文豪

【TikTok KADOKAWA大学通信】最も「人間失格」なのは太宰!? 文豪の知られざるプチ事件簿

【TikTok KADOKAWA大学通信】最も「人間失格」なのは太宰!? 文豪の知られざるプチ事件簿
KADOKAWA_UNIVERSITY(C)

 KADOKAWAは、今年5月からTikTok公式アカウント「KADOKAWA 大学_人生は学びで変わる」を毎日更新中。大学として学びを伝える教材には、歴史から教養、ライフハックまで多岐にわたる。著者自らが書籍の魅力を語る動画も並ぶなか、今回は進士素丸の書籍『文豪どうかしている逸話集』をフォーカス。名だたる文豪たちのトンデモ系エピソードに注目してみよう。

 太宰治、檀一雄、坂口安吾、志賀直哉、中原中也、宮沢賢治など、歴史に名を馳せる文豪たち。素晴らしい作品をあみ出した先生たちは、人間としても秀でた人たちばかりだったのか? というと、そこは=(イコール)ではなかったらしい。言葉を選ばずにいえば、かなり“珍種”の人々だったからこそ、時代を超えて愛されるマスターピースを生み出せたのではないか、とまで思ってしまう。

 そんな文豪たちの「どうかしてるんじゃない?」とツッコみたくなるエピソードを集めたのが、進士素丸の『文豪どうかしてる逸話集』。天賦の才を与えられた彼らがやらかしたプチ事件簿や、人としてどこかズレてるポンコツぶりは、笑いと愛しさがこみ上げる。

「走れメロス」のメロスは走ったが、太宰治は走らなかった!

 最も「人間失格」なのは太宰自身!?
最も「人間失格」なのは太宰自身!?KADOKAWA_UNIVERSITY(C)


 太宰治は、どうやら彼自身が『人間失格』のレッテルを貼られるようなダメ人間の側面を持っていたらしい。彼が執筆した『走れメロス』は、人質にされた盟友のために命懸けで走る男メロスを通じて、人を信じることの大切さを証明した熱き友情の物語だが、当の本人は友のために走るどころか、悪びれることなくあっさり友人を見捨てるような男だったらしい……。

 太宰は執筆のために熱海の旅館にこもるも、なんと宿泊費をすべて遊びに使い込んでしまった。親友の作家、檀一雄が、太宰の奥さんに頼まれてお金を届けにやってきたにも関わらず、しれっと「飲みに行こう」と檀を誘った太宰。なんと旅館代を未払いのまま、2人は壇が持ってきたお金をすべて飲み代として使い果たしてしまったとか!

 さらに『走れメロス』よろしく、太宰は檀を人質にして、金を工面してくると1人で東京に戻ったのに、何日経っても一向に帰ってこない。挙げ句の果てに、怒り心頭の檀が東京に戻ると、太宰は井伏鱒二の家でのんびり将棋を指していたとか。このハンパない人でなしっぷりには思わず失笑。

太宰治と親友の檀一雄があわや心中!?


 太宰治と檀一雄の2人にまつわる、心中スレスレの事件簿にも思わずギョッとした。太宰といえば、何度も自殺未遂を繰り返したお騒がせの文豪だったが、あろうことか2人で酔っ払った際に「一緒に死のう。いま」と檀を巻き込んで心中しようとしたらしい。

 ぐでんぐでんに酔っ払っていた檀も太宰の提案に対して「おう、死のう死のう!」とうっかり意気投合してしまったらしい。そして、溺死は寒いからガスで死のうと話し合い、実際にガス栓をひねって眠りについたとか。ひえ~!大丈夫か、この2人!?

 その後、太宰は熟睡するも、我に返った檀が慌てて飛び起き、ガス栓を閉めて帰宅したそうで思わずホッ。酔った勢いとはいえ、ノリで心中しようとするなんて!でも、すんでのところで命拾いができて本当に良かったと、胸をなでおろした。

 他にも、TikTok動画内では夏目漱石が、米が稲になることを知らなかったという目が点になるエピソードや、梶井基次郎が泥酔して「俺に童貞を捨てさせろ!」と街中で叫んだというこっ恥ずかしいネタなど、文豪の驚くべき珍エピソードなどを随時更新中。さらに、裏話を知れば知るほど、立派な先生方に親近感が湧く書籍『文豪 どうかしてる逸話集』は、動画では紹介しきれなかった文豪たちの愛すべきエピソードがぎっしり詰まっている。

出典「文豪どうかしてる逸話集」
著者:進士素丸 定価:1,430円(本体1,300円+税)

TikTok公式アカウント「KADOKAWA 大学_ 人生は学びで変わる」
https://www.tiktok.com/@kadokawa_university

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る