新着記事一覧

「カドセミ」の新着記事一覧。ビジネス、ライフスタイル、社会人学習など様々なテーマで役立つ最新情報が一目でわかります!

1-15/77件中
  • 地方暮らし

    第5回 四万十町の移住定住促進の試み

     良品計画の長田英知さんが連載中の『ソーシャルグッドな地方暮らし』。前回(第4回)の記事では四万十町の人口推移の状況についてご紹介しました。急速な高齢化と人口減少が進む四万十町の地域・産業を維持していくためには、地域の外からいかに人を呼び寄せ、地域に関わってもらうかがカギとなります。今回の記事では、町が移住定住促進のため、どのような取組を行っているのかについてのお話です。

  • 話し方

    話し方で損をしている? 話し方のコツやトレーニング方法をプロが解説

    上司や同僚との会話から、大勢を前にしたプレゼンテーションまで、さまざまな状況で人と話すことが多いビジネスシーンでは、話の内容はもちろん、話し方が上手か否かで聞き手に与える印象が変わります。「えっと」「あの」といった言葉を挟みすぎたり、自信なさげな弱々しい声だと、どんなに革新的で素晴らしい提案でも相手に伝わりにくくなってしまいます。そんな状況を改善・回避するために重要な「相手に伝わる話し方」のコツを、北海道を拠点に活躍中のフリーアナウンサー・佐藤麻美さんに聞きました。

  • 地方暮らし

    第4回 四万十町の人口の現状

     株式会社良品計画でソーシャルグッド事業部を管掌する長田英知さんの連載『ソーシャルグッドな地方暮らし』。第4回の寄稿では、四万十町がなぜ町への移住・定住を推進しているのか、四万十町の人口の現状についてご紹介していただきます。

  • 人材育成

    人材育成の効果的な手法とは? 大切なポイントをプロが解説

     人材育成は、企業が競争優位性を保ち、将来的に発展していくためには欠かせないものです。少子高齢化により人手がますます減っていくなか、企業の競争力を高めるためには従業員一人一人の意識と能力の向上がカギとなります。

  • ライフハック

    失敗も回り道も、人生の彩り ~クールでしなやかな働き方マインド~

     綬褒章を受章し、歌人としても知られる京都大学名誉教授、永田和宏氏。生物学研究の大御所が、研究の醍醐味、数々の失敗や回り道、今どきの若者観を披露。サイエンスが面白くなる、仕事が楽しくなる、チャレンジできる自分になれる珠玉のメッセージとヒントをお届けします。

  • リフレーミング

    「リフレーミング」でポジティブ思考を身に付けるには? 日常やビジネスでの活用法を徹底解説

     コミュニケーションツールが多様に進化し、プライベートやビジネスでも、他者の言葉に大きく感情を動かされることが増えたと感じている人も少なくないはず。自分が置かれている状況や相手の言葉を客観的に捉え、ポジティブに受け止めることができれば、他者の発言に一喜一憂して悩むこともなくなります。そんな“強メンタル”を手に入れる方法として、注目を集めているのが「リフレーミング」です。リフレーミングの効果や実践方法などについて、精神科医でありYouTuberとしても人気のメンタルドクターSidowさんが教えてくれました。

  • マーケティング

    【マーケティングとは】基礎知識や戦略の立て方をわかりやすく解説

     マーケティングの意味や基礎知識を知りたい方のために、『100円のコーラを1000円で売る方法』や『MBA必読書50冊』シリーズなど、著書が累計100万部を突破したマーケティング戦略コンサルタントの永井孝尚さんにインタビューを実施。本質的な理論や実践におけるポイントをわかりやすく解説してもらいました。

  • 地方暮らし

    第3回 無印良品の空き家活用の取り組み

     株式会社良品計画でソーシャルグッド事業部を管掌する長田英知さんが、ソーシャルグッドな観点から考える「地方暮らし」をテーマに、コラム連載を開始。第3回は、四万十町との提携の詳細についてご紹介するにあたり、良品計画が空き家活用という観点で、どのような取り組みを行ってきたかをご紹介していきます。

  • 著者養成ゼミ

    驚異の著者デビュー率 「日本一出版に結びつく著者養成ゼミ」 とは

     作家エージェントとして200名以上をデビューさせてきたアップルシード・エージェンシーと、オールジャンル出版社のKADOKAWAがタッグを組み、未来のベストセラー著者を養成する「日本一出版に結びつく著者養成ゼミ」の第3期がまもなくスタート。講座開講を目前に控え、KADOKAWAビジネス編集部の部長・藤岡岳哉を進行役に、アップルシードエージェンシーの代表・鬼塚忠さんと、著者として見事デビューを果たした第1期生の白鳥和生さんをゲストに迎え、本ゼミの魅力を語っていただきました。

  • 地方暮らし

    第2回 高知県・四万十町と良品計画の提携

     コロナ禍を契機にリモートワークが定着したいま、都心を離れ地方での暮らしを考える人も多いのでは? そこで、株式会社良品計画でソーシャルグッド事業部を管掌する長田英知さんが、ソーシャルグッドな観点から考える地方暮らしをテーマにコラム連載を開始。第二回をお届けします。

  • 自己啓発

    自己啓発とは? 意味や目的、おすすめの方法をプロが徹底解説!

     ビジネスシーンやセミナーでよく耳にする「自己啓発」。本やセミナーなどで自己啓発を行う人もいますが、その意味や実践方法などはあまり知られていないところ。 そこで今回は、一般社団法人日本聴き方協会代表理事・松橋良紀さんに自己啓発の意味や行うメリット、方法やコツなどを教えてもらいました。

  • 危険物取扱者

    危険物取扱者とは?資格の種類や試験内容、難易度を解説

     危険物取扱者は、消防法に基づく危険物を取り扱うための国家資格です。危険物取扱者の資格に対する企業のニーズは高く、就職や転職に有利であるほか、収入アップにもつながるなどさまざまなメリットがあります。

  • 天才投資家

    天才投資家が語る!シンプルなのに奥深い“ビジネスと人生の本質に気づく究極のメッセージ”

     渋沢栄一や本田宗一郎など、成功した創業者の研究をライフワークとしているジャーナリストの桑原晃弥(くわばら てるや)氏が、ウォーレン・バフェットについて論評。世界No.1の投資家として、世界有数の資産家として、バフェットが世の人々の尊敬を集めるに至った背景や、桑原氏自身が強く惹かれた“バフェットの言葉の魅力”を余すところなくお伝えします。

  • 自己肯定感

    自己肯定感を高めるために意識すべき行動をプロが解説!

     自信や勇気、チャレンジ精神などの原動力にもなる「自己肯定感」。最近では、子育てや保育・教育、そしてビジネスなど幅広い分野で注目されていますが、どのように向上させたらいいか分からない人も多いと思います。そこで今回は、自己肯定感の高め方について考えていきましょう。

  • 地方暮らし

    第1回 コロナ禍で変化していく新たなQOLとは

     コロナ禍を契機にリモートワークが定着したいま、都心を離れ地方での暮らしを考える人も多いのでは? そこで、株式会社良品計画でソーシャルグッド事業部を管掌する長田英知さんが、ソーシャルグッドな観点から考える地方暮らしをテーマに、新連載をお届けします。

メルマガ会員募集中

いまなら特典つき
登録料&年会費無料

ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないKADOKAWAのセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る