スキルUP

世界的なイノベーターを輩出するMITの「秘密」を現役生・卒業生が激白!

世界トップレベルの頭脳が集う、米マサチューセッツ工科大学(MIT)。MITの現役学生と卒業生が語る、同校の魅力と学生たちの共通点とは……?

MIT卒業生からなる日本MIT会と、TOEIC® Programを運営するIIBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)が共催する「地球人財創出会議(※) サマー・セッション」が、8月25日に実施された。テーマは「未来のチェンジメーカーのための、イノベーター・リアルトーク」。登壇者たちが語るMIT生の特徴から、イノベーションの源泉を探った。


学友との交流で成長を実感

MITの学部新4年生で、生物工学と神経認知科学を専攻する末岡陽太朗氏は、著名な教授が多いことに惹かれて同校への進学を決意したという。

実際に入学してみて、「アカデミックな部分は当然充実していたが、それよりも環境が大きい」と末岡氏。MITでは世界各国から様々なバックボーンを持った人達が集まって一緒に生活するため、「自分の価値観や考え方を広げることができている」と話す。

MITの授業は半分以上がネット上で公開されているが、学友達とのリアルなコミュニケーションを通じて自分が大きく成長している実感があるといい、実際に通学する意義を語った。

マサチューセッツ工科大学新4年生の末岡陽太朗氏
マサチューセッツ工科大学新4年生の末岡陽太朗氏


仕事は自分で作るもの

宇宙ベンチャー・Astroscale Japan Inc.のミッション・システムズエンジニアである小林裕亮氏によると、MIT生は「仕事は自分で作るもの」という意識を強く持っているという。

「僕の周りには、既にあることに入っていく、というよりは、これまで誰も考えつかなかったことを創造することに面白さを感じる人が多かった」(小林氏)

0(ゼロ)から1を作ることに面白さや価値を感じている人達に囲まれながら、学生時代を過ごした小林氏。「良い企業に入りたい!」ではなく、「いかにクリエイティブであるか」がMIT生にとって最も重要な関心事なのかもしれない。

Astroscale Japan Inc.の小林裕亮氏
Astroscale Japan Inc.の小林裕亮氏


いかに世界にインパクトを残すか

バイオベンチャーのMusca Inc.で取締役COOを務める安藤正英氏は、「MIT生は、“どうすれば世界にインパクトを残せるか”ということを、個々人レベルでかなり真剣に考えている」とコメント。“革新的な仕事をしたい”というモチベーションが高く、「どういったことが課題になっているのか」について、常にアンテナを張り巡らせているという。

また、MITではディスカッションが日常的に行われており、学生同士はもちろん教授であっても、対等な立場で意見を交わせる土壌がある。そのため、冷笑されるような荒唐無稽なアイデアでも、「どうすればそれが実現できるのか?」「そのアイデアのどこに不備があるのか?」などを真剣にディスカッションするという。

一見、バカバカしく思えるようなアイデアでも、学友や教授が笑わずに議論してくれることが、イノベーションを起こすマインドの醸成に大きく寄与していると言えそうだ。

Musca Inc. 取締役COOの安藤正英氏
Musca Inc. 取締役COOの安藤正英氏


挑戦に対するハードルが低い

HRテックベンチャーのVISITS Technologiesでデータサイエンティストとして活躍する高橋聖氏は、「チャレンジすることへのハードルが非常に低い」と指摘する。

そもそもアメリカには「ダメだったらダメでもいいや」という、失敗に対して寛容な空気感がある。発想したものを実際にやってみることに対する敷居が低く、その点で日本との大きな違いを感じたという。

日本企業がなかなかイノベーションを起こせていない背景には、挑戦することに対する寛容度の低さが大きく影響しているのかもしれない。

VISITS Technologiesの高橋聖氏
VISITS Technologiesの高橋聖氏

◇ ◇ ◇

MIT卒業生である小林、安藤、高橋の三氏は、MIT生の特徴を語る際、「日本の学生とMIT生に大きな違いはないが……」と断りを入れていた。裏を返せば、日本の大学で学んだ人でも、ビジネスシーンでイノベーションを起こすことは十分可能だということだ。

