英語学習

通学派vsオンライン派 英会話の勉強を始めるならどっち?

社会人のスキルアップ応援サイト「StudyWalker」編集部が厳選した、英会話をこれから勉強する人に役立つスクール情報ページです。英会話を学ぶ時の参考に是非してみて下さい。

英会話を勉強するなら、通学? それともオンライン?

英会話をいざ勉強しようと思うと、いくつかの選択肢があります。書籍やインターネットを活用し、独学するのも一つの手でしょう。また、英会話スクールやオンライン英会話を選ぶという方もいます。どれが正しいということはありませんが、それぞれの特徴を知った上で、効果的な学習方法を選択することが大切です。

例えば、きめ細かな指導を望むなら、直に講師と触れ合える英会話スクール。空き時間の有効活用や、費用面の負担を軽くしたいならオンライン英会話、という選択肢があります。

ここでは、英会話スクールとオンライン英会話の違いとそれぞれの特徴を紹介した上で、ビジネスパーソンがこれから英会話を学ぶ際、何をチェックすべきかをまとめました。スクール選択の参考にしてみて下さい。

短期間で英語を身につけたいなら、英会話スクール

英会話スクールの多くは、教室で講師との対面式によるレッスンが行われています。実際に通うので勉強仲間も作りやすく、ネイティブスピーカーから直接学べるので、短期間で英語力が身につきやすいのが特徴です。

近年話題の英語パーソナルジムは、講師から直接英会話が学べるものと異なり、専属のコンサルタントがつき、最適な英語学習カリキュラムを作成してくれます。また、学習の進捗を確認してくれるので、挫折もしにくいと人気が急上昇しています。ただし、英語パーソナルジムは、効果的な勉強方法の提案と目標達成までコンサルが最後まで付き添ってくれるのが売りで、ネイティブスピーカーによるレッスンが受けられるというものではないので、注意が必要です。

スクール選びの時は、いつまでに、どれぐらいの英会話力を身につけたいのか、そしてどのようなシーンで英語を使いたいのかといった具体的な目標設定をするとよいでしょう。また、英語を身につける目的、自分の性格やライフスタイルも考慮しつつ、自分に最適な指導をしてくれそうなスクールを探しましょう。勤務先や自宅の最寄りにあるなど、無理なく通学できるかも考慮したいところです。自分にあっているか、続けられそうかどうかは体験レッスンに参加することで、ある程度判断できるはずです。

費用は主なものとして、入会金、教材費、レッスン料があります。相場としては、入会金が2~3万円、教材費が2万円前後、が多いようです。レッスン料は授業スタイルによってさまざまですが、グループや少人数レッスンが5千円以内、マンツーマンで1万円以内が1回あたりのレッスン料相場になります。これら費用の支払いは、入学時に一括というところもあれば、月謝制のところもあります。

英会話スクールの強みは、直に人と接しながら学べることにあります。この環境をフル活用しない手はありません。普段の生活で物事を英語で表現するように心がけ、その表現に対してスクールでアドバイスを求める勉強法はおすすめです。英会話スクールを身近なネイティブスピーカーのパートナーとして考え、より効果的に英語を学んでみましょう。また、英語パーソナルジムを活用するなら、専属のコンサルタントを信じて言われたことをしっかり続けることが重要です。そのためには、自身のライフスタイルを徹底的に見直し、スマホを見たり、ダラダラしていた時間を活用して勉強する習慣をつけていきましょう。

StudyWalkerおすすめ英会話スクール10選

RIZAP ENGLISH [ライザップ イングリッシュ]

CMなどでお馴染みの「ライザップ」による英会話スクール。超短期間でのTOEICスコア向上をコミットしている点が特徴です。専属トレーナーによる完全マンツーマンの英会話トレーニングと日常生活の管理指導で、ネイティブスピーカーのように自然と口をついて出てくる英語を目指せます。

ALUGO [アルーゴ]

