ライフスタイルオンライン開催

『YMO1978-2043』発売記念トークショー 著者・吉村栄一 × 写真家・三浦憲治

このイベントは終了しました
『YMO1978-2043』発売記念トークショー 著者・吉村栄一 × 写真家・三浦憲治
吉村 栄一 , 三浦 憲治
オンライン
2021年4月6日(火) 19:00~20:30(受付開始18:30)
3,000円(税込)

YMOを長年追い続けてきた二人が語る、YMOの知られざる新事実!

新刊『YMO1978-2043』を発売したばかりの編集者・ライターの吉村栄一氏。1979年から40年以上YMOを撮り続けている写真家・三浦憲治氏。二人のレジェンドが、自らの取材・撮影活動を通してYMOの「あの日、あの時」を語る。いままで知られていなかった新事実が盛りだくさん。貴重な写真も紹介しながら展開するYMOファン必見のトークイベント!


※本イベントはビデオ通話アプリ「Zoom」(無料)を使ってオンラインにて配信します。必ず事前にパソコンやスマホからZoomのインストールおよび会員登録をお願いいたします。

※本講座のZoomのルームURLはご本人様のみ有効です。第三者への貸与、譲渡、コピーは禁止です。リンクの共有などを行なった場合、ご自身の視聴権利がなくなるだけでなく、法的措置を取らせていただくこともございます。ご注意ください。必ずご購入したご本人様のみがご利用いただきますよう、お願いいたします(払い戻しはいたしません)。

※講座を欠席された方、通信環境等が原因で視聴できなかった方のために、講座終了5日後を目安に、アーカイブ動画のURLをお送りします。なお、視聴期間は、配信開始から「1週間」です(受講者全員対象)。また、ご視聴のためのルームURLは「3月27日以降」にパスマーケット経由のメールにてお知らせいたします。

このイベントは終了しました

講演内容

①1978-1983年のYMO
②1992-2021年のYMO
③三浦憲治氏が見た1979-1980年ワールドツアー
④ワールド・ハピネスと21世紀のYMO

※内容は変更になる場合がございます。

講師紹介

吉村 栄一よしむら えいいち

吉村 栄一
1966年福井市生まれ。月刊誌『広告批評』(マドラ出版)編集者を経てフリーランスの編集者、ライター、コピーライターに。これまでの編著書に『風雲巨人軍』(日本テレビ放送網)、『YMO究極ヴィジュアル・データ ピリオド』『YMO東京ドーム写真集 テクノドン ウェイクアップ』(いずれも徳間書店)、『いまだから読みたい本─3.11後の日本』(小学館)、『40ymo1979 – 2019』(KADOKAWA)など。構成を手掛けた本も『これ、なんですか? スネークマンショー』『鈴井貴之編集長大泉洋』『野人伝 岡野雅行』(いずれも新潮社)、『戦場のメリークリスマス 30年目の真実』(東京ニュース通信社)、『龍一語彙 二〇一一年─二〇一七年』(KADOKAWA)など多数。単著書として『評伝デヴィッド・ボウイ 日本に降り立った異星人』(DU BOOKS)がある。その他、2014~2015年には松武秀樹氏とともに『YMO楽器展』、2018~2019年にかけて牧村憲一氏、高野寛氏とともに『イエロー・マジック・チルドレン』一連企画をプロデュース。

三浦 憲治みうら けんじ

三浦 憲治
1949年広島市生まれ。音楽関係を中心に、CD、ツアーパンフレット、雑誌、ライブ撮影などで、多くのアーティストを撮り続ける。YMO は、1979年のロスアンジェルス公演、1980年のワールドツアーに同行し、写真集『OMIYAGE』(小学館)、1984 年散開ツアーの写真集『SEALED』(小学館)、1994年再生YMO東京ドーム写真集 『TECHNODON WAKE UP』(徳間書店)を発表。2019年に発売した写真集『40ymo1979–2019』(KADOKAWA)は3刷のヒット本となった。YMOのみならず坂本龍一、高橋幸宏のジャケット写真、PVなどを手がけるほか、 坂本龍一主宰の『NO NUKES』、高橋幸宏氏がキュレーターをつとめる『ワールド・ハピネス』撮影。
このイベントは終了しました

ビジネスサロン

登録無料!
ご登録いただくだけで、KADOKAWAの最新書籍を毎月100ページ前後、無料で読むことができます。
さらにAmazonギフト券や著者の限定サイン本などをプレゼント!

ご登録後には、最新セミナーの割引情報からシークレットイベントまで、
質の高い情報をメールマガジンでご案内します。
ここでしか出会えないとっておきのコンテンツをお楽しみください。

ページトップに戻る