スキルUP

疑惑の出産で頂点へ! 戦国最強シンママ、淀殿/日本史 アッパレな女たち(3)

女性の活躍なしの日本史なんてありえない!『東大教授も惚れる! 日本史 アッパレな女たち』(本郷和人著)より、歴史を騒がせた女たちの華麗なるガチンコ対決を通じて、日本史の裏の裏までをご紹介します(第3回)。

昔はDNA鑑定なんてありませんでしたから

淀殿と北政所は決して仲が悪くなかった。と、考える研究者もいるのですが、僕に言わせるとそれは典型的な「学者バカ」の発想で、女性同士、一人の男に愛情があるとすれば、ぶつかるのが人間の情。

実際、北政所は秀吉の死後、大坂城を追い出されたし、淀殿が権力争いに圧勝したわけだ。そのパワーの源泉は、彼女が豊臣秀吉の子を生んだことにつきます。と、ここで誰もが感じる疑問は、「その子、本当に秀吉の子?」。

実子か、実子でないか。歴史研究者がガタガタ言っても結論が出ない。そこで僕は専門家、つまり産婦人科の先生に聞いたのですが、彼らの意見は「まず実子じゃない」でした。

多くの愛人がいたのに、通説では淀殿だけが子どもを生んでいる。しかも二人も。そんな「出逢いのキセキ」が起きる確率は、天文学的な数字になるそうです。つまり淀殿の生んだ子の「生物学上の父」は、ふつうに考えると秀吉ではないことになる。

では誰だというと、いちばん有力なのは大野治長でしょう。彼は淀殿の幼馴染のような存在で、秀吉亡き後になって、急に歴史舞台に登場してくる男です。

跡継ぎを生んだ女性のステータスというものは一気に上がる。それなら、当時はDNA鑑定なんてものはありませんから、いっそほかの男をつかって……。この企みを実行したとなると、淀殿はなかなかに太い女ということですね。


しかし僕は、秀吉もそのへんの事情はわかっていたんだろうと思うんです。秀吉が信長の血縁に萌える業の深さを持っていたことは、お市の項でも触れましたが、どんなに萌えても子どもは授からなかった。個人としても不幸ですが、政治的にも血を分けた後継者がいないことは大打撃です。

そのため姉の子・秀次を養嗣子にしていたわけですが、淀殿がそこの事情を見切って、言ってみればどこの馬の骨かわからない男と子どもをつくった。秀吉もまた、おそらくわかった上で受け入れた。「生物学上の父」が誰であろうとも、彼自身が公認すれば、政治的には間違いなく秀頼は彼の子になるのです。秀吉はこういうところもまた、ますます業が深い人だなと感じます。


秀吉の没後、淀殿は「おふくろさま」として権力を握る。事実上、彼女が大坂城の「女城主」となり、周囲も彼女がトップであると見ていた。最強の「シンママ(シングルマザー)」です。しかし豊臣家にとって、それが幸運だったのかどうか。

関ヶ原の戦いのとき、秀頼が毛利輝元とともに出陣していたら、福島正則のような豊臣家ゆかりの大名は、いくらなんでも秀頼を相手に戦うことはできなかったでしょう。そうなると関ヶ原の勝敗もわからない。

いちばんわからないのは、大坂の陣で、秀頼が一度も出馬しないまま死んでいくことです。どうせ滅びるのであれば、息子の名誉のために武士として最後に一花咲かせてあげたらいいと思うんだけれども、こうしたところ「やっぱり淀殿は毒親が入っているな」と思いますね。あるいは秀頼を人前に出せない理由があったのかな? 例えば秀吉以外の誰かにそっくりだったとか……。いや、これは邪推。

あと、これを言うのはちょっと酷なのかもしれないけど、本当に豊臣家存続を考えるのであれば、プライドを捨て、泥水をすする覚悟で、自ら大坂城を出る道を考えるべきだった。

徳川家の監視も受け入れ、江戸城のすぐそば、川越あたりで五万石くらいの大名になる。そして淀殿自身も、江戸に出て人質になる。秀頼は千姫と結婚していましたから、そこまですれば徳川家康もさすがに豊臣家の存続を許していたかもしれない。

でも、息子が天下人になるという夢を捨てきれなかったのかな。それが本当に秀吉の子でなかったとしても。



本郷 和人/まんきつ

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】本郷 和人(ほんごう・かずと)
1960年東京都生まれ。東京大学史料編纂所教授。東京大学・同大学院にて石井進氏、五味文彦氏に師事し、日本中世史を学ぶ。著書・監修など多数。ドラマや漫画、アニメの時代考証にも携わり、日本史をおもしろく解説してくれる第一人者として、各方面から引っ張りだこの存在。

【著者紹介】まんきつ
2015年に初の単行本『アル中ワンダーランド』を刊行。以降、『まんしゅう家の憂鬱』『湯遊ワンダーランド』など、独特の視点と描写によるコミックエッセイ、ルポ漫画が評判となる。2019年2月にペンネームを「まんしゅうきつこ」から「まんきつ」に改名。

【書籍紹介】『東大教授も惚れる! 日本史 アッパレな女たち』(集英社)

©本郷和人/集英社
©まんきつ/集英社

あなたへのオススメ記事

  • 秀吉・信長・家康……日本の頂点に立った男たちを虜にしたモテ女 「ねね」/笑う日本史⑤
  • インスタントコーヒーを発明したのは日本人だった!/日本史のウラ側⑮
  • 天下人より惚れた男!戦国No.1美女お市の選択/日本史 アッパレな女たち(1)
  • 芸者から大臣の良妻へ!鹿鳴館の華、陸奥亮子/日本史 アッパレな女たち(2)
  • NEW
    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

    食通だったら全問正解!? 日本ならではの「食べもの」クイズ

  • その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

    その言い方、大丈夫? 上司&取引先への言葉遣いのマナー

  • 知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

    知られざるエピソードにびっくり! ネーミングの秘密がわかるクイズ

  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

スキルUPの人気記事ランキング

  • 「Sake」じゃ通じない…外国人が困惑する“日本酒のミステリー”

  • 「仕事できる人ができない人を養ってる」人気漫画のセリフに賛否

  • 1月20日から仕事運がUPするのはどの星座? 1/20〜1/26の12星座占い

  • 飲酒後の「〆のラーメン」が美味しいのには理由があった! 実は体にもイイ!/毎日雑学

  • 五黄土星の2020年は久々の高運期! 1月は心身ケアを忘れずに/展望と開運2020(5)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る