英語パーソナルジムの一つ。初回のカウンセリングで現状の英語力について、長所と短所を徹底的に分析し、短期間で効率的に目標を達成できるよう学習プログラムをカスタマイズしてくれます。電話やオンラインによるレッスンで、時間や場所にとらわれずに自分のペースで学べる利便性が強みです。

スパルタ英会話

科学的な視点から考案された学習メソッドで、短期間での英語力向上を実感できます。専属コンサルタントによるマンツーマン指導がメインとなりますが、グループレッスンも用意されており、こちらは無料で併用して受講することが可能。マンツーマン学習の成果を気軽に確認することができます。

シェーン英会話

ネイティブスピーカーを講師として採用しているスクール。イギリス式の美しい英語を身につけることができます。目的に応じたきめ細かなレッスンコースが用意されているので、自分に必要なレベルの英語を学ぶには最適。月謝制のコースもあるので費用的にも気軽に学べます。

PROGRIT [プログリット]

英会話を直接教えるのではなく、コンサルタントが学習法を設計・指導するタイプのスクール。既にある程度の英語力を持っている方のレベルを大幅に引き上げてくれます。2ヶ月間という短期集中で、TOEIC200点アップや実践的なビジネス英会話を目指せるメソッドが強みです。

START-UP ENGLISH [スタートアップ イングリッシュ]

低価格でマンツーマンレッスンを受けられる点が強み。日常会話からTOEIC・TOEFL試験対策まで幅広く対応。講師陣はTESOL(英語指導資格)の有資格者なので安心感があります。通学以外にもオンラインレッスンが用意されているので、自分のライフスタイルに合わせて学ぶことができます。

トライズ

「初心者でも1年学べば自由に話すことができる」ことを目標にしたレッスンが特徴。英語力の分析、学習プランの作成、レッスンまでをマンツーマンで一貫して行ってくれる方針に定評があります。授業だけではなく、プライベート時間にもチャットで学習をサポートしてくれる点が頼もしいスクールです。

ECC外語学院

1962年から英会話教育を行ってきた実績から、確実に英語が身につくメソッドや豊富なノウハウを持っていることが強みとなっているスクール。一般教育訓練給付制度に対応したコースがあるため、学費の一部が給付金支給されることも社会人には見逃せない点と言えるでしょう。

レアジョブ本気塾

「本気で学ぶ2ヶ月」をキャッチコピーに、実践的なビジネス英会話習得を目標としています。カリキュラムは自宅学習がメイン。教室では専任トレーナーが学習の進捗や環境についてヒアリングを行い、週単位で効果的な学習計画を指導します。要求される学習量がハードなぶん、即効性に期待できます。

駅前留学のNOVA

「駅前留学」の名が示すように、通学至便な立地に多く教室を展開している通いやすいスクール。外国人講師が多く、実践的な英会話を身につけることができます。無料体験レッスンの制度があり、その結果から最適な受講コースを提案してくれるので効果的な英語力の向上が期待できます。

空き時間を徹底的に有効活用するならオンライン英会話

オンライン英会話学習には、自分の都合に合わせてレッスンを受けられるという柔軟さがあります。教室型のスクールでは授業の時間に間に合わない、という多忙なビジネスパーソンにとって、空いた時間を有効活用できるメリットは大きいのではないでしょうか。ただし、講師指名制のサービスでは、人気講師になるほど希望の時間に予約することが難しく、その場合は時間に縛られてしまうことがあることも覚えておきましょう。

オンライン型には、さまざまなタイプのレッスンがあります。教室型同様にリアルタイムで講師からレッスンを受けられるものもあれば、コンテンツを利用した自習タイプのものもあります。入会前には自分が望んでいるレッスンが提供されているかをよく確認しましょう。無料の体験レッスンを用意しているところも多いので、一度試してみることも大切です。

費用面では教室型よりも割安なところが多く、経済的なメリットも感じられるのがオンライン型です。レッスン量によっても変わりますが、1日1レッスン制で月額6千円前後、2レッスン制で月額1万円前後が相場と考えてください。

