スキルUP

「やりたいことをやる!」―MIT卒業生が語る、時代を生き抜くヒント

マサチューセッツ工科大学(MIT)と言えば、ノーベル賞受賞者を数多く輩出している全米屈指の名門校。同校を卒業して各界で活躍する日本人が語った、これからの時代を生き抜くためのヒントとは……?

8月25日、MIT卒業生からなる日本MIT会と、TOEIC® Programを運営するIIBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)の共催で「地球人財創出会議(※) サマー・セッション」が行われた。アメリカの名門・マサチューセッツ工科大学(以下、MIT)の卒業生が登壇し、「未来のチェンジメーカーのための、イノベーター・リアルトーク」というテーマで、自身が現在取り組んでいるベンチャー・ビジネスや、MITで学んだことについて語った。

これからの時代を生き抜くため、若いうちに何をしておくべきか――。各界でイノベーターとして活躍するMIT卒業生たちの言葉を紹介する。

勉強のための勉強はしなくていい

Musca Inc. 取締役COOの安藤正英氏
Musca Inc. 取締役COOの安藤正英氏

バイオベンチャーのMusca Inc.で取締役COOを務める安藤正英氏は、「目的を達成するためのツールとして“勉強”をすることに尽きる」と話す。

「勉強のため勉強は、全く意味がないと思っている。極論を言えば、勉強はしなくていい」(安藤氏)

「何のために、何をすればいいのか?」を整理することが、実社会でとても重要であると指摘したうえで、「それができる人が一番力を発揮する」と語った。

終身雇用制度が崩れつつある現在、将来の不安から資格取得や英会話の勉強を始めた人は少なくない。そういった自己投資は良いことではあるが、「その勉強は何に役立てる予定なの?」と“目的”を聞いても、明確な回答ができる人はあまり多くないだろう。

現状の不安感を払拭するために“とりあえず勉強する”のではなく、まずは“目的”を定めてから勉強するようにすれば、定着度やモチベーションを高めることができるそうだ。

没頭できるものを見つけよう

Astroscale Japan Inc.の小林裕亮氏
Astroscale Japan Inc.の小林裕亮氏

「まずは『自分が没頭できる』という感覚が重要」と指摘するのは、宇宙ベンチャー・Astroscale Japan Inc.のミッション・システムズエンジニアである小林裕亮氏。

実は、小さいころから「これ!」という明確な夢があったわけではないという小林氏。「それが結構コンプレックスだった」と口にするも、「その時々の『これは面白い!』『これをやっていると時間を忘れる』といった感覚は、大事にしてほしい」とアドバイス。

「自分がやっていることを何かしらの社会貢献につなげたい」という思いを持つのも良いことだが、最終的にそこにつながればいいと考え、まずは自分が没頭できるものを見つけることがポイントだろう。

“できない理由”を“できる理由”に変換する

VISITS Technologiesの高橋聖氏
VISITS Technologiesの高橋聖氏

HRテックベンチャーのVISITS Technologiesでデータサイエンティストとして活躍する高橋聖氏は「人間は“できる理由”より“できない理由”を考えることが非常に得意なので、意識して“できない理由”を“できる理由”に変えてほしい」と話す。

確かに、人間は“できない理由”を探す天才だ。ダイエットを決意しても「雨が降りそうだから今日はジョギングをやめよう」「その代わり今日は階段をよく使ったし、無理しないでおこう」など、適当な理由付けをして、できないことを正当化しようとしてしまう。何かに挑戦しようとする時に必ず現れる、どうにかして「できない理由」を突き付けてくるもう一人の自分を、合理的かつ積極的に説得する術を身に着けておく必要がある。

さらに、高橋氏は「何でも良いからチャレンジしてほしい」と、実際に体験することの大切さを語る。

実際に体験しなければ、「自分は何に夢中になれるのか?」「どういうことが自分は好きなのか?」は見つからない。家の中でグダグダ考える暇があるなら、少しでも自分が興味を持ったものに積極的に挑戦することで、これからの時代をリードするビジネスパーソンになる可能性を高めることができるだろう。

◇ ◇ ◇

三人が指摘した「やりたいこと・目的を見つけること」の重要性。“やらされることをやる”のではなく、“やりたいことをやる”ということが、これからの時代で輝くために重要だと言えそうだ。


※「地球人材創出会議」とは…インタラクティブセッションを通じて、グローバル人材の育成に関する諸問題・課題について、考え、学び合う場。各分野の第一人者をゲストスピーカーに迎え、ディスカッション、セミナー等を実施する。一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会が主催。


文=宮西 瀬名

カテゴリ:スキルUP

【プロフィール】
安藤 正英(あんどう・まさひで)氏
Musca Inc. 取締役COO。
1996年、三井物産株式会社入社。2015年、アナダルコペトロリアム社マネージングダイレクター(モザンビークプロジェクトファイナンス)。17年、文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクトに参画。18年に株式会社ムスカに参画し、19年1月に取締役COOに就任。一橋大学社会学士、MIT経営大学院経営学修士(MBA)。

小林 裕亮(こばやし・ゆうすけ)氏
Astroscale Japan Inc. ミッション・システムズエンジニア。
MIT航空宇宙工学科において修士号取得後、大手電気機器メーカーの宇宙事業部門を経て、現在はスペースデブリ除去を事業とするスタートアップで、ミッション・システムズエンジニアとして働く。2020年打ち上げ予定の技術実証プロジェクトをリーダーの1人として推進。

高橋 聖(たかはし・さとし)氏
VISITS Technologies データサイエンティスト。
MIT機械工学科において博士号取得後、コンサルティングファーム、大手IT系企業を経て、現在はスタートアップにてデータサイエンス業務に従事。メインプロダクトのアルゴリズム設計や人材データを活用した新規サービス設計、その他各種データ分析を手がける。

あなたへのオススメ記事

  • 若手社会人が「変化できる人」になるためにすべきこと/Shin
  • 年を取って気づいた「若い頃にやっておけばよかったこと」ランキング
  • 「英語習熟速度に年齢は関係ない」 MITが発表した研究結果が話題に
  • 足りないのは「やる気」だけ⁉️まずは「形」から始めても/「のび太」が教えてくれたこと(5)
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 誰が悪いの? ものわかりの「良い」女はわかりやすく損し続ける/喜ぶと思うなよ(5)

  • この世から「苦手な人」がいなくなる、たった3つのルール

  • 手帳をデジタル化するなら「iPad mini」がおすすめな理由

  • たいして親しくない人と2人きりの気まずさを切り抜ける会話術

  • 忘れると違和感がスゴイ! ずっとマスクの理由とは?/ほむら先生はたぶんモテない(14)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る