の少し速いスピードで歩くのがポイントで、10分程度でも効果が望める。


【3.文章は可能な限り短く、1センテンスは40字以内に】

「小学校の頃から作文は苦手だった」という人でも、ビジネス上の文章なら書くことができる。いやむしろ、そういう人ほど自分の意図をうまく伝える文章を書くかもしれない。

ビジネス上の文章を書くコツは簡単で、1つひとつのセンテンスを可能な限り短くするというもの。1センテンスは40字ほどで、そこに納めるメッセージも1つだけにする。つまり、さっと目を通しただけで誰にでも理解できるよう簡潔明瞭にするのだ。

くり返しや内容の詰め込み、修飾語などは一切不要。また、相手も知っている言葉だとしても、業界用語や略称などは避ける。これ以上はないというほどシンプルな文章が、読み手にとってわかりやすい優れた文章なのだ。


【4.数行おきに改行し、文章に段落を入れる】

短いセンテンスで文章を書いてみたが、まだわかりにくいという場合は、どのくらいの行数で改行しているか見るといい。小説ならば何十行も改行なしで続くことがあるが、ビジネスの文章は数行おきに改行して段落を入れることでメリハリがつき、ぐっと読みやすくなる。

段落は、いくつかのセンテンスで成り立っている。1センテンスに1つのメッセージという原則に加え、1つの段落も1つの大きなメッセージになっているかどうか、意識してみよう。「この文章で何を伝えたいのか」をしっかり頭に置いて、読み手の立場で書けば、難しく考えなくても、いいビジネス文章が出来上がる。評判のビジネス書などを読むと、お手本になるだろう。

生産性改善会議

カテゴリ:スキルUP

あなたへのオススメ記事

  • アイデアは「手書き」で書いて脳を活性化!/時短術大全
  • ストレス発散のパターンは、複数持って使い分け!/時短術大全
  • 出張時の飛行機内での仕事はNG! 「ひたすら休む」のが正解/時短術大全
  • なぜ「のぞみ」ではなくあえて「ひかり」に乗る人がいるのか?/時短術大全
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「死ねよ」よりキツい「信頼してたのに」…どう応える?/新人営業女子・えりた(5)

  • 社内メールの「お疲れ様です」は不要! 1行目から用件を書く/時短術大全

  • ハサミの切れ味を復活させる5つの方法! そもそも切れなくなる原因は?/毎日雑学

  • 台風もキラキラネームの時代に突入!? 実は面白い「台風の名前」

  • コワモテのお客様に「死ねよ」と言われ、無言で逃げた日/新人営業女子・えりた(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る