スキルUP

日本語の「物の数え方」が難しすぎると外国人ガイドが困惑する

日本語は主語があいまいだったり敬語の使い方が複雑だったりと、様々な特徴を備えている言語。海外の人から見ても難解だと思われることが多いようです。今回はそんな日本語における“物の数え方”を掘り下げていきましょう。

海外の人が苦労した「日本語の難しさ」とは

今年7月にTwitter上で、「トルコ人ガイドから日本語の難解さを指摘された」という内容の投稿が話題を呼んでいました。ガイドの人は日本語を学んだ経験があったようで、漢字に次いで「物の数え方」が難しいと感じたそう。とくに対象となる物によって数え方が異なっていることに対して、違和感を覚えたようです。

また細長い物を数えるときには“本”という単位を使いますが、1本(ぽん)、2本(ほん)、3本(ぼん)、4本(ほん)と数によって濁点がつくなど読み方が変わっていく仕組みもあるため、これもまたガイドの人を苦労させる要因になっていました。

このツイートに対して共感を覚えた人は多いようで、「たしかにどういう法則なのか、日本人だけど分からない」「本数の読み方はたぶん喋りやすさであって理屈じゃないんだよな」「丸暗記するしかないから難しいね」「ご先祖さまは一体どんな理由があって複雑な数え方にしたんだろうか…」といった声が続出。

その他にも海外の日本語学習者向けに、「日本人でも難しいレベルだけど、数え方なんて多少間違っていても通じるから大丈夫!」「外国の人は慣れるまで1個とか2個とかの数え方に統一して覚えればいいと思う」といったアドバイスも寄せられていました。


予想できない!? ユニークすぎる物の数え方

本数以外にも変わった数え方をする物はたくさんあるようです。昆虫の多くは“匹”という単位で数えるのが一般的ですが、蝶々は1頭、2頭といった数え方をすることで有名。由来としては諸説あるものの、英語で動物を数えるときの“head”という表現が日本に輸入されたという説がよく唱えられています。

さらに同じ物でも形によって数え方が変わってしまうことも。マグロは水揚げされた状態だと1本、2本と数えますが、解体されて半身になると“丁(ちょう)”という単位が適用されるように。ブロック状のものは“ころ”、短冊状にカットされると“柵(さく)”という数え方になります。そしてお刺身のようなひと口サイズになると1切れ、2切れと表現されるようになりますね。

また2つの物をセットで数えるケースとしては、カップと受け皿(ソーサー)の組み合わせを指して1客、2客と表現することもあります。身近な物でも意外と知らない数え方があるようなので、気になる人は調べてみると色々な発見を楽しめるかもしれません。

カテゴリ:スキルUP
★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 「筋肉は裏切らない」 筋トレブーム到来で変わる理想の体型への意識
  • 年間で約27日の時短に!? 「完全食」で生きるビジネスマンに驚きの声
  • 日本人は世界で一番「フライト内コミュニケーション」に消極的?
  • 世界一正確な「鉄道網」の仕組みって? JR東日本のノウハウに感嘆の声
  • 「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

    「電験三種」ってどんな資格? 仕事内容・試験概要・合格率・攻略法を徹底解説!

  • あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

    あの英語にそんな意味が! 色・天気の英語雑学クイズ

  • そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

    そうだったのか! 知って驚く 人体にまつわる雑学クイズ

  • パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

    パパ、ママ、すごい!って言われる 子どもに話したくなる雑学クイズ

  • 今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

    今すぐ使える! 短い英語クイズ(後編)

  • オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

    オンライン英会話と英会話スクール、比較するとどっちがおすすめ?

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「死ねよ」よりキツい「信頼してたのに」…どう応える?/新人営業女子・えりた(5)

  • 社内メールの「お疲れ様です」は不要! 1行目から用件を書く/時短術大全

  • ハサミの切れ味を復活させる5つの方法! そもそも切れなくなる原因は?/毎日雑学

  • 台風もキラキラネームの時代に突入!? 実は面白い「台風の名前」

  • コワモテのお客様に「死ねよ」と言われ、無言で逃げた日/新人営業女子・えりた(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る