多様な価値観の中で、クリエイティブに、革新を求めてディスカッションを重ね、チャレンジに対する寛容さを持つ――そうすることで、日本からも多くのイノベーターが育っていくのかもしれない。


※「地球人材創出会議」とは…インタラクティブセッションを通じて、グローバル人材の育成に関する諸問題・課題について、考え、学び合う場。各分野の第一人者をゲストスピーカーに迎え、ディスカッション、セミナー等を実施する。一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会が主催。


文=宮西 瀬名

カテゴリ:スキルUP

【プロフィール】
末岡 陽太朗(すえおか・ようたろう)氏
MIT 生物工学・神経認知科学専攻。学部4年生として生物工学と神経認知科学を専攻しながら、人の脳がどのように言語を理解し生成しているかの研究をしている。大学の海外派遣プログラムに積極的に参加して様々な国を飛び回るのが一番の楽しみ。

小林 裕亮(こばやし・ゆうすけ)氏
Astroscale Japan Inc. ミッション・システムズエンジニア。
MIT航空宇宙工学科において修士号取得後、大手電気機器メーカーの宇宙事業部門を経て、現在はスペースデブリ除去を事業とするスタートアップで、ミッション・システムズエンジニアとして働く。2020年打ち上げ予定の技術実証プロジェクトをリーダーの1人として推進。

安藤 正英(あんどう・まさひで)氏
Musca Inc. 取締役COO。
1996年、三井物産株式会社入社。2015年、アナダルコペトロリアム社マネージングダイレクター(モザンビークプロジェクトファイナンス)。17年、文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクトに参画。18年に株式会社ムスカに参画し、19年1月に取締役COOに就任。一橋大学社会学士、MIT経営大学院経営学修士(MBA)。

高橋 聖(たかはし・さとし)氏
VISITS Technologies データサイエンティスト。
MIT機械工学科において博士号取得後、コンサルティングファーム、大手IT系企業を経て、現在はスタートアップにてデータサイエンス業務に従事。メインプロダクトのアルゴリズム設計や人材データを活用した新規サービス設計、その他各種データ分析を手がける。

あなたへのオススメ記事

  • 「やりたいことをやる!」―MIT卒業生が語る、時代を生き抜くヒント
  • 「英語習熟速度に年齢は関係ない」 MITが発表した研究結果が話題に
  • 若手社会人が「変化できる人」になるためにすべきこと/Shin
  • 年を取って気づいた「若い頃にやっておけばよかったこと」ランキング
  • 喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

    喪服が黒なのはなぜ? 日本文化を深掘りするクイズ

  • 観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

    観戦がもっと楽しくなる!? スポーツの英語雑学クイズ

  • 分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

    分析力&思考力アップ! 解くだけで頭がよくなるパズル

  • 知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

    知れば一気に親近感がわく! 歴史人物の「ウラの顔」クイズ

  • 意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

    意外なウラ話にびっくり! スポーツがますます面白くなるクイズ

  • コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

    コレならOK? コレだと失礼? 上司&取引先とのビジネスマナー

スキルUPの人気記事ランキング

  • 【SE女子の日常】冬の工場勤務は寒すぎる/ぞえ

  • バスケの背番号が「4」から始まるのはなぜ?/スポーツがますます面白くなるクイズ(9)

  • バカで可愛い若い女を妻にしたい日本男児vs不倫したい欧米男子/喜ぶと思うなよ(3)

  • 17時59分のボンバーマンよ、終業数分前の爆弾投下はやめてくれ!/会社員という生き方(4)

  • 「二段階睡眠」で体と心の疲れを解消。稼ぐキャバ嬢は睡眠にこだわる/億稼ぐ技術(17)

{ カテゴリ別ランキングを見る }

資格・スクール情報

  • 中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説

    中小企業診断士の仕事内容は? 養成課程って何? 中小企業診断士について知っておきたいことを詳しく解説します。

    中小企業診断士とは? 試験&仕事内容を解説
  • 行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説

    行政書士って何? どんな仕事をするの? 試験の難易度は? 行政書士に関する素朴な疑問を解決します。

    行政書士とは? 試験&仕事内容を詳しく解説
ページトップに戻る