英会話コラム

【短い英語 講座】旅先での「入国カード」の尋ね方

【短い英語 講座】旅先での「入国カード」の尋ね方
KADOKAWA SEMINAR(C)

 書籍『1回で伝わる 短い英語』の著者であり、元CAの経歴を持つmamiさんが、ビジネスシーンや日常生活で役立つ「誰にでも使える短い英語」を伝える「短い英語」講座。今回は海外旅行での入国に関する表現をお届けします。

 「短い英語」というと、省略しすぎて失礼になってしまうのでは、と考える方が多いかもしれませんが、そんなことはありません。英語を使う非ネイティブが増えている現代では、教科書に載っているフレーズよりも、短くてシンプルな「短い英語」の方が相手に伝わりやすいことがあるのです。

1:入国カードがほしいことを伝える

I would like to have a disembarkation card.
(入国カードをいただきたいのですが。)

この表現を「entry」を使って、短くしてみましょう。

Entry card ?
(入国カードを。)


「disembarkation」(入国)を
よりシンプルな「entry」に変えました。

 ほしいものを言うときに、究極に短く言う方法はコレ。ほしいものの単語だけを言います。ただしぶっきらぼうに聞こえるので、余裕があれば「please」などを語尾につけて言いましょう。

Can I get the entry card ?
(入国カードをもらえますか?)

 こちらの表現もあります。「Can I get ~?」はほしいものを伝えるときの定番フレーズ。覚えておきましょう。


2:入国カードの記入方法を質問する


Please tell me how to fill out this card.
(このカードの記入の仕方を教えてください。)

今回は「should」を使って、短くしてみましょう。

How should I write ?
(どうやって書けばいいですか?)


 「How should I ~ ?」は「どうやって~すればいいですか?」という、やり方を聞くときに使える最もシンプルなフレーズです。「write」の代わりに「fill in」(記入する)という熟語を使ってもOK。

What should I write ?
(何を書けばいいですか?)

 こちらの表現も使えます。入国カードの記入欄で、何を書けばいいかわからない項目があったときに使えるフレーズです。ぜひ、参考にしてください。

<著者/mami's プロフィール>
 ドバイのエミレーツ航空で3年ほどCAとして勤める。非ネイティブも含め各国の人と話していく中で、ネイティブが使うような英語ではなく、本当にどんな人にでも通じるシンプルな英語が必要だと痛感する。この経験をもとに始めたインスタアカウント「超絶シンプル英会話」は誰にでも使える短い英語が人気となり、フォロワー数は7万を超える。

■シンプル「英会話」 動画
手軽に学べる動画も大人気! mamiさんが、ビジネス&日常会話に超便利なシンプル表現を
とっても分かりやすく動画で講義します。

>>動画テキストの詳細はこちら

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る