スキルUP

味方を増やすコミュニケーションは、常に「笑顔」から!/神トーーク(5)

「他人の悪口を言わないほうがいい」には、実は科学的な根拠があった?心理学・脳科学に裏付けされた科学的に「人の心を動かす」伝え方を、『神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り』(星渉著)よりご紹介します(第5回)。

周囲が自然と味方になる「笑顔で反応する」練習

私たち人間は、基本的には「外部からの刺激」により「感情」が生まれるというメカニズムを持っています。

そして、私たちが受ける外部からの刺激でもっとも比重が大きいのが「視覚からの情報」になります。視覚から得られる情報量の割合は約87%と言われています。

つまり、私たちの感情は「目に見えるもの」によって左右されるのです。

かわいい動物や赤ちゃんを見るとどこか優しい気持ちになり、殺人事件などのニュースの映像を見ると悲しい気持ちや、暗い気持ちになります。何を目にするかによって、私たちの感情は変化しています。


このことを〝人間関係〟に置き換えるとどうでしょうか?

「何を目にするか」で抱く感情が変わるのであれば「相手に何を見せるか」で相手の感情が変わる。そう、相手に見せるものとして重要になるのは「あなたの表情」です。


人と話をしている時に、あなたはどんな表情をしているでしょうか?

人から話しかけられた時、あなたはどんな表情で対応していますか?

どんな表情をして職場を歩いていたり、デスクワークをしているでしょうか?


当然、「いつも不機嫌な表情」をしている人には安心感を覚えることはありません。

飲食店に入って注文をする際も、店員さんが笑顔で注文を聞いてくれるのと、無表情で注文を聞いてくれるのとでは、あなたの抱く感情は違うはずです。

洋服を買った時に、笑顔で「ありがとうございました」と言われるのと、無表情で言われるのとでは、その人に抱く印象も違うはずです。


人は何を目にするかで感情が変わる。

人は「どんな表情」を目にするかでその人への印象が変わる。

指摘されれば当たり前のことですが、そこまで気が回らない人がほとんどなのです。


さて、ここで1つあなたに正直に考えてもらいたいことがあります。

【質問】あなたが「もっと自分の表情に気をつけるべき」なのは、日常のどんな場面でしょうか? 書き出してみてください。


たとえば、上司やお客様と話している時には表情に気を配っていたとしても、その他の日常ではどうでしょうか?

特定の時にしか表情に気を配っていないのであれば、あなたに対する周りからの印象は「人によって態度を変える人」になってしまいます。「話を聞くに値する振る舞いをする人」からは、大きくかけ離れてしまいます。


答えの書き方としては、「こんな場面ではこんな表情になっているかもしれない。こういう表情にするように意識しよう」という感じで大丈夫です。

たとえば、職場で忙しい時に話しかけられると、邪魔されたくないから「何?」とぶっきらぼうに反応して無表情気味かもしれない。でも明日からは、「何?」とセットで必ず笑顔を作る、といった感じです。


「自分の日常での表情は大丈夫だろうか?」と不安になってきた人もいるかもしれません。表情がもたらす印象は職場だけに限らず、恋愛、家族関係、友人関係など、すべての場面で効果を発揮します。

自分自身の印象や評価を上げる方法はたくさんありますが、その中でも表情、特に「笑顔」の効果は絶大です。

なぜなら、「笑顔」は相手の警戒心を解き、「安心感」を与えるからです。


比較行動学者のイレネウス・アイブル=アイベスフェルトは、人間の「挨拶」の役割について調査をしたことで有名です。

アイベスフェルトは、インドネシアのバリ島に住む先住民、パプア人、ワイカ族のインディオなど、文化も宗教も異なるさまざまな人々の「挨拶行動」を観察しました。彼らは「握手」や「ハグ」など、各々の人種や文化、風習等によって形成された独自の挨拶の形を持っていました。

しかし、そこにはある共通点があることを発見したのです。

その共通点とは「誰かに出会った際、お互いに見つめ合ってから約0・2秒ほど眉を上げて、その後に微笑む」ということでした。アイベスフェルトは「微笑む」という行為が緊張を解き、互いの攻撃性を弱めることに役立っていると結論づけています。


「挨拶」=「出会いがしらに相手に対して笑顔を見せる」ことは、「私はあなたにとって友好的な存在である」という意思表示であり、安心感を与える役割を担っているわけです。

逆に、笑顔で始まらないコミュニケーションは、相手に対して不必要な不安や警戒心を与えてしまいます。

まずは「笑顔」。口角を上げた笑顔は相手に安心感を与えて、あなたのもとに人を集めてくれるのです。

◇ ◇ ◇

【人の心を動かす「神トレ」】

1日に5回、意識して笑顔で反応しよう。職場で声をかけられた時、自宅で家族から呼ばれた時、カフェで注文したものを受け取る時……繰り返すことで、意識しなくても笑顔で反応する習慣が身につき、あなたは「自然と応援される安心感」を与えられる人に変わっていきます。



星 渉

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】星 渉(ほし・わたる)
1983年仙台市生まれ。大手企業で働いていたが東日本大震災を岩手県で被災。生死を問われる経験を経て「自分の人生の時間はすべて好きなことに費やす」と決め独立起業し、個人の起業家を対象に「心を科学的に鍛える」を中心に置いた独自のビジネス手法を構築。前作の『神メンタル』(KADOKAWA)は11万部突破のベストセラーに。

【書籍紹介】『神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り』(KADOKAWA)

あなたへのオススメ記事

  • 「絶対に否定しない」だけで、人と情報はどんどん集まる!/神トーーク(1)
  • 「最後まで話を聞く」だけで、誰でもたちまち人気者に⁉︎/神トーーク(2)
  • プレゼン開始ギリギリでも部下が現れない。あなたならどうする?/神トーーク(3)
  • 会議に部下が遅刻したら? 否定なしで反省を促す対話の極意/神トーーク(4)
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • あと5分…出社ギリまで眠ることこそ社畜の生きる理由!/会社員でぶどり(10)

  • 病院は常に感染症との戦い! 帰宅後ナースが廊下で眠る理由とは?/かげ看(5)

  • 上を立て、下を見る。キャバ嬢に学ぶ理想の中間管理職/億稼ぐ技術(14)

  • うさぎは寂しいと死ぬって本当?なぜそう言われるようになったの?/毎日雑学

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る