スキルUP

久保建英は“お買い得品”だった! レアル・マドリーの思惑とは

日本で大きな話題となっているサッカー日本代表・久保建英の動向。天下のレアル・マドリーは、なぜこの日本人選手と契約したのでしょうか? 移籍金や年俸の安さに対し、その話題性と利益の大きさを考えると、彼らにとっては「割り良い投資」とも言えます。その思惑に迫ります。

6月14日に決定した久保建英(18歳)のレアル・マドリー移籍は、日本スポーツ界における令和最初の超ビッグニュースとなりました。

9歳でバルセロナの下部組織に入り、帰国してFC東京に入団後は15歳10ヶ月10日で史上最年少のJリーグデビュー、18歳で日本代表デビュー(史上2番目の若さ)と、数々の伝説を残してきた久保は、日本サッカー界の至宝です。

一方、「白い巨人」の異名で知られるレアル・マドリーは、言わずと知れた超名門。スペインリーグを33回、欧州チャンピオンズリーグを13回、クラブワールドカップを7回制した実績は他の追随を許さず、5月には米経済紙『フォーブス』に「世界でも最も価値の高いサッカークラブ」に選出されています。

失敗しても損はない「先行投資」

では、レアル・マドリーはなぜ久保を獲得したのでしょうか。実力と潜在能力が評価されたのは確かでしょう。その点が今回の契約の前提にあったことは間違いありません。

一方で、これが「即戦力の補強」ではなく、「先行投資」の意味合いが強いこともまた明白です。

久保と同じポジション(ウイングとインサイドハーフ)には、新加入のエデン・アザールとロドリゴはじめ、ガレス・ベイル、マルコ・アセンシオ、ヴィニシウス・ジュニオール、ルカ・モドリッチ、トニ・クロース、イスコなど、世界有数のスーパースターや若手逸材がひしめいています。

実際、プレシーズンのアメリカツアーこそトップチームに帯同した久保ですが、その後は当初の予定通りBチームでプレー。さらに8月22日には、同じスペイン1部リーグのマジョルカへ1年レンタルで放出されました。レアル・マドリーに怪我人が続出していたにもかかわらず、です。

つまり現時点で、久保はトップチームの戦力としてはカウントされていなかったわけです。

ただ、久保の獲得・保有のコストは極めて安価。ビジネスシーンに照らし合わせて端的に言えば、この契約は「成功すれば儲けもの、失敗しても損なし」という類の“投資案件”なのです。

獲得コストはタダ同然

その理由の一つが「移籍金」です。

サッカー界の移籍の多くは、選手を獲得したクラブが保有権を持っていた前所属クラブにお金を払うことで成立します。しかし久保はFC東京との契約が6月3日で満了していたため、いわゆるフリーエージェント(無所属)になっていました。そのためレアル・マドリーは、実質的に「タダ」で久保を獲得できたのです。

この点は、レアル・マドリーにとって大きな魅力でした。サッカー界の移籍金は高騰の一途で、今夏にチェルシーから引き抜いたアザールの獲得コストは、実に1億ユーロ(約125億円)。彼のような世界的なスーパースターはだけではありません。昨夏のヴィニシウス、今夏のロドリゴはいずれも久保と同じ18歳ですが、レアル・マドリーはそれぞれの獲得に4500万ユーロ(約56億円)を払っているのです。タダだった久保がどれだけ“お買い得品”だったかが分かるでしょう。

同じく「年俸」も低く抑えられています。

久保の年間100万ユーロ(約1億2500万円)と言われるサラリーは、今シーズンはレアル・マドリーとマジョルカが折半して負担するようです。ただこの金額も、クラブ内水準に照らし合わせればかなり抑えられています。アザールには1100万ユーロ(約14億円)を用意し、久保と同じく18歳で入団したヴィニシウスには250万ユーロ(約3億円)を払っているのです。

サッカークラブでは世界一の、7億5100万ユーロ(約938億円)という年間売上高を誇るレアル・マドリーにとって、100万ユーロという金額は微々たるものでしかありません。

話題性、マーケティング効果は絶大!

さらに、スポンサー対応や話題性という側面も見逃せません。

例えば、レアル・マドリーと久保のブランド・スポンサーはいずれも「アディダス」。久保がいずれスター選手になれば、理想的な広告塔になりえます。

加えて、「日本のリオネル・メッシ」と早くから話題になっていた久保との契約で、日本でも「レアル・マドリー」や「マジョルカ」の名前が連日報道されていますし、日本人選手が加入したクラブにファンやメディアが押し寄せて、利益をもたらすことは欧州で広く知られるところ。マーケティング効果は絶大なのです。

総合すると、レアル・マドリーにとって久保は、獲得・保有のコストが極めて安価なわりに、大きな話題・利益をもたらしうる存在なのです。より出場機会がありそうなマジョルカで活躍すれば、いずれ呼び戻して戦力にする、もしくは他クラブに売却してキャピタルゲイン(売買差益)を得ることができます。

つまり、これは非常に「割りの良い投資」と言えるのです。


増田 湊斗(サッカーライター)

カテゴリ:スキルUP

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • “世界一リッチなクラブ”はここまで稼ぐ! 欧州サッカーの知られざる「収益構造」
  • 「やられたらやり返す!」 欧州サッカー界で展開されるアディダス vs. ナイキの“仁義なき戦い”
  • サッカー界のスーパーセレブ、C・ロナウドの「財テク」がハンパない!
  • 楽天はバルサに68億円を投資! 欧州サッカー界の“胸スポ”最新事情とは?
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 誰が悪いの? ものわかりの「良い」女はわかりやすく損し続ける/喜ぶと思うなよ(5)

  • この世から「苦手な人」がいなくなる、たった3つのルール

  • 手帳をデジタル化するなら「iPad mini」がおすすめな理由

  • たいして親しくない人と2人きりの気まずさを切り抜ける会話術

  • 忘れると違和感がスゴイ! ずっとマスクの理由とは?/ほむら先生はたぶんモテない(14)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る