プログレ

プログレ愛が止まらない!1970年代に輝いた5大バンドを語り尽くす

プログレ愛が止まらない!1970年代に輝いた5大バンドを語り尽くす
KADOKAWA SEMINAR(C)

『1970年代のプログレ』を刊行した音楽評論家・馬庭教二さんの初著書刊行を記念して、プログレを代表する5大バンド(キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエス、エマーソン・レイク&パーマー、ジェネシス)の斬新なサウンドとメッセージを語り尽くすトークイベントをKADOKAWAセミナーで開催した。

 1960年代末~70年代初期にかけて、日本の音楽シーンに多大なる衝撃を与えたプログレッシヴ・ロック・ブーム。たった数年間ではあるものの、プログレはヒットチャートを席巻し、若者の心を鷲掴みにした。

 『1970年代のプログレ』(ワニブックスPLUS新書)を刊行した音楽評論家・馬庭教二さんも青春時代、プログレに心を奪われた一人。馬庭さんの初著書刊行を記念して、プログレを代表する5大バンド(キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエス、エマーソン・レイク&パーマー、ジェネシス)の斬新なサウンドとメッセージを語り尽くすトークイベントをKADOKAWAセミナーで開催した。

 聞き手には同じくプログレを愛する玉置泰紀さん(KADOKAWA)を迎え、5大バンドの偉大なる功績をたどりつつ、プログレ原体験を振り返った。後半にはシークレットゲストも登場し、プログレファンにはたまらない濃密なトークが展開された。

プログレ界を彩った「3つの重要年」と、そのあっけない幕引き

 プログレを語るにあたり、押さえておくべき「3つの重要年」が存在すると馬庭さんは語る。まず挙げられるのが1967年、これはビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』がリリースされた年である。これはポピュラーミュージック界における世界初のコンセプトアルバムで、以降の音楽シーンに多大なる影響を与えたと言われている。のちに5大バンドの一員となる若き日のロバート・フリップ(キング・クリムゾン)も例外ではなく、このアルバムを聞いて大学を辞め、ロックの道に進むことを決意したという。5大バンドの一つ、ピンク・フロイドが結成したのもこの年。

 それから2年後、1969年にはジェネシス、イエス、キング・クリムゾンがデビュー。キング・クリムゾンのデビュー作『クリムゾン・キングの宮殿』はファーストにして完成された名盤として後世に語り継がれている。翌年の1970年にはキング・クリムゾンを脱退したグレッグ・レイクがエマーソン・レイク&パーマー(ELP)を結成し、いわゆる5大バンドが出揃った形になる。

 彼らがそれぞれ輝かしい活動を続ける中、1973年にプログレッシヴ・ロックシーンは絶頂期を迎える。この年は名盤が続々リリースされた奇跡的な一年で、人間の暗部を映し出したピンク・フロイドの『狂気』に始まり、キング・クリムゾンの『太陽と戦慄』、ジェネシスの『月影の騎士』(日本では1974年に発売)、ELPの『恐怖の頭脳改革』、イエスの3枚組ライブアルバム『イエスソングス』と、5大バンドによるリリースが集中した。

 しかし、73〜4年に絶頂期を迎えたと同時に、プログレシーンの衰退が始まった。あまりにもあっけない幕引きだが、馬庭さんは「やるべきことをやり尽くしてしまったのではないか」とその衰退を分析する。

「私がプログレと出会った日」その衝撃と魅力


 馬庭さんとプログレの出会いは、まさに絶頂期と呼ばれる1973年。故郷島根県で友人に薦められて聴いたイエスの『危機』に「雷に打たれたような衝撃」を受けたという。ビートルズに代表されるように、洋楽といえば3分ほどで終わる曲が一般的だが、そのアルバムは1曲の長さがなんと約20分。それでも馬庭少年は最後まで夢中で聴き続けるほど心を奪われ、プログレの世界にのめり込んでいったのだそうだ。

 原体験を回顧したところで、馬庭さんにプログレを薦めた友人Nこと成相博之さん(ウクレレ奏者・切り絵ーター)がシークレットゲストとして登場。より深いプログレの世界に潜り込む。

 成相さんの原体験は、NHKテレビ「ヤング・ミュージック・ショー」で放映されたELPの「展覧会の絵」の演奏。オルガンにナイフを突き立てて大暴れするキース・エマーソンのパフォーマンスに釘付けになった。その隣で微笑みを称えるグレッグ・レイクのクールさにもまた痺れた。町内に2、3軒しかない書店を回り、『音楽専科』『ミュージックライフ』などの雑誌を夢中で読み漁ったという。

 成相さんは「アルバムジャケットの芸術性もプログレの魅力の一つ」と語る。ロジャー・ディーンやヒプノシスといったアーティストたちがレコードジャケットを芸術の域まで高めたと言っても過言ではないだろう。

 やがて直筆サインの入ったレコード・ジャケットや、インタビューした際の写真など貴重なお宝品の数々を愛でる会に。愛するプログレの話題で学生時代に戻ったような3人の軽快なトークは時間いっぱいまで続き、プログレファンを唸らせた。


【講師プロフィール】


馬庭 教二
(音楽評論家/歴史研究家)
1959年島根県生まれ。大学卒業後、児童書・歴史書出版社勤務を経て、1984年角川書店(現KADOKAWA)入社。「ザテレビジョン」「関西ウォーカー」「東海ウォーカー」「ワールドウォーカー」「月刊フィーチャー」等情報誌、文芸カルチャー誌の編集長を歴任。雑誌局長を経て現在エグゼクティブプロデューサーに就任。音楽、テレビ、映画、文芸を扱うカルチャー情報誌のほか、ウォーカー事業責任者も務め、リージョナル情報、地方創生への関わりも深い。直近は、東京2020大会関連事業にあたった。『別冊カドカワ総力特集 プログレッシヴ・ロック』の発行人も務め、2021年4月、初めての著作『1970年代のプログレ』(ワニブックスPLUS新書)を刊行。朝日新聞の土曜書評欄に取り上げられたほか、SNS、ブログ等でも大きな反響を呼び、発売後1週間で重版というベストセラーとなる。現在は、音楽分野に続き、歴史映画に関する著書を執筆中。

【聞き手プロフィール】

玉置 泰紀
1961年生まれ、大阪府出身。元ウォーカー総編集長、現KADOKAWA・2021年室エグゼクティブプロデューサー。LOVEウォーカー総編集長、日本型IRビジネスリポート編集委員、一般社団法人メタ観光推進機構理事ほか。座右の銘は「さよならだけが人生だ」。雑誌『関西ウォーカー』にELPのキース・エマーソンのインタビュー記事を掲載するなど、プログレ布教活動も行う。好きなプログレ・バンドはキング・クリムゾン。

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る