オンライン英会話は教室型と比較して、高い自主性を求められます。また限られた環境下でのレッスンとなるため、教わりたいことがあっても不充分に終わることも考えられます。そのため、自習をしっかり行った上で活用することをおすすめします。教材の一つと考えて利用すれば、より効果的に英語が身につくでしょう。

StudyWalkerおすすめオンライン英会話10選

DMM英会話

100カ国以上から7,000名を越える講師陣を集めており、24時間いつでもSkypeによるレッスンをマンツーマンで受けることが可能。ネイティブスピーカーの講師か否かで2つのプランが用意されています。レッスン前には講師について動画やレビューで確認することができ、安心して利用することができます。

スタディサプリイングリッシュ

WEBサイトで英語学習するタイプのサービスを提供しています。講師による直接的なレッスンはなく、アニメ形式のコンテンツを消化しながら学習を進めていくので気軽に学ぶことができます。オンライン教材といった側面が強いサービスですが、TOEICにもしっかり対応できる充実した内容です

ラングリッチ

初級から上級までレベル別のレッスンを提供しているオンライン英会話学習です。リーズナブルな料金ながら、完全マンツーマン制のレッスンなど指導内容は充実。スマートフォンやタブレット端末が利用できるので、パソコンがない環境でも学習できる点が忙しい人には嬉しいポイントといえるでしょう。

ビズメイツ

ビジネス英語に特化したレッスンを提供。ビジネスで必要とされる英会話だけではなく、メールや資料などのライティングやプレゼンテーションまで、英語環境で仕事ができるレベルを目指すことができます。無料体験レッスンでは街の英会話スクール同様のレベル診断が行われ、最適な学習コースを提案してもらえます。

ビズイングリッシュ

自分が必要としている英語レベル、目的をレッスン内容に細かく反映してくれる「パーソナルトレーニング」が特徴。講師は担当制で、レッスン期間の3ヶ月間を同じ講師で学ぶことができます。マンツーマン指導が基本ですが、グループ発表会も定期的に開催し、集団内でのスピーチ力を鍛えることができます。

レアジョブ

日本人スタッフによるカウンセリングやカスタマーサポートも充実している安心のサービス。ビジネス英会話のコースは8段階のレベルに分かれ、言語習得理論に基づく専用教材が英語力向上を実感させてくれます。入会前にはカウンセリングとレッスンが2回ずつ無料体験できるので、内容に納得してから始められます。

イングリッシュライブ

オンライン学習ながら、英会話スクールと同等のカリキュラムでしっかり学べます。質の良い自習コンテンツとネイティブ講師によるレッスンで、ライティングも含めた英語力向上を実感。グループレッスンも用意されているので対応力も身につきます。7日間の無料体験期間があるのも大きなポイントです。

vipabc [ブイアイピーエービーシー]

1万5千人以上の講師数を誇るオンライン英会話。そのためレッスン予約が取りやすく、自分のライフスタイルに合わせられるというオンライン学習の利点を実感することができます。Skypeではなく、電子黒板付きの独自チャットシステムによるレッスンで、街のスクール同様の学習体験をもたらします。

Z会asteria [アステリア]

iPadアプリを利用する英語学習サービス。「聞く」「書く」「読む」「話す」の英語4技能をバランスよく身につけることを目的としています。アダプティブラーニングの採用で、現状のレベルに応じた出題を解くことで効果的に英語力が向上。外国人講師とビデオチャットもできるので話す力も鍛えることができます。

ワールドトーク

日本人のバイリンガル講師によるレッスンなので、英語初心者でも気楽に学べる敷居の低さが特徴。わからないことがあっても日本語でやり取りできるからこそ、すぐ理解でき問題点の早期解決に繋がります。海外で活躍する現役ビジネスマンが講師にいるので、活きたビジネス英語が身につくことも強みとなっています。

通学派もオンライン派も、まずは無料体験してみよう!

英会話スクールでは主に会話に重きをおき、オンライン型ではさまざまな学習タイプが提供されています。目指す目標、予算、ライフスタイルなど総合的に考慮して、ベストな英会話学習を見つけてください。

文:StudyWalker編集部

カテゴリ:英語学習
ページトップに戻る