ビジネスですぐ使える語彙力②「支障になるもの」は何と言う?

語彙を増やすと、会話力やコミュニケーション力がグッと向上し、ビジネスのスキルアップにつながります。今回は、語彙力向上研究会の『ビジネスですぐ使える語彙力が身につく本』(三笠書房)で、語彙力を鍛えましょう。

次のうち正しいものを選びましょう。

「あることの支障になるもの」をどう言う?

  • 隘路(あいろ)
  • 布石(ふせき)
  • インフルエンサー
  • プライオリティー
隘路(あいろ)

【ポイント】
インターネットが普及して、通信販売は好調な伸びを見せていましたが、宅配便などの運送費を含む物流コストが急上昇したため、頭打ちになるのではと考えられています。このような場合、「売上拡大の隘路になっているのが、物流コストの高騰です」などと使います。

参照元:知的生きかた文庫『ビジネスですぐ使える 語彙力が身につく本

次の問題:
ビジネスですぐ使える語彙力③「可及的速やかに」と「大至急」、急ぐのはどっち?

書籍情報

ビジネスですぐ使える 語彙力が身につく本: 仕事の「成果」は、「言葉」で変わる! (知的生きかた文庫 こ 45-2)

ビジネスですぐ使える 語彙力が身につく本: 仕事の「成果」は、「言葉」で変わる! (知的生きかた文庫 こ 45-2)

著者:語彙力向上研究会
出版社: 三笠書房
販売価格: ¥702 (2018年7月19日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る