スキルUP

あなたが放つ「何気ない正論」が、弱い立場の誰かを傷つける/俵谷龍佑

インターネットで誰しも情報発信できる時代。個人の正義感で誰かを攻撃することも容易になったぶん、私たち個人には一定の覚悟が必要です。不寛容な社会にならないために必要な考え方について、フリーライターの俵谷龍佑さんが解説します。

こんにちは。フリーランスでWebライターをしている俵谷龍佑です。

最近は、SNSでもニュースでも、どこもかしこも正論であふれかえっています。矛盾したものは、整合性のとれたものに直され、場合によっては人格否定をされるほどバッシングを浴びます。

正論は確かに正しく多くの人の共感を得られるかもしれませんが、弱い立場の誰かを傷つけることを忘れてはいけないと思います。

一つの「おせっかいな正義感」が新しい正論を作る

SNS、インターネットという便利なツールのおかげで、誰でも簡単に手軽に情報発信できるようになりました。

そして、多くの情報であふれかえる今、徐々に純粋な情報というのは減ってきています。

そこには、「アクセス数をあげたい」「リツイートされたい」という他人視点が入り込んでいます。

こうなると、出てくる情報が「〇〇が悪いことをしていた」「〇〇がとてもよく効く!」といった類の情報です。

もちろん、純粋に「書きたい」という気持ちもあるのかもしれませんが、「多くの人に見られたい」から発信しているという下心もどこかにあるでしょう。

こういったとき、正義感という材料はある種の着火装置の役割を果たします。多くの人のヘイトを巻き込み、対象者をつるしあげてボコボコにしてしまいます。

最初に書いた人のささいな正義感が、それを見た人の感情に触れ、その人達の正義感も引きずりだされて、伝播していきます。SNSやインターネットではこういったことが日常茶飯事に繰り返されています。

正論はただ正しいだけ。気持ちよくない

世の中の悪を退治する英雄物語は、いつ見ても胸がすっと爽快になります。しかし、それは映画や小説の話。

現実に、現実の人(悪)を標的にし、吊し上げて世の中の人(正義)がボコボコに叩きのめすのは、ただのいじめです。「ネットリンチ」という言葉もあるように、過激にバッシングすることが社会問題になっています。

確かに、正論は正しいかもしれません。しかし、それ以上でもそれ以下でもありません。

一般論でしかなく、どこか気持ちよくないのです。特にライターとして情報を発信する側として、この違和感は強く思います。

しかし、これは僕だけじゃなく、多くの人が感じ取っていることではないでしょうか?

世の中は「欠けたものを探す」人であふれかえっている

どうして、こんなことになっているかと考えたときに、おそらく多くの人は「欠けたものを探す」状態に陥っているのではと思います。

日本は仕事を選ばなければ就職することができるし、世界中の料理を食べることができるし、交通も発達しています。充足された中で、欠けているもののほうが珍しい。

だから、他人のアラや矛盾が見つかると、どうしても気になってしまうのかもしれません。

こうなると、割を食うのが弱い立場の人です。非健常者であるだけでバッシングされる、更生した元犯罪者なのに差別されるなど、不当な扱いを受ける原因にもなります。

しかし、かけたものを探すということは、反面「アラ探しをされる」リスクも負います。自分が探したぶん、相手にも探されます。こんな不毛な争いはないと思います。

もっと、ありのままの状態を受け入れる、いまあるものを受容する、そんな姿勢が大切なのではないでしょうか?

失敗したら終わりの風潮はなくなるべき

炎上してしまうと、個人情報を特定され、事実とは無関係のいわれのない個人の特徴や経歴を中傷するような攻撃をさんざんされ、大きな社会的制裁を受けます。

一度失敗したら、もうそれで立ち直ってはいけないのでしょうか?

失敗を許さない風潮が続けば、やがて「炎上するから言うのをやめとこう」と、おもしろい発想、くだらない発言、自由な発想は摘み取られて、面白みのない単調な世界になります。

正論と思ってなくても、自分が言っていることが誰かに圧力をかけてしまっているかもしれません。

ネットやSNSでの発言は取り消せません。一度、書いたらタトゥーのように一生残ります。

インターネットのある社会に生きる私たちは、それぐらいの覚悟をもってネットを使うこと必要なのです。


文=俵谷 龍佑

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】俵谷 龍佑(たわらや・りゅうすけ)
Webライター、ブロガー、音楽イベンター、ボーカリストなど様々な顔を持つ。「遊びが仕事に。仕事を遊びに。」を信念に、1箇所に囚われず、地方都市や様々な場所で仕事をする神出鬼没なノマドワーカー。働き方、自身のADD(注意欠陥障害)改善の記録、仕事効率化、ITをテーマとしたブログ「おれじなる」を運営。

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • ADHDが「頭の中のノイズ」を上手く強みに変える方法/俵谷龍佑
  • 社内副業の導入でイノベーション思考は生まれるか?/俵谷龍佑
  • 仕事ができない人ほど「即レス」にこだわる?/俵谷龍佑
  • SNSでの発言は一生残る。炎上を避ける発信リテラシーとは/俵谷龍佑
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • あと5分…出社ギリまで眠ることこそ社畜の生きる理由!/会社員でぶどり(10)

  • 上を立て、下を見る。キャバ嬢に学ぶ理想の中間管理職/億稼ぐ技術(14)

  • うさぎは寂しいと死ぬって本当?なぜそう言われるようになったの?/毎日雑学

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • Apple Watch使いこなしのキモ! 文字盤カスタマイズのおすすめ例を紹介

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る