スキルUP

映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台を訪ねる/ちはっぴー

体験型ブログ「ちゃりろぐ」を運営するちはっぴーさんが、実際に海外のさまざまな国を訪れて現地の文化を学ぶ海外旅行シリーズ。今回は映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台・ザルツブルクを訪ねます。

こんにちは! ブロガーのちはっぴーです☆彡

さて、今回は音楽の街ザルツブルクから失礼致します。

ザルツブルクといえば、岩塩鉱があることやモーツァルトが生まれたことで有名ですが、実はもう1つ、超大目玉の観光スポットがあるのです。

それは映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台だということ! るるる〜!

ということで、ザルツブルクの美しい街並みと『サウンド・オブ・ミュージック』ゆかりの地についてご紹介していきたいと思います。

『サウンド・オブ・ミュージック』ってどんな映画?

『サウンド・オブ・ミュージック』は1965年に公開されて以降、世界中で50年以上も愛され続けているミュージカル映画です。

かなり古い映画ですが、10代や20代の若い世代も、音楽の授業などで一度は観たことがあるのではないでしょうか。

まあ、私は観たことないんですけどね!(恥ずかしい限り)

しかしせっかくザルツブルクに行くならどんな物語か知っておこう、ということでざっくりあらすじを勉強しておきましょう!

『サウンド・オブ・ミュージック』のあらすじ

『サウンド・オブ・ミュージック』のあらすじはこんな感じです。

“1938年、オーストリア・ザルツブルク。古風で厳格な教育方針のトラップ家に家庭教師としてやってきた修道女マリアは、子どもたちに音楽や歌うことの素晴らしさを伝えていこうとするが、子どもたちの父親であるトラップ大佐とは事あるごとに衝突してしまう。やがて、自分がトラップ大佐にひかれていることに気付いたマリアだったが、そんな折、トラップ大佐は再婚が決まってしまう――。”
(※参考:映画.com)

さらに調べていくと、かの有名な「ドレミの歌」もこの映画から生まれた曲だということが発覚。

なんと! 俄然興味が湧いてきたぞ……!

映画は見ていないが、ミラベル宮殿庭園へ

さて、私が実際に訪れたのはミラベル宮殿庭園。

主人公のマリア先生が、子供たちと一緒に「ドレミの歌」を歌い、踊ったシーンに登場したことで有名(らしい)です。映画ファンでなくても大興奮できる、とっても美しい庭園でした……!

(背景を撮影するのがとにかく下手な私……)
(背景を撮影するのがとにかく下手な私……)

実はこちらの宮殿は、その昔、モーツァルト親子が演奏したこともある由緒正しい場所でもあります。

せっかくなのでモーツァルト関連の観光地にも行ってみる

さて、映画を見ていない私にとって、ミラベル宮殿以外はあまり見応えがなさそうだ……。

他の観光スポットを探していると、モーツァルトの住んでいた家があると聞きつけ、早速訪れてみました。

写真を撮り忘れてしまったのですが、中はかなり凝っていて、可愛い展示がたっぷり。

ほぼ全ての展示に英語の説明文がついているので、英語を学習中の方は頑張って読んでみると楽しいと思います!

(唯一撮影していた展示。モーツァルトの父、レオポルト・モーツァルト)
(唯一撮影していた展示。モーツァルトの父、レオポルト・モーツァルト)

ただしここで問題が。

「とっても見応えがあったー!」と満足していたら、モーツァルトの生家はほとんどがモーツァルトの父、レオポルト・モーツァルトのお話だったことが発覚。

・父:レオポルト・モーツァルト
・息子:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

どおりで「モーツァルト」が2人出てくるなあと思っていたんだ! 2時間もかけてモーツァルトの父の物語を追ってしまったよ!

2時間ぶっ続けで英文を読み続けた私には、メインのモーツァルト(息子)が住んでいた家の展示を見る気力は残っていませんでした。

みなさんは、こんなアホな間違いをしないように気をつけてくださいね……。しゅん……。

ザルツブルクは音楽に興味がなくても楽しめる!

 
 

正直言って、私はクラシック音楽を聴かないし、ミュージカル映画も見ないし、音楽にはあまり興味がありませんでした。

しかし不思議なことに、実際に著名人ゆかりの地などに訪れると、意識が変わっていくもので。

なんとなく興味を持ってクラシック音楽を聴き始めてみると、意外と聞いたことのある曲が多く、心地よく感じる自分がいます。

普段行かない場所へ飛び出した結果、予期せぬ出会いから新しい発見や趣味につながるこの瞬間が、たまらなく愛おしい!

みなさんも是非一度ザルツブルクを訪れてみてください。素敵な出会いがありますように!


ちはっぴー

カテゴリ:スキルUP

【著者紹介】ちはっぴー
国内外をフラフラ旅する23歳。大手電機メーカーを退職後、現在フリーランスのWEBエンジニアとして活動中。外国人と友達になりたくて、英語の勉強を始めて13年。シンガポール/ロンドン/セブに短期留学の経験あり。
Twitterで #はぴログ というタグで英会話動画の発信を始めた結果、50名以上が様々な言語で動画を発信するコミュニティに発展。恥ずかしがらずに英語を話すことをモットーにしている。
■Blog:「ちゃりろぐ」
■Twitter:@charlielog_ggg

※参考リンク
サウンド・オブ・ミュージック(映画.com)

★ビジネスに役立つヒントが満載「スキルUP」記事一覧はこちら

あなたへのオススメ記事

  • 英会話初心者オススメ教材「Side by Side」の気になる内容は?/ちはっぴー
  • 「野望とかある?」オンライン英会話でセルビア人講師と語らう/ちはっぴー
  • ドイツに、シンデレラ城が実在!? ヨーロッパ周遊記(1)/ちはっぴー
  • 階段を上った先に素敵な「出会い」があった! ヨーロッパ周遊記(2)/ちはっぴー
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 誰が悪いの? ものわかりの「良い」女はわかりやすく損し続ける/喜ぶと思うなよ(5)

  • この世から「苦手な人」がいなくなる、たった3つのルール

  • 手帳をデジタル化するなら「iPad mini」がおすすめな理由

  • たいして親しくない人と2人きりの気まずさを切り抜ける会話術

  • 忘れると違和感がスゴイ! ずっとマスクの理由とは?/ほむら先生はたぶんモテない(14)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る