スキルUP

働き方改革は“死にゲー”ではない?! 業務量を大幅カットする方法

業務量が減らないのに定時退社は無理! それで売上は伸ばせって、もはや“死にゲー”では?――ビジネスマンのボヤキが絶えない働き方改革。業務量を削減するための具体的な方法とは?

去る7月25日、ランサーズとサイボウズは「~働き方改革、楽しくないのはなぜだろう~売上げを伸ばしながら、労働時間を削減する矛盾? に立ち向かう『働き方改革』」と題したセミナーを開催した。多数のフリーランスとの協業で事業を推進するランサーズで、アウトソーシング事業部マネージャーを務める大和正幸さんが、長時間労働の抑制に成功した企業の事例を紹介する。

フリーランスの活用が業務量大幅カットのカギ!

“働き方改革”が叫ばれるようになり、各企業では従業員の長時間労働削減に取り組んでいる。ただ、「残業は禁止するけど業務量は据え置き」という企業も少なくなく、どれだけ効率化しても業務をクリアできず、頭を抱えているというビジネスパーソンの声をよく耳にする。

そうした中、大和さんは「フリーランスを活用して業務をアウトソーシングすれば、業務量は大幅にカットできる」と指摘する。

そのための方法としては、会社内の業務を「縦軸」(非定形的業務・定形的業務)と「横軸」(その場でやらなければいけない業務・どこでやっても良い業務)に振り分ける必要があるという。いわゆる“業務の棚卸し”だ。

そして、「この業務は自分じゃなくても良いだろ?」と思うような、「定形的」で「どこでやっても良い業務」(左下)をフリーランスに担わせれば、業務量を減らすことができるという。

さらに、左下の業務をアウトソーシングすることで、従業員は自分にしかできない「非定形的」で「その場でやらなければいけない業務」(右上)に注力することができ、より仕事にやりがいを見出して自分らしく働くことが可能になる。

今後、従業員の副業を容認する企業が増えていけば、コア業務に思いっ切り打ち込む“理想的な働き方”が実現できるというわけだ。

フリーランスの活用で月間176時間削減した企業も

大和さんによると、フリーランスを活用したことで、実際に長時間労働の抑制に成功した事例はいくつもあるという。

とある大手総合商社では、わざわざ自社の従業員がやる必要がなかった「業務管理レポート」「顧客納入レポート」などパソコンへの入力業務をアウトソーシングしたことで、月間労働時間を176時間削減することに成功した。

さらに、某国立大学でも「統計年鑑をデータベース化する」という業務をフリーランスに担わせるなど、フリーランスを活用することで膨大な業務量に対応するスタイルは、官民問わず広まりつつあるという。

個人のスキルが重視される社会へ

登壇したランサーズ アウトソーシング事業部 マネージャーの大和正幸さん
登壇したランサーズ アウトソーシング事業部 マネージャーの大和正幸さん

大和さんの話は、非常に明るい働き方の未来を想像させてくれる内容ではあったが、一つ引っ掛かりを覚えた。

業務内容を細かくランク分けし、フリーランスを活用することが普及すれば、仕事ができる人ほどコア業務を担え、収入をどんどん上げることができる。しかし裏を返せば、フリーランスの活用は、所得格差の拡大をもたらすのではないだろうか?

もちろん、スキルアップをすれば稼ぐ側に回ることも可能だ。しかし「貧乏暇なし」という言葉があるように、低スキル人材ほど給与の低い業務を延々と課され、自己投資に注ぐ時間も気力も無くなってしまい、格差の拡大と同時に格差の“固定化”をも加速してしまうのではないか。

とはいえ、こうした働き方が普及すれば、膨大な業務量に苦しめられることもなくなり、仕事への満足度アップも期待できる。さらに、「定形的」で「どこでやっても良い」業務は、在宅でできるものが多い。そのため、子育てや親の介護等で通勤が難しい人でも働き続けられるなど、メリットが多いのもまた事実。

そもそも、「終身雇用は約束できない」と宣言する大手企業が出てきているように、多くの日本企業は“メンバーシップ型”から“ジョブ型”に徐々にシフトしており、個人のスキルが重視される社会になることは待ったなしだ。

スキル至上主義的の社会になるのであれば、政府は早急にリカレント教育や職業訓練所を充実させるなど、様々な事情を抱えている人が簡単にスキルを身につけられる場を整備することが必須だ。

そして、私達も今後は自身のスキルがダイレクトに収入に影響することを想定し、それに備えたキャリア形成を真剣に考えなければいけないだろう。


宮西 瀬名

カテゴリ:スキルUP

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • サイボウズで働く私が「複業」の目的を達成するために実践してきたこと/明石悠佳
  • 残業もうやめたい…「定時で帰るキャラ」作りに欠かせない4つの方法/小鳥遊
  • もう絶対残業しない! あなたの仕事の「超高速化」を実現する仕事術5か条
  • 離職率3割のブラック企業だったサイボウズが「ホワイト化」した秘訣
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 日本の満員電車、海外で約100万件の“いいね”を獲得してしまう

  • 誰が悪いの? ものわかりの「良い」女はわかりやすく損し続ける/喜ぶと思うなよ(5)

  • この世から「苦手な人」がいなくなる、たった3つのルール

  • 忘れると違和感がスゴイ! ずっとマスクの理由とは?/ほむら先生はたぶんモテない(14)

  • 12月16日から仕事運がUPするのはどの星座? 12/16〜12/22の12星座占い

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る