受験勉強

地方からでも東大に行ける! 紀野紗良さんが受験生にエールを送る

地方からでも東大に行ける! 紀野紗良さんが受験生にエールを送る
KADOKAWA SEMINAR(C)

 11月に初の著書『勉強「しなきゃ」が「したい」に変わる 成績が上がる学びの習慣』を出版した現役東大生・紀野紗良さんを迎え、トークイベントを開催。書籍の制作秘話や紀野さんの勉強法、質疑応答のコーナーなどで盛り上がった。

受験シーズンを目前に控え、学生たちにとっては正念場となる冬。試験と真剣に向き合えば向き合うほど、失敗に怯えたり点数に振り回されたり、つらい時間を過ごしているかもしれない。こんなとき、東大生だったらどうやって乗り越えるのだろう?

11月に初の著書『勉強「しなきゃ」が「したい」に変わる 成績が上がる学びの習慣』を出版した現役東大生・紀野紗良さんを迎え、KADOKAWAセミナーでトークイベントを開催。書籍の制作秘話や紀野さんの勉強法に加え、参加者からの質問に紀野さんが直接答えるコーナーを設けると、受験勉強に励む中高生から質問や相談が多数寄せられた。

初めての著書に込めた、全国の受験生に対する思い


現役で東大に入学し、現在はテレビ番組でも活躍する紀野さんだが、KADOKAWAからオファーが来るまで書籍出版を考えたことはなかったという。それでも出版を前向きに考えるようになった背景には、紀野さんのファンである全国の中高生の声があった。紀野さんは「TwitterのDMやリプライで、中高生から勉強に関する質問をたくさん頂いていました。しかしSNSでは断片的なことしか答えられないので、体系的にまとめた情報をお伝えする良い機会だと思いました」と当時を振り返る。

そのため、執筆の際もどんな読者にも役立つよう、書き方やまとめ方を強く意識したという。部分単位で読んでも役立つよう、ノート術、時間術、モチベーション維持術などチャプターごとにテーマがまとめられている。テーマは「Twitterでもらった質問を参考にした」と紀野さん。これまでに寄せられたDMやリプライを読み返しながら考えたそうで、「受験生の方々が何に悩んでいるか、どんな内容を伝えればよいかの指針になりました」と語った。

中でも、地方で暮らす受験生への思いはひときわ強い。北海道出身の紀野さん自身が情報収集に苦労した経験から、他の受験生が同じようなハンデを負わないよう、本書ではオンラインでの情報収集術や勉強法、参考書の選定についてもしっかり解説されている。

「緊張しているのは自分だけじゃない」画面越しにエールを送る


イベントの開催にあたり、参加者からは事前にさまざまな質問が寄せられた。特に紀野さんの学習環境に関する質問は多い。勉強時間も休憩時間もタイマーをセットし、時間を区切って勉強するという紀野さんは、「学校の時間割のような学習環境を自学自習にも作り出し、オンとオフのメリハリをつける」ことが有効であると説明。集中できる時間で無理なく勉強するために50分ごとに休憩を挟むことで効率良く勉強できると補足した。

また、受験の本番になると緊張してしまうという参加者に対しては「受験はみんな緊張するもの。緊張しているのは自分だけじゃないから大丈夫」と励ます。それでも不安な場合は、休憩時間などにお気に入りの参考書を見返して、これまで勉強してきたことに自信を持ってほしいとコメントした。

紀野さんは最後に、受験本番まで数か月となった受験生に対して「焦りが出る頃だと思うけれど、冬休みに伸びる人もいる。可能性は無限に広がっているので最後まで諦めないで」と画面越しにエールを送る。現在4年生で卒業論文も佳境に入った自身の状況と重ね、「私も卒論をがんばるので一緒にがんばっていきましょう」と微笑んでイベントを締めくくった。

【講師プロフィール】
紀野紗良
2000年北海道生まれ。2018年、立命館慶祥高等学校を卒業し、東京大学理科二類に入学。2021年現在、東京大学農学部4年次在学中。謎解きサークルAnotherVisionに所属。趣味はバレエ、スキー。
TBS系テレビ番組『東大王』に出演中。

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る