スキルUP

企業や自治体が活用する「VTuber」最前線/けいろー

近年盛り上がりを見せる「バーチャルYouTuber=VTuber」は、有名企業や自治体での活用も進んでいます。特に注目を集めている3つの事例を、VTuberに詳しいフリーライターのけいろーさんが解説します。

この2、3年で爆発的に流行し、インターネット上のみならずテレビやイベントの場でも見かけることの多くなった、バーチャルYouTuber=VTuber。

個人でも気軽に始められるVTuberですが、企業が運営しているケースも少なくありません。一例としては、VTuberをキャラクターIPとして運用し、イベントやグッズ販売によって収益化をめざすビジネス展開が考えられます。

ただし一口に「企業」と言っても、活動方針はさまざま。

新興企業が「キャラクターコンテンツ」としてVTuberを運用する一方で、世間的にもよく知られている有名企業がVTuberを活用するケースも増えてきています。

そこで本記事では、有名企業(+自治体)によるVTuberの活用事例を紹介。特に注目を集めている3社・3人のVTuberをピックアップして、その特徴と魅力を紹介します。

燦鳥ノム(サントリー)

企業の看板を背負って活動しているVTuberとしてまず名前が上がるのが、燦鳥ノム(@suntory_nomu)さん。



プロフィールによれば、水の国出身の好奇心旺盛なお嬢様(119歳)とのこと。

どの企業が運営しているかは……言うまでもありませんね。そう、サントリーです。

サントリー公式バーチャルYouTuberとして活動する彼女の特徴は、驚くほどに「VTuberらしい」こと。

どういうことかと言えば、これほどまでに運営企業がわかりやすいにもかかわらず、思いのほか「企業っぽくない」のです。

実際にYouTubeチャンネルの投稿動画を見ると、一目瞭然。歌ってみた、ゲーム実況、即興のネタ、他のVTuberとのコラボ企画などの動画が、頻繁に投稿されていることがわかります。

その内容は他のVTuberと何ら変わりなく、「企業」としてのサントリーの存在があまり感じられないんですよね。

もちろん、完全に企業色を排除しているわけではありません。

たとえば「自社商品を飲む」といった形で、動画中でそれとなく宣伝はしている様子。

また、5月には人気アーティスト・じんさんが制作に携わったオリジナル楽曲、クラフトボスpresents 「Life is tasty!」も発表。

直に商品を紹介しているわけではありませんが、こちらはむしろファンの側から「CMで使って!」という声が上がるほどでした。

燦鳥ノムプロジェクトリーダーの前田真太郎さんによれば、「ひとつひとつの動画で自社商品をアピールするのではなく、動画内でリズムを整えてからさりげなく商品を紹介してもらうことでアピールしている」とのこと。

根羽清ココロ(ロート製薬)

同じく企業が運営するVTuberの1人に、根羽清ココロ(@rohto_cocoro)さんがいます。



「水の国出身」「119歳」といった独特な背景を持つ燦鳥ノムさんとは異なり、彼女の場合は「ロート製薬の社員である」と公言している点が大きな特徴と言えますね。

彼女の本業は、ロート製薬社内での研究開発。スキンケアについて研究しつつ、その傍らで広報活動もしているそう。

YouTuber活動は大学時代に始めたらしく、入社後に会社から公式YouTuberにならないかと誘われ、現在は「副業」としてVTuber活動に励んでいるとの話です。

燦鳥ノムさんと同様に、YouTubeチャンネルに投稿されている動画は「VTuberっぽい」ものが多い印象。

しかし同時に、自己紹介の文言をはじめとした節々で「ロート」の名前を出したり、動画内で先輩社員が登場したり、出勤風景を撮影したりと、企業色はそこそこ強めです。

とはいえ、ダイレクトに商品を紹介しているわけではないため、宣伝色はそこまで強くありません。

むしろ「ロート製薬は副業OKなんだ!」「あの商品もロートが作っていたんだ!」などといった気づきをリスナーに与えており、企業イメージの向上につながっているようです。

茨ひより(茨城県)

最後に紹介するのは企業ではなく、茨城県公認VTuber・茨ひより(@ibakira_Vtuber)さん。



茨城県が運営するYouTubeチャンネル『いばキラTV』にて、2018年夏に登場。

以来、茨城県の魅力を世界中に伝えるべく、時には体を張って(バンジージャンプなど)活動されています。

立ち位置としては「『いばキラTV』のコンテンツのひとつ」となるため、動画の投稿頻度はそこまで高くはありません。

それでもこの1年間でさまざまなことに挑戦し、他のVTuberともコラボしたり生放送を行なったりと、「バーチャル広報」として精力的に活動しています。

その実績には目を見張るものがあり、2019年3月には自治体の公式YouTubeチャンネルとしては初めて登録者数が10万人を突破。

イベント・テレビ出演も多く、特に県内でのPR活動では重宝されている模様。その経済効果は、広告に換算して約2億4000万円にも上るそうです。

「自治体発VTuber」としての注目度はやはり高く、これからますますの活躍が期待されるVTuberの1人であると言えるでしょう。

VTuberを取り入れる動きはさらに活発化

今回は3人のVTuberを紹介しましたが、企業がVTuberを活用するケースはこれだけにとどまりません。

特にメディア業界ではVTuberを取り入れる動きが活発で、中京テレビのバーチャルアナウンサー・大蔦エル(@otsuta_l)さんや、日経BPのバーチャル新人記者・黒須もあ(@xmoa_channel)さんなどがいます。

他にも企業の広報VTuberとして、活動1周年を迎えたくらすたーちゃん(@clustervr)や、先日デビューした葵わさび(@_aoi_wasabi_)さんなどが挙げられます。

特定の役割を持った「バーチャル○○」のみならず、企業がVTuberを活用するケースは今後ますます増えるはず。どのようなVTuberが登場するのか、これからも注目していきたいところです。


文=けいろー

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】けいろー
フリーライター。ネットカルチャーを愛するゆとり世代。新卒入社したメーカーを退職後、趣味で始めたブログ「ぐるりみち。」経由で仕事をもらえるようになり、ノリと勢いで独立。

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 5分でわかる!「VTuber」の基礎知識/けいろー
  • 休日にじっくり読みたいビジネス書5選/けいろー
  • 頭を柔らかくしたいあなたにオススメのビジネス書5選/けいろー
  • 社会人3年目が読みたいビジネス書5選/けいろー
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

  • 知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

    知ればもっとおいしくなる! 食べ物の秘密クイズ

  • いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

    いざというときもスマートに! 慶事・弔事のビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • あと5分…出社ギリまで眠ることこそ社畜の生きる理由!/会社員でぶどり(10)

  • 上を立て、下を見る。キャバ嬢に学ぶ理想の中間管理職/億稼ぐ技術(14)

  • うさぎは寂しいと死ぬって本当?なぜそう言われるようになったの?/毎日雑学

  • 借金玉氏に聞く、発達障害でも「食える人」と「食えない人」の差とは?【前編】

  • Apple Watch使いこなしのキモ! 文字盤カスタマイズのおすすめ例を紹介

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る