スキルUP

目指すはゴレンジャー! 仲間は学びを加速させる/スゴイ! 学び方(6)

最小のインプットで未来に成果がついてくる! 350万人を魅了してきた著者・山﨑拓巳氏が教える、努力よりも大切な「正しい学び方」を『最高のアウトプットができる スゴイ! 学び方』よりご紹介します(第6回)。

仲間は「学び」を加速させ、絶対量を減らす

『たたら侍』などの作品で知られる映画監督の錦織良成さんとお会いしたときに、こんな話になりました。

「映画、やりたいんです」

と僕がつぶやいたときに……、

「監督は初めてでも勤まる!」

と錦織さんは言い切りました。

照明も、撮影も、音声も、すべて初めてよりも経験を重ねたほうがテクニックもなにもかもドンドンとうまくなっていくが、監督は違う。

監督の仕事は、「これを伝えたい!」という強い思いを表現すること。

この強い思いが、1回目よりも2回目、2回目よりも100回目が強くなるわけではないと言われるのです。

なによりも、こう言ってくださる錦織監督の愛を感じました。

「そんなに甘い世界じゃないんだよ!」

と諭(さと)されると思っていた僕には、目から鱗でした。


では、ここであなたに問います。

あなたの伝えたい「強い思い」はなんですか?

「はい。それが見つからないんです」

それでは、答えになりません。

「これが伝えたい」に至るまでの「このことに没頭しています」「このことを深掘りしています」という経験が過去になかったから、実は今、「強い思い」は手元にないのです。


人生は決して長くありません。ムダに過ごしている時間は、「将来、後悔する時間」です。だからこそ、あなたがあなたに関して、詳しくなってください。

「何に惹かれ」

「何に感動し」

「何を嫌い」

「何を探求し」

「何に恐れを感じ」

「何に喜びを感じるのか」

……自分を知る旅こそ、人生です。


それらを探求し始めると、自分とよく似た人に出会います。

あなたと同じ流派の人です。出会えれば、人生は豊かになります。

その人を探すのではありません。

自分が自分を深掘りしていると、自(おの)ずと出会うのです。会えばわかります。ピッタリ合うとわかります。


僕はよく、「ゴレンジャーをつくれ」って言っています。

ゴレンジャー。いわゆる戦隊特撮モノの元祖です。

仮面ライダーは、1人で敵と戦いますが、ゴレンジャーは5人がかりなんです。火の達人がいたと思えば、水の達人、力の達人……みんなスゴイのですが、それぞれが得意分野に特化しているのです。

バランスのいい人は1人もいませんが、遠目で5人を見ると、なかなか、バランスのいい5人組に見えるのです。

これこそ、チーム戦の達人! これこそ、自分を活かす技なのです。


だから僕は、「この人、スゴイ!」と思うと、

「ご飯に行ってください」

とお願いするようにしています。

「どんな人生を経て今に至っているのか」を知りたくて仕方がありません。

「何をキッカケにスゴクなったのか?」に興味津々です。

「なぜスゴクなる必要があったのか?」も知りたいのです。

そして、そのお話のなかで何か学べるものはないかと宝探しの気持ちMAXです。


スティーブ・ジョブスの大学でのスピーチや、彼の「最後の言葉」と呼ばれるメッセージも心に沁みます。

孫正義さんの「おばあさまとの関係」の話は「なぜ、孫さんが孫さんなのか?」を知ることができる素晴らしいエピソードです。

いずれも涙なしでは聴けません。

そして今の時代、昔とは比べものにならないレベルでそれらのコンテンツを学べるようになりました。

すでにスゴクなっているその人に慄(おのの)いているだけでは、なにも知ることはできません。その人の生きてきた過程にこそ、学ぶべき宝があるのです。


「どうしてそれをやろうと思ったんですか?」

「誰を尊敬していますか?」

「誰にありがとうを伝えたいですか?」

「誰を喜ばせたいですか?」

「今振り返ると、いつが名場面でしたか?」


……聴けば聴くほど、学びの連続です。

このように学んでいく過程で、仲間ができることと思います。

その仲間と一緒に学ぶことも楽しいものです。

学び合えば、効果効能も速く、深く、より簡単に得ることができます。

たとえば、「ライティング」(=文章を書く力)について学ぶならば……、仲間が5人いるなら、1人1冊そのテーマの本を読み、5人で発表会をやるのです。

各人が発表できるように咀嚼(そしゃく)しますので、ガッツリ1冊、学んでその会に臨みます。

また、そうやって学んだ他の4名が紹介する4冊のエキスを知ることができます。

こうした取り組みを続けるうちに、「ライティングなら〇〇さんが得意だ」「マーケティングなら〇〇さんが得意だ」「セールスだったら」「キャッチコピーなら」……、と各分野のスペシャリストがあなたの周りに現れてきます。

こうなったらお互いの活かし合いです。要所、要所で力を借りたり、貸したりすることで強力なユニットになっていくのです。

【スゴイ! 学び方】


ブレーンを持つと、学びは加速し、助け合いにより能力は巨大化していく。



山﨑 拓巳

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】山﨑 拓巳(やまざき・たくみ)
1965年三重県生まれ。広島大学教育学部中退。20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立以来、30年以上も多岐に渡り事業を同時進行に展開中。現在まで40冊以上を上梓し、累計150万部のベストセラー作家。講演も大人気を博しており、コミュニケーション術、メンタルマネジメントなど、多ジャンルにわたりスピーチをしてきた。

【書籍紹介】『最高のアウトプットができる スゴイ! 学び方』(かんき出版)

あなたへのオススメ記事

  • 答えを知りたい? ならば“答えを知っている人”の懐に飛び込め!/スゴイ! 学び方(2)
  • 高校生の僕が、たった4時間の東大合格者による即席塾から学んだこと/スゴイ! 学び方(3)
  • 「やらされる」から「やる」へ! 学ぶ理由を意識せよ/スゴイ! 学び方(4)
  • 友人、先輩、情報源…「賢者のリスト」を持てば人生が変わる/スゴイ! 学び方(5)
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 【SE女子の日常】冬の工場勤務は寒すぎる/ぞえ

  • バスケの背番号が「4」から始まるのはなぜ?/スポーツがますます面白くなるクイズ(9)

  • バカで可愛い若い女を妻にしたい日本男児vs不倫したい欧米男子/喜ぶと思うなよ(3)

  • 17時59分のボンバーマンよ、終業数分前の爆弾投下はやめてくれ!/会社員という生き方(4)

  • 「二段階睡眠」で体と心の疲れを解消。稼ぐキャバ嬢は睡眠にこだわる/億稼ぐ技術(17)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る