英会話コラム

【短い英語 講座】使用してもよいかをたずねる「CAN」

【短い英語 講座】CANの使い方
KADOKAWA SEMINAR(C)

 インスタアカウント「超絶シンプル英会話」がフォロワー数7万人超え、書籍『1回で伝わる 短い英語』でも知られる著者のmamiさんが、ビジネスシーンや日常生活で役立つ「誰にでも使える短い英語」を伝える「短い英語」講座。第2回目は「使用してもよいかをたずねる」表現です。

 元CAの経歴を持つ著者・mamiさん。世界中を飛び回って集めてきた、誰でも使える、誰にでも伝わる短い英語を「日常」「海外旅行」「接客」に分けてクイズ形式で紹介。これまで、英語教材でよく見るような英語フレーズを、いかに短く言うことができるか、紹介していきます。

■使用してもよいかを尋ねる「can」の使い方

Do you mind if I use this ?
(これを使ってもいいですか?)

「can」を使って、短くしてみましょう。

Can I ?
(いいですか?)

 使いたいものを指さして言うことで、それを使っていいのか聞いていることが相手に十分伝わります。相手の許可を得たいときに使える短いフレーズの定番ですが、もう少し丁寧な表現にする場合には「May」もあります。

May I ?
(いいですか?)

 「Can I ?」よりも丁寧な表現になります。目上の人に言う場合はこちらを使いましょう。

 「短い英語」というと、省略しすぎて失礼になってしまうのでは、と考える方が多いかもしれませんが、そんなことはありません。英語を使う非ネイティブが増えている現代では、教科書に載っているフレーズよりも、短くてシンプルな「短い英語」の方が相手に伝わりやすいことがあります。ぜひ使ってみてください。

<mami's プロフィール>

ドバイのエミレーツ航空で3年ほどCAとして勤める。
非ネイティブも含め各国の人と話していく中で、ネイティブが使うような英語ではなく、本当にどんな人にでも通じるシンプルな英語が必要だと痛感する。

この経験をもとに始めたインスタアカウント「超絶シンプル英会話」は誰にでも使える短い英語が人気となり、フォロワー数は7万を超える。

本メールマガジンでも大人気! mamiさんが、ビジネス&日常会話に超便利なシンプル表現を
とっても分かりやすく動画で講義します!

>>動画テキストの詳細は こちら

KADOKAWAビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないKADOKAWAのセミナー限定のコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る