スキルUP

過去の失敗と他との比較。自己肯定感を下げる2つの罠/自己肯定感の教科書(7)

仕事に恋愛、子育てに人間関係……人生は自己肯定感で10割決まる。人気カウンセラー・中島輝氏が教える、自己肯定感を高めて明日への力をみなぎらせる方法を『何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 自己肯定感の教科書』よりご紹介します(第7回)。

自己肯定感の2つの罠とは?――「過去」と「比較」

私が自己肯定感の真実としてお伝えしたいポイントは、3つあります。

3つめのポイントは、「過去の失敗へのこだわりやトラウマ」「他人との比較や劣等感」この2つの罠が自己肯定感を低下させるという真実です。

大人になると自己肯定感は下がりやすくなります。大きく分けて理由は2つあります。1つは、経験が増えるからです。

とくに失敗した経験というのは、強く印象に残ります。そして、同じ失敗を繰り返したくないという意識も高まります。これが自己肯定感を低くするトリガーとなっていくのです。

たとえば、あなたもこんな経験をしたことがあるかもしれません。


・プレゼン中に頭が真っ白になり、何も話せない空白の数分を経験してしまった。

・徹夜して仕上げた渾身の企画書が、「いまいちだな」と一蹴されてしまった。

・よかれと思ってやったのに、「余計なことはしなくていい」と言われた。

・一生懸命、料理をつくったのに、「お腹いっぱいだから」と食べてもらえなかった。


私たちは過去に失敗体験をしたことに対して、苦手意識を持つようになります。会議で発言するのを避けたくなり、プレゼンが恐怖になり、新たな提案をするのが億劫になったり、何をやっても邪魔してしまうかもと思ったり、彼のご機嫌を過度に伺うようになったりします。

そして、プレゼンが恐怖になった人は、上司から「来月の取引先でのプレゼン、よろしく」と言われたら、その日から確実に憂鬱な気分になって自己肯定感も低空飛行を始めます。

もう1つは、他人と比較をしてしまうからです。


・自分は同僚の誰々よりも仕事ができない。

・いつも笑顔で可愛がられる後輩のように振る舞いたいのに、うまくいかない。

・他のお母さんのように子育てがよくできない(だから子どもがいじめられる)。

・私にはみんなのような女性としての魅力がない(だから恋愛が長続きしない)。


どうしても他の人と比較してしまう。人生が長くなるにつれて、比較の対象は増えていくように思えます。

たとえば、偏差値でたとえるなら、偏差値55だった私が勉強をし、56、57、58と少しでも上昇したとき、自分のがんばりと努力によって結果を出したんだと、自分を認めていくことで自然と自己肯定感が高まります。

ところが、友達のAくんは偏差値65だと知ったとしましょう。そこで、Aくんと自分を比較し始めると「自分がこれだけがんばったのにAくんに負けているなんて、自分は勉強ができないんだ」と考え、自己肯定感が下ってしまうのです。

身近にいる人をライバルとして定め、競い合うことで力を伸ばすというのは、勉強や仕事で成果を出すために有効な方法ではあります。しかし、それが正しく機能するのは自己肯定感が高まっているときのこと。

「偏差値55だった私が勉強して、58になった。よくやった。これからまたがんばろう」と自分自身を認めることが重要です。

そのステップを踏まず、「でも、Aくんは65だから」と比較してしまうと自己否定が始まってしまいます。

「認めてもらいたい!」気持ちに要注意

過去のトラウマや劣等感により、自分で自分のことを前向きに評価できないとき、人は周囲から認められたいという承認欲求が強くなります。人から承認されることによって、存在の安心を得ようとするのです。

承認欲求は誰もが持っている欲求です。ところが、自己肯定感が低いままでは、自分で自分を認められないから心が満たされず、欠乏感によって他者からの評価を求めてしまうのです。

すると、行動が依存的になってしまいます。

勉強なら、教師や親の求めに応じてがんばる状態です。とにかく、教師や親に認められるためにがんばるのです。

仕事なら、「あなたのがんばりが必要だ」「このノルマを絶対に達成しろ」と言われ、ブラックな環境でも、「認められよう」とぎりぎりまで耐えてしまいます。

子育てなら、良い小学校に入ることが、良いお母さんとして認められることだと思い込み、子どもの考えや夫の状態もかまわず、がんばってしまいます。

仮にこの状態で学校の成績が上がったり、職場でのノルマをクリアしたり、良い小学校に子どもが入学することができたとしても、スタート地点で「自分で自分を認めていない」ので充足感は得られません。むしろ、「次は何をしたらいいのだろう?」とまた周囲に指示を仰ぎ、そんな自分に無力感を覚えて、自己肯定感をさらに低くすることになってしまうのです。

行動の動機が「やりたい」ではなく、「承認欲求を満たすため」になったままでは、いつまでもやらされ感から脱することができず、結果を出しても自己肯定感が低下する負のスパイラルに陥ってしまいます。また、エスカレートすらすることがあります。

ここで注目したいのは、「認めてもらいたい!」気持ちが強くなったら、自己肯定感が低くなっているのだな、と気づくことです。そしてムリに高めようとしないことです。

それだけで自分の状況を冷静に見つめることができるのです。


著=中島 輝

カテゴリ:スキルUP
Amazonで詳細を見る
何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 自己肯定感の教科書

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 自己肯定感の教科書

作者: 中島 輝
出版社/メーカー: SBクリエイティブ
発売日: 2019-02-16
メディア: 単行本

【著者紹介】中島 輝(なかしま・てる)
自己肯定感の第一人者、心理カウンセラー、作家。トリエ代表。30年間の人体実験と独学で習得した技法を用いたカウンセリングとコーチングを24時間365日10年間実践。15,000名を超えるクライアントにカウンセリングを行い、回復率95%、「奇跡の心理カウンセラー」と呼ばれる。

あなたへのオススメ記事

  • 「あ~目がつらい!」PCやスマホで目を使い過ぎなら、今スグやるべき疲れ目対策とは?
    PR
  • まず一喜一憂をやめてみる。折れない心の作りかた/自己肯定感の教科書(4)
  • 自己肯定感を高めるには2つのルートがある/自己肯定感の教科書(5)
  • 「できた!」のご褒美でモチベ維持。スモールステップの原理/自己肯定感の教科書(6)
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 嘘やろ...? オフィス向け「松屋の牛丼」自販機にネット騒然

  • 実はクロールより速い泳法もあるのに「自由形」の主流がクロールな訳/毎日雑学

  • 高校教師、社会人の「わかりません」発言は無能と言い放つ

  • 旗竿を抜きに行くのが面倒で、刺したまま打ったらカップイン!認められる?/ゴルフルール(8)

  • 17時59分のボンバーマンよ、終業数分前の爆弾投下はやめてくれ!/会社員という生き方(4)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る