スキルUP

ついイラッ!としてしまう“ワーママあるある”にどう対応すべき? ワーママ起業家に聞く賢い対処法

あなたが働く部署には育児しながら仕事をするワーキングマザー(ワーママ)はいるだろうか? 急な早退があったり、仕事が中途半端になってしまいがちなことに悩まされたり不満を持っている人もいるかもしれない。そんなワーママにどう対応すべきか、またワーママたちはどう立ち振る舞うべきかを、ワーママ起業家の池原真佐子さんに聞いた。

働き方改革で多様な働き方が増える中、産後間もなく職場復帰し、乳幼児を育てながら働く社員が社内にいるのは当たり前になってきた。

そんなワーキングマザーやワーキングファザーのいる社内では、「子どもの急な体調不良による早退が多発」「仕事の引き継ぎが不十分で社内で困った事態になる」などのトラブルが生じることもよくある。

果たして、解決策は?

起業後、臨月で夫が海外転勤になり、ワンオペ育児をしながら仕事を両立してきた株式会社MANABICIA代表の池原真佐子さんは、仕事と育児の両立にかけてはエキスパート的な存在。

株式会社MANABICIA代表 池原真佐子さん
株式会社MANABICIA代表 池原真佐子さん

自身で起業した会社、(株)MANABICIAでは、経験豊かな女性をメンターに育成するスクール「Women’s Career Mentor Academy」やメンターを企業に派遣する「Mentor For」という事業を立ち上げ、経験あるキャリア女性がメンターとなり社会の中でメンターを広げていく仕組みを作り、さらにメンターマッチングや法人派遣による若き女性の育成にも貢献している。登録している公式メンターのなかには育児経験がある女性も多い。

そんな池原さんに、よくある社内のトラブル解決策を聞いた。

ワーママ・ワーパパがいる職場のよくあるトラブル!対策は?



【子どもの急な体調不良で早退多発!他社員に仕事の負担が増している】

「子どもの体調不良で急に呼び出されるのは本当によくあるシーンですね。私も子どもが最初に認可園に登園したときは、3ヶ月くらいはほとんど病気ばかりでした。また、子どもが生まれる前に会社で働いていたときは、同じ部署のワーママがしょっちゅう保育園から呼び出されている姿も見ていたので、周囲のチームメンバーの気持ちはとてもよくわかります。

ワーママ・ワーパパ社員は、常に自分の仕事をオープンにしておき、自分が不在のときに他の人にやってほしい重要・緊急度の高いことと、翌日以降でも構わないことを明確にしていなければなりません」

一方で、周囲の社員も意識すべきことがあるという。

「周囲の社員も『自分ばかりが負担している』という意識を減らすことです。確かに一時期には、負荷は増すかもしれません。しかし自身もいつ何時、子どもが生まれるか、あるいは介護が発生したり、ご自身や家族の健康状態が悪化したりするか、わからないのです。人間いつでもロボットのように100%の力で働けるとは限りません。時に60%の力の人がいたとしても、お互い様ではないでしょうか。

どうしてもワーママ・ワーパパの分の業務量が増えて、心身ともに疲弊しているというのであれば、それはマネジメント側が考えなければならない問題です。上司と交渉し、分担を見直すか、無駄な作業を割愛するか、そのような処置を取っていきましょう」


【急なお迎えなどで早退するときの引継ぎが不十分で、いつも困った事態になる】

「早退する人の引き継ぎの具体的な方法としては、次のことが挙げられます」

1)常に「何の仕事がどこまで進んでいるのか」が他の人から見えるようにする。(Excelで進捗管理して他のメンバーとも共有する等)

2)重要・緊急度の高い仕事は、特に明確にし、いざ早退するときに誰に依頼するかをあらかじめ決めておく。

逆に、自分に余裕があるときはその人の仕事も積極的に引き受ける。

3)どの資料がどこに格納されているのかが一目瞭然であるようにする。

残された社員が、あの資料どこにあるんだ?と本人不在で探す時間は、負担が大きいものです。

「また周囲のメンバーは、困った事態になると予想できたり、過去にそのような事態になったりしたのであれば、このやり方を早退する当事者に教えてあげてください。

子育てと育児の両立でいっぱいいっぱいのときは、なかなか気が回らないことも多いもの。だからこそ困った事態になる前に、周囲のメンバーは『あの人いつも引き継ぎが甘くて困ったね』と裏で言うのではなく、直接本人に『この前はとても困った。だから今度からこういう風にしてほしい。具体的には…』ときちんと伝え、やり方を教えてあげればいいのではないかと思います。

それでも改善されない場合は、どこに無理があるのか、なぜ改善されないのかを本人と話し合い、皆が気持ちよく働ける方法を一緒に考えることが大切だと考えます」


【ワーママ・ワーパパから仕事を替わってもらった人への感謝の気持ちが感じられない】

「仕事は常にチームで行うので、お互いに感謝をしたりねぎらったりは大切ですよね。特にワーママ・ワーパパは、他の人に頼る場面も多いので、感謝がない場合は、とても目立ってしまうのでしょう。

しかし、もともと感謝の言葉を伝えるのが苦手なタイプなのか、あるいは、育児をし始めてからそうなったのかを考えてみてください。後者であれば、何か思いつめているか、余裕が無いのか、事情があるかもしれません。『感謝して当然』『感謝しないなんてひどい』と思う周囲の気持ちもわかりますが、一旦その人に寄り添い、もしかなり余裕がなく苦しい状況なのであれば、ランチで話を聞いてあげるなどのサポートもできるかもしれません。


人間は完璧ではありません。常識的に『こうすべき』だと思っていても、抜けてしまうことも、思いが至らないこともあります。まず本人と話し合ってみることをおすすめします。周囲の方も違う視点が開けてくるかもしれません」

ワーママ・ワーパパ自身はもちろん、周囲の社員も柔軟に対応する必要がありそうだ。ぜひヒントにして、トラブルを対策したい。


一ノ瀬 聡子

カテゴリ:スキルUP

【プロフィール】池原 真佐子(いけはら・まさこ)
早稲田大学・大学院で成人教育を専攻(教育学修士)、INSEADでコーチングの修士を取得(Executive Master in Change)。PR会社、NPO、コンサル会社を経て2014年に (株) MANABICIAを立ち上げ、2018年、メンターを企業に派遣する「Mentor For」を開始 (「育キャリカレッジ」から2017年7月に改称)。2年半のワンオペ育児を経て現在はドイツと日本の2拠点生活。

(株)MANABICIA
Mentor For
Women’s Career Mentor Academy

あなたへのオススメ記事

  • 「働き方改革」を考えるためのビジネス書5選/けいろー
  • 部下の個性を強みに変えろ! ワーママ部下のトリセツとは?/えりたの社会人4年目(2)
  • 働き方改革は“死にゲー”ではない?! 業務量を大幅カットする方法
  • キャリアの悩みを本音で話せる! 成長できる!「社外メンター」を持つべきこれだけの理由
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 誰が悪いの? ものわかりの「良い」女はわかりやすく損し続ける/喜ぶと思うなよ(5)

  • この世から「苦手な人」がいなくなる、たった3つのルール

  • 手帳をデジタル化するなら「iPad mini」がおすすめな理由

  • たいして親しくない人と2人きりの気まずさを切り抜ける会話術

  • 忘れると違和感がスゴイ! ずっとマスクの理由とは?/ほむら先生はたぶんモテない(14)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る