ビジネスですぐ使える語彙力⑥「老婆心ながら」を若い人が使うのは間違い?

語彙を増やすと、会話力やコミュニケーション力がグッと向上し、ビジネスのスキルアップにつながります。今回は、語彙力向上研究会の『ビジネスですぐ使える語彙力が身につく本』(三笠書房)で、語彙力を鍛えましょう。

次のうち正しいものを選びましょう。

「老婆心ながら」を若い人が使うのは間違い?

  • ◯:間違い
  • ×:間違いではない
×:間違いではない

【ポイント】
「老婆心」とは「年とった女性や祖母のように、親切心が強すぎておせっかいなほどに世話を焼くこと」という意味です。相手のことが心配で、「余計なおせっかいだけど、今言っておかないと後悔しそう」と思ったら、「老婆心ながら」と伝えましょう。ただし「世話を焼く」という意味が含まれているわけですから、基本的に自分より若い人や経験の浅い人にだけ使うようにしてください。

参照元:知的生きかた文庫『ビジネスですぐ使える 語彙力が身につく本

次の問題:
ビジネスですぐ使える語彙力⑦「反故」の意味は?

書籍情報

ビジネスですぐ使える 語彙力が身につく本: 仕事の「成果」は、「言葉」で変わる! (知的生きかた文庫 こ 45-2)

ビジネスですぐ使える 語彙力が身につく本: 仕事の「成果」は、「言葉」で変わる! (知的生きかた文庫 こ 45-2)

著者:語彙力向上研究会
出版社: 三笠書房
販売価格: ¥702 (2018年7月19日時点の価格)

スキルUPの人気記事ランキング

{ カテゴリ別ランキングを見る }

ページトップに戻る